軽自動車の車種別紹介

ムーヴ/ムーヴカスタムの試乗・クチコミ評価

更新日:

ムーヴはダイハツの主力車種で、初代は1995年に発売され、ライバルのスズキ・ワゴンRと一緒にハイトワゴン軽自動車の市場を開拓してきました。

現行ムーヴの発売は2014年で、2017年にマイナーチェンジを受けてはいるものの、発売から年数がたっているので、2017年にモデルチェンジされたワゴンRと比較すると、少々古さが目立ちます。

今では、N-BOXに代表される全高1700mm以上の広い室内空間で、スライドドアの利便性を兼ね備えたスーパーハイトワゴンに人気を奪われている印象です。

そんな、軽自動車の走りの質感を高めてきたムーヴの試乗・クチコミ評価を紹介します。

ムーヴのグレード別装備と価格を比較 ターボはコスパが高い?
ワゴンRとムーヴの比較 燃費や加速、乗り心地でおすすめは?

おすすめの人気軽自動車ランキング



ムーヴ/ムーヴカスタムのデザインのクチコミ評価

まずは、ムーヴのエクステリアデザインの評価になります。

こちらは、通常モデルのムーヴです。

この通常モデルのエクステリアデザインに関するクチコミを一部紹介します。

  • パッと見でムーヴと分かるデザイン。顔つきは日産デイズに似ていると個人的には思う。ボディのデザインや窓の形、テールランプなどは個性的だと思う。
  • シンプルで嫌みがなく、落ち着いている。
  • マイナーチェンジで、フロントグリルがシャープな感じになって好き。リア通称「鬼瓦テール」も、個性的と思えばあり。ただ、もう少し落ち着いた(シンプル)なデザインでもいいなと思う。
  • カスタムのカッコよさとは雲泥の差。
  • なぜか微妙に好みではなかった。もう一歩洗練を。
  • 1つ前のモデルのほうが良かった。

ムーヴのデザインに関するクチコミ評価は高くありません。デザインはあくまでも個人の好みなので何とも言えませんが。

また、テールランプに関するクチコミも見られます。

個人的には、それほど個性的なリアデザインとまで思いません。

次いで、ムーヴカスタムのエクステリアデザインに関するクチコミです。

  • 顔つきが変わった。前期モデルに比べてスッキリした。
  • マイナーチェンジ後のフロントがトヨタみたいで自分は気に入っている。
  • 前代のムーヴと比べると、デザインが一新されて更にカッコ良くなった。
  • 購入当初は、フロント周りの光り物の多さと、いかつさがなじめなかったが、時が解決するようで、今では大分慣れた。
  • 大きなメッキグリルと目立つド派手なイルミネーションのフロントマスクは、女性には好まれにくいでしょう。

先代やマイナーチェンジ前のデザインよりも良くなったという、評価の高いクチコミが見られます。

が、ド派手で、いかついフロントデザインはかなり好みが分かれているようです。

最近の軽自動車のカスタムモデルのフロントマスクは、どれも同じようにド派手な顔になっているので、ムーヴカスタムに限ったことではないように思います。

人気のおすすめ軽自動車デザイン比較 クチコミ評価・満足度ランキング

ムーヴのエンジン性能に関するクチコミ評価

エクステリアデザインの評価はあまり高くないムーヴですが、エンジン性能や加速についての評価はどうでしょうか?

エンジン性能に関するクチコミを一部紹介します。

  • NAなので非力だが、市街地走行や近距離通勤では必要十分。
  • 十分。パワーボタンはナイス。ターボいらないかな。
  • 一人乗車で山を登った。フルスロットルを厭わなければちゃんと登ったし、エンジン音も抑えられていた。
  • 期待していなかった高速でもある程度踏ん張れる。デイズとは雲泥の差。
  • 遅い。アクセル踏んで変わるといえば音のみ。と言わんばかり。スズキとかホンダであれば苦痛ではないがこれは不満。

以上が、ムーヴの自然吸気エンジンに関するクチコミです。ノンターボでも街乗り程度なら大きな不満はないイメージです。また、パワー不足を補うためのパワーボタンは効果的なようです。

ただ、メーカー別に見るとホンダやスズキの方が一枚上手かもしれませんね。

軽自動車エンジン性能、パワー比較
おすすめの軽自動車エンジン性能 試乗・クチコミ評価ランキング

次いで、ターボエンジンに関するクチコミです。

  • ターボにして良かった。一般道巡行走行では1000回転+αぐらいで回り、十分トルクがあって、加速時も低速トルクからたっぷりあり、回転を上げなくてもするする加速していく。
  • トルクはあるがレスポンスはイマイチ。

ターボエンジンならば大きな不満のクチコミは少なくなっています。特に高速道路での走行の余裕は、自然吸気エンジンに対する大きなアドバンテージになっているようです。

軽自動車にターボは必要?ターボモデルのパワーと燃費、価格を比較
軽自動車の加速性能比較・ランキング

ムーヴのエンジン評価は自然吸気エンジンでもターボでも評価は高くありません。

ライバルのワゴンRはマイルドハイブリッドのため、モーターがエンジンをアシストしてくれる上に、軽量ボディになっていますし、N-WGNは燃費よりもパワーを重視しているので、ムーヴが見劣りしているのは仕方ないかもしれません。



ムーヴの走行性能に関するクチコミ評価

エンジンに関するクチコミ評価は低いムーヴですが、ハンドリングや走行安定性などに関する評価はどうでしょうか?

操舵に対する反応も正確性が高く、コーナリング時もロールが少ないので、山道を走っても不安を感じることがない上に、直進性も良好という試乗評価もあります。

ムーヴの走行性能に関するクチコミを一部紹介します。

  • 足回りは軽の他のクルマに比べれば、かなり良いほうだと思う。
  • しっかりしたフロア剛性を感じた。ハンドルもビシッと直進。
  • ハンドルもカーブ等でも扱いやすかった。
  • ムーヴに乗って驚いたひとつが、コーナーの挙動。とてもスムーズに曲がり、運転がうまくなったような気になる。

ムーヴの走行性能に関するクチコミは、概ね試乗評価と同じく、ハンドリングや直進性、剛性感など高い評価になっています。

反対に不満のクチコミもあります。

  • コーナーに段差があるとリヤの安定感がない。
  • ハンドルを切った時のロールは少ないが、ステアリングとタイアヤの間に変なものが介入されている感が凄くて信用できないところもある。

不満のクチコミはそれほど多くないイメージです。内容もかなり細かい部分になっています。

ムーヴの走行性能に関する評価は良いです。が、すごく良いというまでには至っていません。

2014年に発売されたモデルなので、少々古さが目立ってきているのかもしれません。

おすすめの人気軽自動車の走行性能比較・評価ランキング

ムーヴの乗り心地のクチコミ評価

ムーヴの試乗レポートでの乗り心地は、14インチに関しては乗り心地は軽自動車トップレベルの快適性と上質感があると評価されています。

特に30km/h以下での乗員の頭部の揺れが少ないフラットな乗り味が特徴のようです。

これ以上の速度域で段差やうねり路を走破しても乗り心地は概ねフラットなので、上下の視線移動は最小限で、疲れにくくなっています。

ムーヴカスタムの15インチに関しては、乗り心地は硬めですが粗さを抑えてあまり損なわれていないとの評価です。

試乗評価では高めの評価になっていますが、クチコミ評価はどうでしょうか。

  • 個人的にはとても満足。段差を超えてもガタガタした道の悪いところを走行してもタンと通り抜けることができる。
  • サスペンションの味付けが良いのか、車体の剛性が良いのか、小さな段差や道路のつなぎ目などの小さいショックを上手に吸収して緩和しているような感じ。
  • 静粛性に関しては、今までに乗ったどの軽自動車より静かで快適で、コンパクトカーの領域じゃないかと思う。
  • 突き上げが少なくて快適。長距離だったが疲れは少なかった。シートのつくりが影響しているかもしれない。
  • 路面がデコボコだと当然揺れるが、小さいので仕方ないかと。
  • 段差があると、ヒョコヒョコ軽く動き、落ち着きがない。

以上は、通常ボディムーヴの乗り心地に関するクチコミ評価ですが、試乗レーポートの評価と同じく高い評価のクチコミが多く見られます。

軽自動車は乗り心地が悪い!といったイメージもムーヴには関係ないのかもしれません。

次いで、ムーヴカスタムの乗り心地に関するクチコミです。15インチのホイールは乗り心地に影響あるでしょうか。

  • 昔の軽自動車でありがちな不快な揺れは少なく、落ち着いた足回り。路面が良い道路では滑るように走る。
  • シートの出来栄えが素晴らしいと思う。自分の体にはちゃんと合った。
  • 車重が軽いのでドッシリ感はないが、突き上感はよく抑えられている。ただ、ロードノイズが若干大きいが許容範囲。
  • 少し硬め。揺れが少なくていい。ドイツ車っぽい。長距離でも疲れないし、静粛性も高い。シートもいいと思う。ロードノイズも少ないし、風切音もない。路面の段差は柔らかく吸収と素晴らしい。走行中の静かさは秀逸。交差点での右折で揺れが少ないのもすごい。
  • サスが硬めかな?多少ゴツゴツ感はある。
  • 街乗り程度のスピードでは悪くないと思う。ただ、少しスピードを上げると、同乗する家族からは「乗り心地が悪い」と不評。

ムーヴカスタムの乗り心地は、やはり硬めとのクチコミが多くなっています。が、それでも乗り心地が悪いというイメージではないようです。

標準ボディとカスタムで乗り心地に違いがあるので、試乗で確認した方が良さそうですね。

軽自動車の乗り心地比較・評価ランキング

ムーヴの実燃費に関するクチコミ評価

ムーヴのJC08モードのカタログ燃費は以下の通りになっています。

  • 自然吸気エンジン:31.0km/L(2WD) 27.6km/L(4WD)
  • ターボエンジン:27.4km/L(2WD) 25.6km/L(4WD)

自然吸気エンジンなら30km/Lを超えているので、決して悪い燃費ではないのですが、ワゴンRはマイルドハイブリッドエンジン搭載なので、33.4km/Lとムーヴよりも低燃費が実現されています。

ただ、JC08モード燃費と実際に走行した時の燃費には大きく差がつくことが多いです。

ムーヴの実燃費に関するクチコミを見てみます。まずは自然吸気エンジンです。

  • 15km/Lくらい。それなりに回すので。
  • カタログ数値との差は仕方ないとして、使い方が厳しくても20km/Lくらいで素晴らしい。
  • 予想外に数値が伸びる。高低のある郊外沿岸部で平均29.5km/Lだったのがビックリ。イーズでも32km/L付近なので意外。また、街乗りオートエアコンONのこの時期(夏場)でも21-22km/Lのあたりで走っている。
  • 市街地メインで走ると19-21だった。クルマの少ない郊外に入ると25-27くらい。流れの速い東北道に入ると18-21前後。

やはり、実燃費はカタログ燃費との差は大きいイメージです。実燃費のクチコミでは20km/Lくらいが多いので、カタログ燃費の65%くらいです。

もちろん乗り方や走行条件によって大きく差がでていますが。

次いで、ムーヴターボエンジンの実燃費に関するクチコミです。

  • 一般道では期待以上だが、高速で流れに乗ると途端に悪化。
  • アクセルを開かずとも走れるので、結果として燃費がいい。22km/Lくらい。
  • 前期型は15から良くて17だったが、20弱いくようになった。前期型に比べて、ガソリンがあきらかに減らない。これは嬉しい誤算。
  • ターボ車に関わらず良好。渋滞が多い道でも、リッター15キロ程度は走ってくれる。
  • まだ、伸びると思うが、16km/Lくらい。乗りはじめはひどい数字だった。

ムーヴターボの実燃費は、当然自然吸気エンジンよりも低い数値となっています。

ターボなので、自然吸気よりもパワーがあって、アクセルの踏み込みが少なくすむので燃費が良いといったクチコミも見られます。

ただ、一般的には20km/Lには届かないと言った実燃費のイメージですね。

実燃費は、運転の仕方や走行条件によって大きく変わるので、あくまでも参考程度に見ておいてください。

おすすめの人気軽自動車の実燃費比較・満足度ランキング



ムーヴ/ムーヴカスタムの試乗・クチコミ評価のまとめ

ハイトワゴン軽自動車の中でワゴンRの最大のライバルとなるムーヴですが、クチコミ評価はワゴンRよりも低くなっています。

エンジン性能、走行性能、乗り心地に実燃費と、ほとんどの項目でムーヴはワゴンRの評価を下回っているイメージです。

この評価の差は販売台数の差にもつながっています。

ただ、エクステリアデザインについては、ムーヴとワゴンRに大きな差はありません。ただし、両車ともに低めの評価という結果になっていますが・・・。

ムーヴは2014年に発売されているモデルなので、早くモデルチェンジした新型の発売の期待したいですね。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車の車種別紹介

Copyright© 2019年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.