人気軽自動車のライバル比較

ワゴンRとムーヴの比較 燃費や加速、乗り心地でおすすめは?

更新日:

現在、軽自動車の人気は全高1700mm以上のスーパーハイトワゴンに移っています。その中でもN-BOXの販売台数は圧倒的です。

しかし、ワゴンRやムーヴなど全高1600mm以上のハイトワゴンも、走行性能や燃費、室内スペース、価格などのバランスに優れていておすすめです。

そこで、2011年まで軽自動販売台数ランキング1位だったワゴンRと、そのライバルであるムーヴを比較します。

2018年人気の軽自動車販売台数ランキング

2018年おすすめの人気軽自動車ランキング



ワゴンRとムーヴのスタイリングデザイン比較

ワゴンR

↑ワゴンR

一目でワゴンRとわかるデザインです。ただ、ベーシックすぎて面白みには欠けているかなと感じます。ワゴンRをベースにしたハスラーはデザインで売れた1台です。

↑ムーヴ

ムーヴは質感の高いデザインとの評価もありますが、ワゴンRよりも個性がなく、ぱっと見ムーヴとわからないかもしれません。

次に、カスタムモデルのデザインです。

ワゴンRスティングレー

↑ワゴンRスティングレー

スティングレーのデザインは賛否わかれるかもしれません。通常のカスタムのデザインとは少し違っていますが、こちらも一目でワゴンRとわかるデザインですね。

「シボレー風でカッコ良い」なんて口コミも多く見られます。

↑ムーヴカスタム

ムーヴカスタムは軽自動車のカスタムらしく?メッキを多用した迫力のあるフロントマスクになっています。が、やはり個性が薄く一目でムーヴとわかりずらいです・・・。

スタイリングデザインは個人の好みの問題ではありますが、どちらも新鮮さに欠けるのではないかと思います。

ワゴンRとムーヴの価格比較

まずは、標準ボディの価格比較です。(2WD・CVT)

ワゴンR 価格 ムーヴ 価格
FA 107万円 L 111万円
HYBRID FX 127万円 L SAⅢ 117万円
HYBRID FZ 140万円 X SAⅢ 127万円
XターボSAⅢ 135万円

最安グレードのみ自動ブレーキなどの予防安全装備が装着されていないグレードで、他はすべて安全装備つきのグレードでの価格比較です。

最安グレードではワゴンRが安く設定されていますが、自動ブレーキ装備の価格ではムーヴが10万円程安くなっています。

また、ワゴンRの標準ボディにはターボエンジンのラインアップがありません。ムーヴのターボエンジンモデルは、ワゴンRの自然吸気(NA)エンジンよりも安くで購入することができます。

ワゴンRの魅力はマイルドハイブリッドエンジンです。低燃費やモーターによるエンジンのアシストなどのメリットがあります。

次いで、カスタムの価格比較です。(2WD・CVT)

ワゴンR 価格 ムーヴ 価格
HYBRID X 148万円 X Limited SAⅢ 149万円
HYBRID T 165万円 RS ハイパー SAⅢ 162万円

標準ボディではムーヴの価格が安めの設定でしたが、カスタム(ワゴンRはスティングレー)ではほぼ同等の価格となっています。

ワゴンRではターボはスティングレーの1グレードだけのラインアップで165万円。一方ムーヴのターボは標準ボディではありますが、135万円からラインアップされます。この価格差は大きいですね。

ちなみに、4WDは両車ともに12万円程度高くなります。

価格の比較ではムーヴの方が、安い設定となっています。



ワゴンRとムーヴの燃費比較

JC08モード燃費の比較です。(CVT・2WD)

ワゴンR ムーヴ
自然吸気 26.8-33.4km/L 31.0km/L
ターボ 28.4km/L 27.4km/L

燃費はマイルドハイブリッドエンジンのワゴンRが上です。自然吸気(NA)エンジンで2.4km/Lと、その燃費差は大きくなっています。

ワゴンRのマイルドハイブリッドは、簡易型のハイブリッドなので、プリウスのようにモーターだけでの走行はできませんが、エンジンをモーターがアシストしてくれますし、モーターでのクリープ走行なら可能です。

おすすめのハイブリッド軽自動車を比較!価格と燃費は?

ただ、ワゴンRには非ハイブリッドエンジンも最安グレードとしてラインアップされていて、燃費は26.8km/Lと大きく劣ります。

非ハイブリッドエンジンの価格は107万円とハイブリッド車との価格差は20万円以上あるので、どちらが得かは微妙かもしれません。もちろん装備差もありますが。

軽自動車は燃費が良い?ボディタイプ別燃費比較・ランキング

これまでは、あくまでもカタログ上の燃費であって、実燃費はカタログ通りとはいきません。実燃費はJC08モード燃費の6~7割程度と言われています。

実際に口コミなどの実燃費は大体以下の通りです。

  • ワゴンR:19km/L~21km/L(NA) 17km/L~20km/L(ターボ)
  • ムーヴ:18km/L~20km/L(NA)16km/L~19km/L(ターボ)

実燃費でもワゴンRの方が燃費は良さそうですが、正直それほど差があるような感じではないですね。実燃費は走行条件や運転の仕方によって大きく変わるので、あくまでも参考程度に。

軽自動車の実燃費比較・満足度ランキング

ワゴンRとムーヴのエンジンパワーと加速性能比較

まずは、自然吸気(NA)エンジンのスペック比較です。

ワゴンR ムーヴ
最高出力 52ps/6500rpm 52ps/6800rpm
最大トルク 6.1kgm/4000rpm 6.1kgm/5200rpm

同じ660ccエンジンでスペックも全く一緒になっています。が、日常加速に重要な最大トルクを発生するエンジン回転数がワゴンRの方が低いので、街中などで扱いやすいエンジンになっています。

また、ワゴンRにはモーターによるエンジンアシストもあります。

  • 最高出力:3ps
  • 最大トルク:4.1kgm

エンジンパワーにプラスされるというよりも、アクセルの踏み込み量を減らして燃費向上に貢献するものとされていますが、多少の恩恵はあるとの口コミも多く見られます。

あと、加速性能に大きく影響するのは車重です。同じスペックなら、車重が軽い方が当然加速性能は高くなります。

  • ワゴンR HYBRID FX:770kg
  • ムーヴ L SAⅢ:820kg

車重の軽いワゴンRの方が加速性能は高くなります。

次いで、ターボエンジンのスペック比較です。

ワゴンR ムーヴ
最高出力 64ps/6000rpm 64ps/6400rpm
最大トルク 10.0kgm/3000rpm 9.4kgm/3200rpm

最高出力は一緒ですが、生活加速に影響する最大トルクは、ワゴンRターボの方が6%程大きくなっています。

さらに車重は

  • ワゴンRスティングレーHYBRID T: 800kg
  • ムーヴカスタム RSハイパーSAⅢ:850kg

自然吸気(NA)エンジン同じくワゴンRの方が6%程軽くなっています。

最大トルクが大きく、車重が軽く、さらにはモーターアシストのあるワゴンRターボが加速性能では有利です。

ただ、ワゴンRターボは価格が高いのが・・・。

軽自動車の加速性能比較・ランキング

ワゴンRとムーヴの乗り心地比較

乗り心地の比較は数値ではできないので、口コミでの評価を紹介します。

ワゴンRの乗り心地評価は高くなっています。

  • 強さの中にしなやかさがあり路面のギャップなどの入力をボディが柔軟にいなしているのがわかる。
  • 乗り心地に関しては軽の中ではけっこう上質な部類。目をつぶっていれば普通車と勘違いするはず。
  • 先代より軽くなったのに重厚感があります。
  • 足回りはしなやかな感じで、上下に揺すられるようなことはなく快適。
  • 軽さのせいか若干跳ねるけれど、後輪側があまり硬くないので、後席の子供にやさしい乗り心地が重いスライドドア系と違うところ。
  • 柔らかいN-BOXに対し、しなやかという表現がピッタリ。路面の凸凹を見事に吸収している。

少し跳ねる感じがあるとの口コミもありますが、総じて乗り心地の評価は高くなっています。

「しなやか」との表現が多く使われているイメージです。

次いでムーヴの乗り心地評価ですが、ムーヴも高めの評価です。

  • サスペンションが良いのか、ボディ剛性が良いのか、小さな段差や道路の継ぎ目などの小さいショックを上手に吸収しているような感じ。
  • 突き上げが少なくて快適。長距離でも疲れは少ない。
  • 安定感がるうえ、静粛性も高い。
  • 車重が軽いので、ドッシリ感はないが、突き上げ感はよく抑えられている。
  • 少し硬めだが、揺れが少なくていい。
  • サスが硬めなのか、多少ゴツゴツ感はある。
  • 段差があると、ヒョコヒョコと軽く動き、落ち着きがない。

ムーヴの乗り心地も総じて良い評価のイメージです。

ただ、サスペンションは硬めの口コミが多く見られて、多少賛否はわかれています。

乗り心地はではワゴンRの方が評価は高くなっています。が、乗り心地は個人の感じ方で違うので、参考程度に見ていただければと思います。

軽自動車乗り心地の比較・評価ランキング



ワゴンRとムーヴの安全性能比較

ワゴンRには「スズキセーフティサポート」、ムーヴには「スマートアシストⅢ」が装備されています。この2つの安全装備を比較します。

まずは、ワゴンRです。

  • 衝突被害軽減ブレーキ(車両・歩行者対応)
  • 誤発進抑制機能(前方のみ)
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト

必要最低限の安全装備内容です。自動ブレーキの性能は、約5km/h~約100km/hで作動するので、かなり高機能な自動ブレーキです。

次に、ムーヴのスマートアシストⅢです。

  • 衝突回避支援ブレーキ(車両・歩行者対応)
  • 誤発進抑制機能(前方・後方対応)
  • 車線逸脱警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • オートハイビーム

ムーヴも必要最低限の安全装備で問題ないと思います。

ワゴンRの誤発進抑制機能は前方のみでしたが、ムーヴは後方にも対応できているのが優れている点です。

自動ブレーキの軽自動車を買う スズキ、ダイハツ、ホンダ、日産の性能比較

安全性は自動ブレーキだけでなく、エアバッグも非常に大事になります。特にサイドエアバッグとカーテンエアバッグです。

ワゴンRにはスティングレーのターボのみにしかサイドエアバッグとカーテンエアバッグが装備されていません。オプションでも装備できないのは、安全性的には大きな疑問です。

ムーヴにいたっては、ターボにのみオプションで用意されているだけです。

軽自動車は横からの衝突に弱いので、サイドエアバッグとカーテンエアバッグは必須だと思います。

軽自動車はエアバッグが大事!サイドエアバッグ・カーテンエアバッグは必須

安全性が高い軽自動車のおすすめランキング

ワゴンRとムーヴ比較のまとめ

燃費や加速性能、乗り心地など、総合的に見てワゴンRの方がおすすめです。

ただし、価格はムーヴよりも高くなります。特にターボが欲しいのなら、スティングレーの最上級グレードにしか設定されないので、165万円とかなり高額な買い物になります。

2018年現在では、2017年2月に新型となったワゴンRと、2014年に発売されたムーヴとでは、設計が新しい分ワゴンRが有利になるのは当然かもしれません。

新型ムーヴの発売に期待です。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-人気軽自動車のライバル比較

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.