軽自動車乗メリット・デメリット

軽自動車への乗り換えは不安?軽自動車のメリットとは?

更新日:

軽自動車への乗り換えを考えている方は、そもそも今乗っている普通車から、軽自動車に乗り換えても大丈夫なんだろうか?と漠然とした不安があるのではないでしょうか?

乗り換えに不安な方は、そもそも軽自動車とはどのような車かを知ることで不安を少しでも解消してください。

おすすめの人気軽自動車ランキング

軽自動車は日本独自の車で日本にはおすすめのボディサイズ

そもそも軽自動車は日本独自の規格で設定されている車で、道路運送車両法施行規則ってやつで定められていて、現在の規格は以下の通りです。

  • 全長:3,400㎜以下
  • 全幅:1,480㎜以下
  • 全高:2,000㎜以下
  • 排気量:660cc以下
  • 定員:4名以下
  • 貨物積載量:350㎏以下

この条件を1つでも超えると小型自動車(登録車)の扱いとなります。いわゆる普通車になります。

このコンパクトなボディサイズが日本の狭い道路事情や駐車場事情には最適です。全幅が小さいので誰もが少し苦手な狭い道路での離合や車庫入れも乗用車よりカンタンです。

特に全幅はアクアやフィットなどのコンパクトカーも1,700㎜程度ありその差は220㎜と小さくありません。1,700㎜を超えると3ナンバーとなるため、人気コンパクトカーの全幅の基準サイズになっています。

全高については2m以下とかなり高い設定です。大型ミニバンのアルファード、ヴェルファイアでも全高は1,880㎜なので軽自動車の規格内に収まっています。全高の規制にはあまり意味はないかもしれませんね。

最近ではこの全高を活かしたスーパーハイトワゴンという軽自動車ミニバンのジャンルが人気となっています。代表的なモデルはN‐BOXやタント、スペーシアなどがあります。N‐BOXの全高は1,780㎜となんとエスティマよりも背が高い自動車になっています。

ただ、排気量は660ccなので車重が重くなる全高の高いモデルは、かなりのパワー不足と燃費悪化がデメリットとなります。車重については規制がないので・・・。

乗車定員が4名というのも注意が必要です。全幅が小さいのでしかたないのですが、5名乗車するシーンがある方には向いていません。ファミリーカーとして使用しようと思っても家族4名までの使用が前提になります。



軽自動車は税金で優遇されている

軽自動車のメリットとして挙げられるのは税金の安さです。

なぜ軽自動車は税制優遇を受けられるのでしょうか?

それは戦後、普通車はぜいたく品とされていましたが、軽自動車は「生活必需品」としてみなされていたためです。昔の軽自動車は性能も低く、普通車との性能差が大きかったこともあります。

今の軽自動車は普通車、特にコンパクトカーとそん色ないレベルにまでなっていますが。

この昔の決まりごとが今でも引き継がれているのです。

軽自動車で安くなる税金は以下の通りです。

  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 軽自動車税(普通車は自動車税)

この中でも毎年5月中に支払はなければならない「軽自動車税(自動車税)」は普通車よりかなり安くなっています。

詳細は軽自動車に乗り換えの一番のメリットは税金の安さです!で紹介しています。

軽自動車は目的に応じて様々なボディタイプから選ぶことができる

軽自動車という枠の中にも様々ボディタイプが存在していて、目的や用途に合わせた車選びができるのが特徴です。

スーパーハイトワゴン

1,700㎜以上の高い全高で、とにかく軽自動車とは思えないほどの室内の広さが魅力のタイプです。ファミリーでレジャーにも使用できる、日本の新しいファミリーカーとして今一番人気があり最も売れています。

ただし、車重が重くなるので燃費の悪化や、ターボモデルでないと加速が悪いなどのデメリットもあります。また、車幅が狭く背が高いので走行中の横風やカーブなどに対しての安定性の悪さも課題です。

代表的なモデルは

  • N-BOX(ホンダ)
  • タント(ダイハツ)
  • スペーシア(スズキ)
  • デイズルークス(日産)
  • ウェイク(ダイハツ)

↑N-BOX

ハイトワゴン

数年前までは最も人気のあるタイプだったのですが、今ではスーパーハイトワゴンが登場してすっかり人気を奪われています。

スーパーハイトワゴンほど室内が広いわけではありませんが、コンパクトカーからの乗り換えぐらいならさほど問題ない広さです。

しかも、走行安定性や燃費も悪くなく、居住性と走行性能、燃費のバランスの良さが大きな魅力です。

ただ、バランスが良いのですが、言いかたを変えれば「中途半端」な存在になったのかもしれません。

代表的なモデルは

  • ワゴンR(スズキ)
  • ムーヴ(ダイハツ)
  • N-WGN(ホンダ)
  • デイズ(日産)

ワゴンR

↑ワゴンR

セダンタイプ

元祖軽自動車のボディタイプになります。昔ほど狭くはないですが、ハイト系タイプと比較するとかなり狭く感じるかもしれません。

ただし、車両価格が安い、燃費が良いなど軽自動車ならではの経済的なメリットが大きいのが特徴です。

またハイト系タイプと比較すると走行安定性が良いのもメリットでしょう。横風での不安も少ないです。

経済的なメリットの大きさと、運転のしやすさのおかげで、女性や若者のセカンドカーとしての購入も多いようです。

代表的なモデルは

  • ミライース(ダイハツ)
  • アルト(スズキ)
  • N-ONE(ホンダ)
  • ラパン(スズキ)

SUVタイプ

今人気になりつつあるボディタイプです。

本格的なオフロード走行を楽しむためのモデルから、人気となっているハスラーのように、アウトドアが似合う遊び心のあるSUV風なデザインのモデルまで存在します。

オフロード走行においては、軽量な軽自動車が優位にになるため、根強いファンが存在しているほどです。

代表的なモデルは2台だけですが・・・

  • ジムニー(スズキ)
  • ハスラー(スズキ)

1BOXタイプ

1BOXタイプの軽自動車はもともとは商用バンでしたが、スーパーハイトワゴン並みの広大な室内空間と荷室を持っているので、一般向けの車種にも広がっていきました。

車中泊も可能な広さと使い勝手の良さのため、キャンピングカーとしても使われています。

代表的なモデルは

  • アトレーワゴン(ダイハツ)
  • エブリイワゴン(スズキ)
  • バモス(ホンダ)

スポーツタイプ

軽自動車の中には軽量のボディを活かしたスポツタイプもあります。オープンカーで軽快な走りを楽しみたい方には、手頃な価格で買える軽自動車のスポーツカーは魅力的です。

中にはホンダのS660のように、エンジンを後輪の前に置いているミッドシップを採用している本格的なスポーツモデルもあります。

ただし、エンジンは660ccで最高出力64psは他の軽自動車と同じなので、絶対的なスピードに期待はできません。

代表的なモデルは

  • コペン(ダイハツ)
  • S660(ホンダ)
  • アルトワークス(スズキ)

以上のように、軽自動車には乗用車と同じだけのボディタイプが揃っています。

乗り換えの目的や使用シーンなどに合わせて、最適なボディタイプを選ぶことができるのも軽自動車の魅力になります。

軽自動車はファミリーカーでも充分使える

軽自動車は狭い!なんてイメージはありませんか?

様々なボディタイプを紹介しましたが、ファミリカーとしても充分つかるジャンルも存在していて人気となっています。

特に全高が1,700㎜以上のスーパーハイトワゴンタイプのモデルは、まさに軽自動車のミニバンとも言える室内空間の広さと快適性が実現されています。

軽自動車にはボディサイズに規制がありますが、各社激しい競争の中でかなり工夫されています。

特にN‐BOXは室内長が2,180㎜あり、後部座席で大人の男性が余裕で足を組むことができる程のスペースです。

またこの過剰すぎる広さも、後部座席にスライド機構がつているため荷室との調整も可能になっています。スライド量も200㎜程あるので、室内空間を有効に活用できます。

さらにN-BOXの室内高は1,400㎜と2.0Lミニバンのヴォクシー・ノアと同じサイズです!子供が立つことができる高さが確保されています。

↑N-BOXの室内空間

もちろん広ければ良いというわけではありませんが、小さく狭い軽自動車のイメージはなく、家族や仲間4人がゆったりと移動できるのが最新の軽自動車です。

注意が必要なのは、車幅が狭いのであくまでも「4人乗車」が軽自動車の基本です!

大人のリアシート使っての4名乗車も、幅が狭く窮屈に感じるかもしれません。

関連リンク
軽自動車の室内空間の比較

日本での軽自動車の人気は販売台数を見れば一目瞭然

軽自動車の人気のバロメーターとして販売台数があります。売れているという事は、それだけ人気やニーズがあるからでしょう。

年間販売台数を確認してみます。

2015年販売台数ランキング

  1. アクア(ハイブリッドコンパクトカー)
  2. N-BOX(軽自動車)
  3. タント(軽自動車)
  4. デイズ(軽自動車)
  5. プリウス(ハイブリッド)

2015年販売台数トップ5のうち3台が軽自動車です。

軽自動車でもN-BOXやタントなどのファミリーカーとしても使えるスーパーハイトワゴンです。

ちなみにデイズの販売台数にはデイズルークスというスーパーハイトワゴンも含まれていて、売れているのはデイズルークスです。

2016年販売台数ランキング

  1. プリウス(ハイブリッド)
  2. N-BOX(軽自動車)
  3. アクア(ハイブリッドコンパクトカー)
  4. タント(軽自動車)
  5. シエンタ(コンパクトミニバン)

2016年の状況も基本的には同じです。
2016年人気の軽自動車販売台数ランキング

三菱と共同で軽自動車を生産している日産のルークスが、三菱の軽自動車燃費不正問題のあおりを受けてランクインしてないだけです。

これだけ売れているということは、現在日本にある軽自動車の比率はさぞ高いでしょう。

その数字が軽自動車の保有台数シェアです。保有台数のシェアは全国平均で約40%となっています。(2016年)高い都道府県は高知県で、なんと55%が軽自動車になっています半分以上が軽自動車・・・。

都道府県別の傾向としては、交通機関があまり発達していない地方で特に軽自動車の保有率が高く、奥さんの平日の買い物用のセカンドカーや、高齢者のかたの普段の足に使われたりといった感じでしょうか。

軽自動車の安全性について

軽自動車は小さくて鉄板も薄く危ない!といった不安もあるかもしれません。たしかに、大きな車に比べると衝突したときに不利になる事は間違いありません。

ただしこれは軽自動車に限った話ではありません。どんな車でも大きく重い車と衝突すると不利です。

また、最近の軽自動車は普通車同等の最新安全装備が搭載されていて、昔に比べると安全性は高くなっています。

  • 自動ブレーキ
  • 誤発進抑制システム
  • 車線逸脱警報機能
  • 横滑り防止装置
  • エアバッッグ(サイド、カーテンエアバッグ)

代表的な安全装備を紹介していますが、昔では考えられないほどに軽自動車の安全装備は進化しています。

ただし、装備によってはオプションでの設定になっているため、安全性に不安のある方はお金で安全を買うのが良いと思います。

死亡事故や重篤なケガを防ぎたいのであれば絶対にエアバッグです。

特にサイドエアバッグとカーテンエアバッグ装着のモデルを探すのが良いと思います。最新の安全装備といえば自動ブレーキが注目されますが、最後に自分や家族を守るのはエアバッグです。

↑N-BOXのエアバッグ(サイド、カーテンエアバッグつき)

軽自動車はエアバッグが大事!
自動ブレーキの軽自動車に乗り換える
軽自動車の最新安全装備

軽自動車乗り換えて大丈夫?まとめ

軽自動車に乗ったことがない方には、様々な漠然としたイメージがあるものです。

  • コンパクトなボディで運転しやすく、日本の道路事情には最適
  • 税制優遇を受けることができ、税金が安くなる
  • 様々なボディタイプがあるので、使用目的に合わせて選べる
  • 狭くない!スーパハイトワゴンならファミリーカーとして充分
  • どにかく売れている。保有率は約40%
  • 最新の安全装備が搭載できる

イメージと違うことはあったでしょうか?

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車乗メリット・デメリット

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.