軽自動車乗メリット・デメリット

軽自動車を買うメリットは税金の安さ!軽自動車税と自動車税を比較

更新日:

ミニバンやセダン、SUV、コンパクトカーなどから軽自動車に乗り換えの一番の理由は何ですか?恐らく軽自動車は安い!といった漠然としたイメージではないでしょうか。イメージ通り軽自動車の一番のメリットは税金の安さです。

おすすめの人気軽自動車ランキング

そもそも自動車にはたくさんの税金を払わなければいけません

自動車はお金のかかるモノです。ガソリン代に駐車場代に、そして税金に!自動車は普通のモノと違って特別の税金が多く設定されています。自動車購入時と維持、それぞれに税金がかかります。

まず購入時に払う税金は?

  • 消費税
  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 自動車税

以上、4つの税金を支払う必要があります。通常は消費税さえ払えばいいものを、自動車購入にはこんなに多くの種類の税金を払わなければいけません。

自動車は高額な買い物になるので、ぜいたく品としてみなされているのです。

さらに、「自動車重量税」「自動車税」は維持している限り支払わなければいけない税金になっています。自動車は購入にも維持にも税金がかかるものです。



軽自動車税は普通車と比較して圧倒的に安い

購入にも維持にも税金のかかる自動車の中でも、軽自動車は税制面で優遇を受けることができます。そもそも軽自動車は日本独特の規格で、税制優遇は海外からの批判も受けています。軽自動車税が値上がりしたのも、時代の流れかもしれません。

それでも、軽自動車の税金は優遇されています!特に自動車税、軽自動車の場合は軽自動車税は安く恩恵を受けることができます。

この軽自動車税は毎年5月中に支払はなければいけない税金で、購入時も購入月の翌月から月割で軽自動車税が課せられることになります。

軽自動車税は年間10,800円です。ちなみに普通車の自動車税は、排気量によって以下のように設定されています。

排気量 税額
1.0リッター以下 29,500円
1.0超~1.5リッター以下 34,500円
1.5超~2.0リッター以下 39,500円
2.0超~2.5リッター以下 45,000円
2.5超~3.0リッター以下 51,000円
3.0超~3.5リッター以下 58,000円
3.5超~4.0リッター以下 66,500円
4.0超~4.5リッター以下 76,500円
4.5超~6.0リッター以下 88,000円
6.0リッター超 111,000円

1.0L以下のコンパクトカーでも年額29,500円の税金を支払い続けることとなります。軽自動車との差額は年間18,700円で、5年間の維持費で考えると93,500円軽自動車の方が安く済みます。

そもそも1.0L以下のコンパクトカーはあまりないので、一般的なコンパクトカーのアクアやフィットクラスで考えると5年で118,500円軽自動車の方が安くなります。

ちなみに2016年4月1日以前の軽自動車税はなんと7,200円でした。値上げされてもお得なことには変わりありません!

軽自動車の重量税は重量に関係なく一定額?

軽自動車税以外にもお得な税制優遇があります。それは重量税です。

重量税はその名の通り重量に課せられる税金で、新車購入時に3年分と、その後は2年に車検の毎に支払うことになる税金です。税額は以下のように設定されています。

エコカー減税対象車

車両重量 車検有効期間3年 車検有効期間2年
軽自動車 5,000円
普通車 0.5トン以下 5,000円
~1トン 10,000円
~1.5トン 15,000円
~2.0トン 20,000円
~2.5トン 25,000円
~3.0トン 30,000円

エコカー減税非対象車

車両重量 車検有効期間3年 車検有効期間2年
軽自動車 9,900円 6,600円
普通車 0.5トン以下 12,300円 8,200円
~1トン 24,600円 16,400円
~1.5トン 36,900円 24,600円
~2.0トン 49,200円 32,800円
~2.5トン 61,500円 41,000円
~3.0トン 73,800円 49,200円

重量税も軽自動車は優遇されています。ただしその差額は、エコカー減税対象のアクアやフィットが2年で15,000円なのに対して、軽自動車は5,000円とその差は10,000円で、1年間に換算すると5,000円です。

ただ不思議なのは、重量に対して課せられる税金なのに、なぜか軽自動車は重量に関係なく一定額の設定になっています。1.0トン以下のコンパクトカーとN‐BOXやタントなどの軽自動車では、同じぐらいの重量でも税額は違うと言う事です。これも軽自動車ならではです。

自動車取得税も普通車よりも1%安い

最後に購入時に支払う自動車取得税です。

  • 自家用自動車:取得価額の3%
  • 軽自動車:取得価額の2%

130万円の車なら13,000円の差額になります。しかも、エコカー減税対象になると減税や免税になるので、自動車取得税は大きな差額にはなりません。

軽自動車は税金の安さが一番のメリット!

軽自動車への乗り換えで税金メリットは、軽自動車税と重量税が安くなることです。維持費の安いアクアやフィットクラスのコンパクトカーと比較して5年で118,500円、重量税では2年で10,000円の税金が安くなります。

合わせて年間で換算すると、30,000円弱ぐらいの金額になります。

軽自動車の税金はアップしましたが、まだまだ軽自動車の税金は優遇されています。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車乗メリット・デメリット

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.