軽自動車メーカーの特徴

ダイハツ軽自動車のおすすめランキング

更新日:

ダイハツはトヨタの子会社となる軽自動車をメインで生産・販売する自動車メーカーです。

トヨタはダイハツがあるから、軽自動車を生産せずにOEM供給を受けて販売するだけにしています。コンパクトカーもダイハツの小型車生産の技術を活用して生産・発売をしています。

ダイハツはスズキとともに熾烈な軽自動車の販売競争を繰り広げてきました。スズキが軽自動車減産の戦略に舵を切ったことで、トップに躍り出た時期もありましたが、ホンダや日産・三菱連合が軽自動車に本腰を入れたことで、トップ独走できる状態ではなくなっています。

おすすめの人気軽自動車ランキング

ダイハツ軽自動車の販売台数ランキング

ダイハツ軽自動車の2016年販売台数ランキングです。

1位:タント
2位:ムーヴ(ムーヴキャンバス含む)
3位:ミラ(ミライース、ミラココア含む)
4位:キャスト
5位:ウェイク
6位:コペン
7位:アトレー

ダイハツはタントの販売台数が圧倒的ですが、同じスーパーハイトワゴンのライバルN-BOXには販売台数で大きく差をつけられています。タントは、全高1,700mm以上でスライドドアを採用したスーパーハイトワゴンというタイプを先駆者ですが、N-BOXに追随されてトップの座を奪われています。

2位はムーヴですが、売れているのは2016年に発売されたムーヴキャンバスです。全高は1,655mmとムーヴ並みでスライドドアを採用しているモデルです。意外となかった空洞地帯のアイディアとレトロでカワイイスタイリングが人気となっています。

正直、ムーヴキャンバスをムーヴブランドにしているのは違和感を感じます。ムーヴブランドの販売台数稼ぎにしか思えないのですが・・・。

3位はミラですが、ライバルのアルトの販売台数に負けています。燃費競争でアルトに負けているのが原因かどうかはわかりませんが。

4位のキャストも少しハスラーを意識して発売したモデルですが、ハスラーには及ばない状況です。

2016年のメーカー別販売台数は1位だったのですが、どのモデルもライバルの販売台数に負けているのが現実です。



幅広いモデルのラインアップが魅力

ダイハツ軽自動車の魅力は幅広いラインアップで、様々なニーズに応えることができることです。

今でこそN-BOXに人気は奪われていますが、タントは軽自動車のスタンダードをワゴンRから奪ってきました。軽自動車の車高を上げてスライドドアを採用することで、軽自動車をファミリーカーとして使うことが定着しました。

スライドドアはタントだけでなく、ウェイクとムーヴキャンバスにも採用されています。こんなに多くのモデルにスライドドアを採用しているのはダイハツだけです。

また、スポーツモデルとしてコペンもラインアップしています。

価格は少々高くなりますが、電動オープンを採用したコペンは軽快な走りと楽しいハンドリングで、スポーツカーファンの注目となっています。

ベーシックなセダンタイプからSUV、スポーツモデルまで、軽自動車のボディタイプをすべて揃えているのがダイハツの魅力です。

ダイハツ軽自動車の特徴

ダイハツ軽自動車は突出した特徴があるわけではありません。どちらかと言えばデメリットの特徴が目につくことがあります。

エンジンパワーが弱い

ダイハツ軽自動車のノンターボエンジン(NA)はとにかくパワーがないと口コミ評価で多く見られます。スペック上もホンダやスズキと比較するとかなり見劣りします。

ホンダ:最高出力58ps 最大トルク6.6kgm/4700rpm
スズキ:最高出力52ps 最大トルク6.4kgm/4000rpm
ダイハツ:最高出力52PS 最大トルク6.1kgm/5200rpm

最大出力よりも、通常の街乗りでの加速感は最大トルクで決まるのですが、この最大トルクの数値がダイハツは低いです。

これは、燃費向上のために少しパワーを抑えているのではないでしょうか。

ホンダはパワーはありますが、燃費が良くありません。スズキは燃費が良いですが、モーターを搭載しているハイブリッドなので、低燃費のためにパワーを抑える必要はありません。

ダイハツは燃費でスズキに勝てず、パワーではホンダに勝てないと中途半端な感じがします・・・。

もちろん、パワー不足はノンターボエンジン(NA)の話なので、ターボエンジンをチョイスすればいいのですが、価格高くなってしまいますよね・・・。

面白いアイディアが多い

ダイハツ軽自動車には面白いアイディアのモデルや装備が多いのも特徴です。

面白いコンセプトのモデルとして人気となっているのはムーヴキャンバスです。これまでスライドドアは、タントなど全高1,700mm以上のスーパーハイトワゴンにだけ搭載されている装備でした。

が、ダイハツはムーヴクラスのボディサイズにスライドドアを採用して、ムーヴキャンバスとして発売しました。

しかも、ただスライドドアにするのではなく、バスのようなシルエットにレトロなデザインで、女性をターゲットにしたところ、人気となりタントに次ぐ売れ行きの人気モデルとなりました。

クルマとしての性能が云々ではなく、新しく面白いアイディが生んだヒット作です。

また、タントのミラクルオープンドアも面白いアイディアのスライドドアです。助手席側のピラーという柱をスライドドアに内蔵させることで、非常に大きなスペースを作ることができています。

ミラクルオープンドア

他にも、ファミリー向けのタントに対して、男性向けにウェイクを発売しています。全高1,835mmとタントよりもさらに85mmも背が高く、ちょっとイカツイスタイリングのモデルを発売しています。残念ながら販売台数はイマイチですが・・・。

ダイハツ軽自動車のまとめ

ダイハツの軽自動車は、幅広いニーズに対応できるモデルをラインアップしているNO1メーカーです。面白いアイディアのモデルや装備が多いのも魅力です。

各モデルも性能やスタイリングなど非常にバランスが良いのも特徴です。が、これといった大きな特徴がないのが欠点かもしれません。

特にパワーと燃費。パワーがなく加速が悪い。燃費はスズキの方が良いといった感じです。自動ブレーキも最新ではありますが、これもスズキの性能が一歩進んでいる印象です。

ただ、ムーヴキャンバスやウェイク、コペンなど、ライバルメーカーにはないコンセプトの軽自動車がラインアップされているので、今後も面白いアイディアのモデルや装備を期待したいメーカーです。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ 1円でも高く今のクルマを高く売る方法

ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法

ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】

【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車メーカーの特徴

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.