N‐BOX比較・ランキング 試乗や走行性能、燃費、価格、室内の広さや安全装備など比較 人気軽自動車のライバル比較

新型N‐BOXランキング タント・スペーシア・デイズルークスと比較

更新日:

2017年9月にモデルチェンジされたN-BOXは、新型になる直前まで販売台数ランキングでNO1を維持し続けた大人気モデルです。

新型N‐BOXは、弱点だった重い車重による、燃費の悪さや、加速性能の悪さも改善され、まさに死角なしの状態になっていると、非常に高い評価となっています。

↑N‐BOX

新型N‐BOXは、人気だけでなくその実力も軽自動車NO1になっているのでしょうか?ライバル軽自動車と比較してランキングで紹介します。様々な口コミや評価からのランキングです。

関連リンク
新型N-BOX・タント・スペーシア・eKスペース試乗比較
N-BOXとムーヴキャンバスを比較 見た目重視か?実力重視か?
N-BOXとルーミー・タンクを比較 価格や燃費、試乗・走行性能比較
新型N-BOXとデイズルークスを比較 価格や燃費、試乗・走行性能などの違いは?

走行性能ランキング

新型N‐BOXの自然吸気エンジンは、80kgの軽量化に成功したボディと低い回転域からトルクのでるエンジン特性によって、まさにターボいらずと言ってよいレベルにあるようです。

もちろんターボエンジンはさらに活発な走りを体験できるようです。予算が許すようなら、ターボがおすすめですが、街乗り中心なら自然吸気エンジンで十分でしょう。

エンジン以上に良くなっているのは、乗り心地の質感のようです。フィットと比較しても同等レベルとの評価です。それでいてコーナリング時のスタビリティがしっかりしているので、高速道路でのハンドリングも安定しています。

走行性能についてはN‐BOXがダントツのNO1のようです。

  1. N‐BOX
  2. タント
  3. スペーシア
  4. デイズルークス
  5. ウェイク

N‐BOXの次に売れているタントは、これまでのライバルの中でもかなり良い方だったのですが、新型N‐BOXと比較すると、乗り心地にゴツゴツ感があり、ハンドリングも交差点を曲がるような時はタントの方がロール感が大きくなるようです。

タント

↑タント

スペーシアについては、タントとの比較では、車重が軽いので軽快に走るし、乗り心地も悪くないので、いい勝負といった感じのようです。が、やはり新型N‐BOXとでは圧倒的にN‐BOXが優れているとのこと。

デイズルークスはタントよりもロールが大きく、さらにエンジンが燃費重視になり過ぎているためか、とにかくトルク感が薄く加速しないようです。

ウェイクに至っては、N‐BOXよりも全高が高いので、安定性を確保するために乗り心地がとにかく悪いとの評価です。重量も重たいので加速性能も新型N‐BOXと比較するとかなり不利です。

関連リンク
軽自動車エンジン性能、パワー比較
軽自動車にターボは必要?ターボモデルのパワーと燃費、価格を比較



居住性ランキング(頭上・足元スペースと座り心地)

新型N‐BOXは先代から、軽自動車としては特に広い室内スペースで人気となったモデルですが、新型では新開発エンジンの搭載でエンジンルームを短く抑えて、ペダルを15mm前進させています。リアゲートは10mm薄くして後席の足元空間を25mm広くなっています。

さらに前後席ともに座面の柔軟性を強め、座面の奥行き寸法は10mm増しています。

頭上・足元スペースにシートの座り心地すべてにおいて新型N‐BOXが1位の評価となっています。

  1. N‐BOX
  2. デイズルークス
  3. スペーシア
  4. ウェイク
  5. タント

2位はデイズルークスです。室内高はN‐BOXと同じで、足元空間もN‐BOXに少し劣りますが、ゆったりと足を伸ばせるだけのスペースが確保されています。そして一番の特徴はシートで座面の奥行きは乗用車レベルで、座り心地が良いと評判です。

↑デイズルークス

3位はスペーシアです。多彩なシートアレンジと快適な座り心地が両立されているようです。さらに後席の足元スペースも広く快適です。ただ、スペーシアは全高が少し低く設定されているので、室内高が低くなっています。

問題はダイハツのウェイクとタントです。スペース的には問題もなく快適で、前席も座り心地が良いのですが、後席の評価が良くありません。座面の柔軟性が乏しく、角度は水平に近いのでサポート性が良くありません。さらに、床から座面の間隔が狭く、膝が浮きがちな座り方になります。

関連リンク
おすすめの室内の広い軽自動車を買う!室内空間の比較・ランキング

使い勝手ランキング(荷室や装備内容)

使い勝手の1位はタントです。左側中央のピラー(柱)をスライドドアに内蔵したミラクルオープンドアの使い勝手がバツグンです。左側のドアを前後とも開くと、開口幅が1,490mmにもなり、とても便利に使えます。

関連リンク:軽自動車のスライドドアを比較

  1. タント
  2. N‐BOX
  3. ウェイク
  4. デイズルークス
  5. スペーシア

2位はN‐BOXです。後席格納時の大容量の荷室スペースは大きな魅力です。また、リアゲートを開いたときの荷室床面地上高が470mmと低いので、自転車などを積む時も前輪を大きく持ち上げる必要がありません。

また、助手席にスーパースライドシートが装備されているグレードなら、570mmのロングスライドが可能です。様々な使い方ができます。

3位はウェイクです。全高が唯一1,800mmを超えるので、後席を畳むと大容量の荷室になって車中泊も可能になります。

関連リンク:軽自動車ラゲッジスペース(荷室)比較・ランキング

安全性能ランキング

安全性能で注目されているのは「自動ブレーキ」に代表される「事故を予防するための性能」です。しかし、ボディの小さな軽自動車で大事なのは「事故にあった時の性能」です。

どちらもにしても1位はN‐BOXで圧勝です。

自動ブレーキについては「軽自動車の自動ブレーキ比較」で詳しく紹介しています。

大事なのは事故にあった時の装備のエアバッグです。

エアバッグでもサイドエアバッグとカーテンエアバッグの装備に大きく差が出ます。自動ブレーキと合わせたランキングでは

  1. N‐BOX
  2. デイズルークス
  3. ウェイク
  4. タント
  5. スペーシア

N‐BOXは4万3000円出すだけで、すべてのグレードにサイド&カーテンエアバッグを装備することができます。

これが、タントだと最上級グレードにしか装備できず、しかも値段は10万8000円もします。スペーシアのいたってはサイド&カーテンエアバッグの設定すらありません。

デイズルークスは全グレードにサイドエアバッグを装備していますが、カーテンエアバッグの設定がありません。

エアバッグは軽自動車では大事です!

軽自動車はエアバッグが大事!サイドエアバッグ・カーテンエアバッグ
安全性が高い軽自動車のおすすめランキング

ランキングまとめ

  1. N‐BOX
  2. タント
  3. スペーシア
  4. デイズルークス
  5. ウェイク

こうして見ると「やっぱりな」といったランキングになっています。デイズルークスは走行性能に大きな問題があるのが惜しい感じがします。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-N‐BOX比較・ランキング 試乗や走行性能、燃費、価格、室内の広さや安全装備など比較, 人気軽自動車のライバル比較

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.