N-BOX

N-BOX・カスタムのNAはパワー不足で遅い?N-BOXにはターボはいらないか?必要か?

更新日:

今軽自動車で最も人気があり、最も売れているのがN-BOXです。


↑N-BOXカスタム

人気のN-BOXの購入を検討されている方で、自然吸気(NA)エンジンにするかターボエンジンにするか悩んでいる人に向けた記事です。

軽自動車、特にN-BOXのような全高が1,700mm以上のスーパーハイトワゴンは車重が重くなっています。

660ccと決められた排気量なので、自然吸気エンジン(NA)ではパワー不足で加速が遅いのではないかと心配になりますよね。

結論は
N-BOXの自然吸気(NA)エンジンはライバルと比較しても必要十分なパワーで遅くはない。多人数乗車の長距離移動が多いのならターボがおすすめ。

 

広い室内スペースと質感の高さで軽自動車で最も人気で売れているN-BOXを購入するのに、自然吸気(NA)エンジンにするべきか、ターボエンジンにするべきか悩んでいる方に少しでも役に立てばと思います。

関連リンク
N-BOXとルーミー・タンクを比較 価格や燃費、試乗・走行性能比較
N-BOXの色選びで悩む?人気色・不人気色?白か黒か?それともカスタムのブロンズが人気か?
N-BOXに必要ないオプションは?ドライブレコーダーにアドバンスドルームミラーは不要?




N-BOX自然吸気(NA)エンジンとターボの馬力とトルクを比較

N-BOXのエンジンラインアップは2種類です。

  • 658cc 直列3気筒 i-VTECエンジン(自然吸気エンジン)
  • 658cc 直列3気筒 ターボエンジン
NAエンジン ターボエンジン
最高出力 PS/rpm 58/7,300 64/6,000
最大トルク kgf・m/rpm 6.6/4,800 10.6/2,600

当然ですがターボエンジンの方が最高出力、最大トルクともに大きく上回っています。

軽自動車の場合は最高出力が自主規制として64psまでとなっています。なのでターボの64psはスペーシアなどライバルの軽自動車も同じ馬力です。

ポイントは最大トルクにあります。

最大トルクは自転車でペダルをこぎ始める時のパワーと思ってください。最大トルクが大きいほど加速が速い、小さいほど加速が遅いことになります。

ターボエンジンは自然吸気(NA)エンジンの1.6倍トルクが大きいので、体感できるほどに加速は速いです。

もう一つポイントは最大トルクの発生回転数です。

自然吸気(NA)エンジンは4,800回転で最大トルクが発生するのに対して、ターボエンジンはわずか2,600回転で最大トルクに達します。

ターボエンジンは、より早く最大トルクに達するので街中での加速でも扱いやすいというメリットもあります。

 

N-BOXの自然吸気(NA)エンジンのオーナーの評価は?


↑珍しいピンクのN-BOX

スペックだけでなく、実際のN-BOXの自然吸気(NA)エンジンのオーナーの方の評価をまとめています。

  • 市街地走行、法定速度で走る分には十分
  • 交通の流れにのって普通に走るにはNAで問題ない
  • 軽く踏んだだけで滑らかに走り出す

自然吸気(NA)エンジンでも街中を普通に走っている分には十分だという評価が多くなっています。

元々、街中をスピード出して走る必要もないし、スピードを出して乗るクルマでもないので全く問題ないイメージです。

  • NAのVTEC推しのため走り出しはいける
  • 先代から改良されてVTEC搭載となりストレスなくなった

それ程スピード出すわけなければ問題なく走ると評価されている、N-BOXですが理由はVTEC搭載エンジンにもあります。

エンジン屋のホンダが1990年頃から発売されているVTEは「パワー」と「環境性能」を両立させるためのテクノロジーとして、ホンダの代名詞のような存在です。

↑最初に搭載された2代目インテグラ1989年発売

このVTECが軽自動車のN-BOXにまで搭載されているのがホンダのすごさだと感じます。

  • 高速で追い越し車線を走ったりしなければ全く問題ない
  • 平地100km/h巡行は約3,200回転程度
  • 高速道路巡行速度は100㎞/hが限界
  • 50km/hまで。登坂と中間加速はかなり厳しい

高速走行も走行車線を100km/h以内で走る分には問題ないとの評価です。

それ以上の速度ではエンジンの頑張ってる感や騒音などが強く感じられます。同乗者も不快に感じるのではとの評価もあります。

もちろん100km/h以上のスピードで走る必要はないとい思います。ただ、追い越しの中間加速や登坂は乗車人数にもよりますが、パワー不足を感じるシーンはあります。

  • CVTはラバーバンドフィーリングが登坂で顕著に現れる
  • とっさの加速が必要なシーンは加速せずイライラの原因

N-BOXのにはCVTが採用されていますが、このCVTが加速時に反応が悪く遅い!といった意見もあるのは事実です。

アクセルを踏み込んでもエンジン音と回転数だけはあがりますが、スピードは遅いままであとからスピードがついてくるといった違和感が気になるとの評価です。

ただ、これはN-BOXだけでなく多くの軽自動車が抱えている不満点です。

オーナーの評価をまとめると、街中や高速道路も法定速度内でおとなしく走る分には自然吸気(NA)エンジンでも問題ないといったイメージです。

それ以上を求めるのならターボが必要になってくるイメージです。




ライバルのNAエンジンよりも加速は遅いのか?

N-BOXのライバルの自然吸気(NA)エンジンと比較するとどうでしょうか?N-BOXはライバルよりも加速が遅いなんてことはあるのか気になるところです。

まずは、エンジンスペックを比較してみます。

最高出力(PS/rpm) 最大トルク(kgf・m/rpm)
N-BOX 58/7,300 6.6/4,800
スペーシア 52/6,500 6.1/4,000
タント 52/6,900 6.1/3,600
ルークス 52/6,400 6.1/3,600

エンジンスペックをライバルと比較するとN-BOXが最もパワフルなエンジンです。

これはさすがホンダのVTEC!というイメージもあります。
が、加速が速いか遅いかはエンジンスペックに加えて、車重が大きく関係します。同じパワーでも重いクルマは遅くなります。

これは車重をトルクで割った「トルクウェイトレシオ」という数値で加速性能を見ることができます。
数値が小さいほど加速性能が高いと見ることが出来る指標です。

車種 重量 最大トルク トルクウェイトレシオ
N-BOX 890kg 6.6kgf・m 134.8
スペーシア 850kg 6.1kgf・m 139.3
タント 880kg 6.1kgf・m 144.3
ルークス 940kg 6.1kgf・m 154.1

車重はスペーシアが軽くなっていますが、それでもN-BOXがトルクウェイトレシオが小さく、加速性能は高いという結果となっています。

 

ただし、ライバルにはマイルドハイブリッドエンジン搭載車が存在しています。
それはスペーシアとルークスです。

↑ルークス

スペーシアとルークスのモータースペックも紹介します。

モーター出力 最高出力 最大トルク
スペーシア 3.1PS 5.1kgf・m
ルークス 3.0PS 4.1kgf・m

モーターのスペックはスペーシアが上回っています。

↑スペーシア

このモーターのパワーがそのまま加速にプラスになるわけではないですが、スペーシアでは2つのシーンで加速をアシストしてくれます。

  • モーターによるクリープ走行
  • 加速時のモーターアシスト

モーターによるクリープ走行は燃費向上のための機能ですが、加速時にモーターがアシストしてくれる機能もついています。

ステアリングのパワーモードスイッチを押せば、モーターアシストをトルクアップさせることで、坂道や高速道路などへの合流時に力強い加速力を発揮する機能です。

ただし、モーターアシストの評価は高くありません。
スペーシアオーナーの方の評価ではモーターアシストの恩恵はあまり感じないとのクチコミが多くなっています。

結論は
N-BOXは最もパワフルなエンジンで、トルクウェイトレシオも最も小さく、加速性能は最も高いと言えます。

関連リンク
軽自動車の加速性能をトルクウェイトレシオランキングで確認

 

遅くても良いので燃費重視!でもN-BOXが良いのか?

↑N-BOXインテリア

N-BOXの自然吸気(NA)エンジンはライバルのスーパーハイトワゴンよりも加速性能が高く、遅くはないイメージです。

ただ、スピードや加速よりも燃費が大事!といった考えもあると思います。
そこでライバルとのWLTCモード燃費データを比較します。

N-BOX 21.2km/L
スペーシア 22.2km/L
タント 21.2km/L
ルークス 20.8km/L

あくまでもデータ上ですがスペーシアが最も燃費が良くなっています。

↑スペーシアカスタム

マイルドハイブリッドの効果でしょうか?ただし、同じマイルドハイブリッドのルークスは最も燃費が悪くなっています。

ルークスは車重が重いことが燃費悪化の要因かもしれません。

N-BOXはスペーシアには多少見劣りしますが、他のライバルに見劣りする燃費性能ではありません。N-BOXはパワフルなエンジンで低燃費も実現できていると言って良いでしょう。

実燃費は走行条件や運転の仕方によって大きく変わります。今回紹介の燃費が実現できることを保証するものではありません。

 

N-BOXのNAはパワー不足で遅い?ターボはいらないか?必要か?まとめ

↑N-BOXカスタムにもNAはラインアップ

  • N-BOXの自然吸気(NA)エンジンでも法定速度走行なら必要十分
  • 加速時はCVTの違和感に不満を感じる可能性がある
  • ライバルと比較してもパワフルで燃費も悪くない
  • 多人数乗車での高速移動が多い方はターボエンジンが無難

あくまでもカタログスペックと個人的な感想をもとにした記事です。

加速性能や燃費は人それぞれ感じ方が違うため、実際に購入する際は、必ず試乗した上で自然吸気(NA)エンジンにするか、ターボエンジンにするかの判断をお願いします。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-N-BOX

Copyright© カースペックマニア【2021年度】 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.