軽自動車を買う

軽自動車の新型車と末期モデルを比較 メリットとデメリット

更新日:

軽自動車を買う時に悩むのが、「新型車を買うか末期モデルを買うか」という選択ではないでしょうか?新型車と末期モデルにはそれぞれメリットとデメリットもあります。

新型車が発売されてから次期型ヘモデルチェンジするまでの期間は、これまで4年周期でしたが、最近では5~6年周期が一般的となってきました。

また、モデルチェンジ以外にも、原則的にモデル半ばに「マイナーチェンジ」が実施されます。マイナーチェンジ前のモデルを「前期型」、マイナーチェンジ後を「後期型」と呼んでいます。

おすすめの人気軽自動車ランキング

新型車を買うメリット・デメリット

フルモデルチェンジとマイナーチェンジ

フルモデルチェンジとは世代交代となる大規模なモデルチェンジのことです。ただし、内外装を大幅変更しただけで、エンジンなど基本的なパワートレインはキャリーオーバー(継続使用)するケースと、搭載エンジンからプラットフォームまで全面刷新するケースがあります。

新車を買う場面で見れば、全面刷新の方が開発コストもかかっているので、発売直後は値引きが少なくなります。逆にキャリーオーバーでは、かかるコストは全面刷新よりも当然少なめなので、値引きは大きめになります。

基本的に新型モデルは、値引き条件では末期モデルよりも少ないのがデメリットです。

しかし、現行モデルとして長く乗り続けられるので、売る時のリセールバリューは高く、しかも見劣りしないので自然と長く乗り続けられるところは、新型車のメリットです。

マイナーチェンジも、見た目からメカニズムまで大幅に改良される場合と、内外装の一部変更程度のものがあります。一般的にはマイナーチェンジの規模が大きいほど販売が苦戦しているケースが多いようです。売れているのに大幅に変える必要ないですよね。そしてマイナーチェンジの規模が大きいほど値引きも少なくなる傾向のようです。



新型車購入のねらい目

値引き条件の良い、正式デビュー前がおすすめです。

モデルチェンジでは一般的にはデビューから3~6か月の間は「新型車需要期」とされています。新型車の登場を待っていた人や、新型車のCMなどを見て、買いに来るような一点買いも目立つ時期です。

そのため、目玉装備の多い上級グレードや、イメージカラーの車種が良く売れるなど、特殊な状況となっていて、発売直後は値引き条件がなかなか拡大しません。

新型車で狙うのはデビュー前の「予約購入交渉」です。最近の傾向としてはメーカやディーラーはこの予約販売を重視しています。メーカーとしてはいち早く、売れ筋グレードやボディカラー、装備頻度の高いオプションが事前にわかるので、生産の効率化を図ることが出来るメリットがあります。

ディーラーとしてはメーカーからインセンティブあ出ることもあって、用品値引きや下取り査定の上乗せなどがデビュー後よりも多くなるケースが多いようです。

  • 発売前の予約購入はお買い得
  • リセールバリューがよい
  • 飽きが少なく長くのることができる
  • 燃費性能など高く維持費も抑えられる

ただし、下取りがお得になるとは限りません。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

末期モデルを買うメリット・デメリット

末期モデル購入については、「乗りつぶすからできるだけ安く買いたい」といった人にはおすすめです。短いサイクルで乗り換えたい人はリセールバリューを気にする必要があります。

購入直後にモデルチェンジが実施されると、リセールバリューのダウンは急激に早くなります。ただし、軽自動車の場合は、本当に普段のアシとして乗るだけなので、末期モデルで買ったどうかなんて関係なくなるような低年式の中古車でいい、といったニーズが比較的高いので、値落ちは少なめになっています。よって軽自動車の場合は末期モデルをかうことによるデメリットは少ない方です。

車両本体の値引きは末期モデルでもそれほど大きくないのが最近の傾向です。

そうはいっても、末期モデルはデビュー当時から比べると鮮度は落ちています。そのため値引き条件も拡大傾向にありますが、車両本体値引きの拡大は縮小の傾向にあるようです。むしろディーラーオプションの値引きや下取り査定の上乗せなどの値引きによって、全体の値引き条件をアップさせています。

なかにはカーナビ含めて5品ほどつけて〇〇万円お得!などとするケースもあるようですが、これは、定価ベースで計算されているので、実はそれほどお得ではないことが多いようです。

さらに特価車なので値引きの上乗せはできないなどと言われこともあるようです。値引きを抑えるために、見た目の値引きを盛っているのが特価車です。車両本体の値引きは余力がある場合もあるので注意が必要です。

  • 長く乗るつもりならおすすめ
  • 特価車多く割安で買えることが多い
  • 販売店在庫車はよりお買い得

下取り価格の上乗せで、お買い得に見える場合もありますが、買取業者に買い取ってもらう方がお得なケースは多いです。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

新型車の値引き

新型車は値引きは少なめですが、値引きはなしというモデルは少ないでしょう。特にデビュー前の予約購入の商談ではかなり魅力的な値引き条件が提示されるケースが増えているようです。

ここ最近では納期遅延が増えています。特にデビュー後では深刻な納期遅延となるので、ディーラーとしてもトラブル回避もあって、値引き条件を縮小されることで、積極的な売り込みを控えている傾向があります。

新型車は現車を見てからと言う人は、発売から半年ぐらい経過したぐらいの方が狙い目になります。

末期モデルの値引き

末期モデルで注意が必要なのはオーダーストップです。ストップ後は、新たな生産をメーカーに発注することができなくなるので、ディーラーのストックから在庫を選ぶことになります。こうなると商談時の交渉による車両本体値引きのアップは厳しくなってきます。

あえて、在庫車狙いの人も多いようなので、もたもたしていると在庫車がなくなってしまうこともあるので、モデルチェンジ情報が出始めたら、一度ディーラーに行ってスケジュールの確認をした方がよいでしょう。

末期モデルで効果的なのは、よりデビューの新しいモデルの値引き条件をあてていくことです。ただし、予約商談の値引きでは意味はありません。予約してまで欲しいのでは?と思われるだけです。

  • 新型車の値引き好条件は末期モデルに効果的
  • デビュー直後の購入は避けた方が無難

関連リンク
軽自動車の未使用中古車(新古車)を買う
N-BOXを残価設定型クレジット(残クレ)で買う
軽自動車を買う時の支払い方法 メリット・デメリット

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車を買う

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.