ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラドとデリカD:5 ディーゼル・大きさ・広さ・燃費など比較

更新日:

SUVのロングセラーであるランドクルーザープラドと、ミニバンのロングセラーであるデリカD:5を比較します。
どちらを購入するか悩んでいる方にも参考になればと思います。

2009年に発売されたランドクルーザープラドと、2007年に発売されたデリカD:5は、どちらも発売から10年以上経過していますが、いまだに人気となっています。

デリカD:5はミニバンではありますが、SUV風な見た目だけでなく、三菱の4WD技術とオフロード走行性能の高さから、アウトドアユーザーに人気となっています。

ランドクルーザープラドとデリカD:5は十分ライバルといって良いでしょう。

プラド・デリカD:5へ新たに乗り換えませんか

プラド・デリカD:5への乗り換えを考えている方へ!
今乗っているクルマを1円でも高く売る方法を知っていますか?

ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。

クルマの情報を記入して送るだけで、複数社の買取業社へ査定依頼をしてくれて、比較検討することができるサービスを活用しませんか。

ディーラーの下取り見積もり価格と、一括査定での最も条件の良い買取価格を比較して、ディーラーに下取り価格アップや値引き拡大の交渉に利用しましょう。もちろんそのまま買い取ってもらってもOKですしね。

一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例もあります
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

プラド、デリカD:5の新車見積りを簡単にもらう方法があります。
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力でSUVの新車の無料見積り】

プラド、デリカD:5を新車で買うのも良いですが、両車ともに中古車も多く流通しています。年式や走行距離、色など、条件にある中古車を探してもらいませんか?
【条件に合うSUVの中古車をかんたんに探す方法】

どちらも見た目は個性的でワイルド

ランドクルーザープラドとデリカD:5はどちらも個性的なデザインが魅力です。

↑プラド

ランドクルーザープラドは、最新の都市型SUVとは正反対のクロカン4WDモデルのデザインそのままです。
ワイルドでアウトドアシーンが似合うデザインで、見た目が圧倒的な支持を得ています。
ジムニーが人気になるなど、昔ながらのクロカンスタイルが根強く人気になっていますね。

↑デリカD:5

デリカD:5はこの特徴的なフロントマスクが目につきますね。
2019年2月のビッグマイナーチェンジでフロントマスクを思い切って変更しました。かなり個性的なデザインになっているので、賛否はかなり分かれています。

ランドクルーザープラドもデリカD:5も、スタイリングデザインの評価がすこぶる高いのが特徴です。どちらも個性的なデザインなので、好き嫌いがハッキリ分かれて、本当に好きな人が買っている結果でしょう。

ワイルドで迫力あります。

ボディサイズはプラドが大きく小回りがきかない

ランドクルーザープラドもデリカD:5も波迫力あるデザインに大きなボディです。ボディサイズを比較します。

ランドクルーザープラド デリカD:5
全長 4,825mm 4,800mm
全幅 1,885mm 1,795mm
全高 1,850mm 1,875mm

ボディサイズはランドクルーザープラドが大きくなっています。

特にランドクルーザープラドの全幅1885mmはかなり大きく、狭い道路での対向車とのすれ違いや、狭い駐車場では、かなり気を使うサイズです。

最小回転半径はランドクルーザープラドが5.8mでデリカD:5が5.6mと、ランドクルーザープラドの方が小回りききません。

ちなみにRAV4が5.5mなので、デリカD:5も決して小回りきくとは言えません。

関連リンク
小回りが利くSUVは?最小回転半径のランキング
SUVの全幅を比較ランキング 狭い道路での運転がしやすいSVは?




室内スペースはデリカD:5が圧倒的に広い

ランドクルーザープラドは5人乗り、7人乗り、デリカD:5は7人乗り、8人乗りが設定されています。多人数乗車が可能な2台の室内スペースを比較します。

ランドクルーザープラド デリカD:5
室内長 2,520mm 2,980mm
室内幅 1,565mm 1,505mm
室内高 1,240mm 1,310mm

室内スペースは、ミニバンのデリカD:5が圧倒的に広いです。

特に3列目シートに関してはデリカD:5の居住性が大きく上回ります。
シートアレンジも多彩で積載性もデリカD:5の圧勝です。

↑デリカD:5の4名乗車+長尺ラゲッジスペースアレンジ

もちろん、ランドクルーザープラドも3列目シートを収納したり、2列目シートも倒したりと、アレンジは可能です。

関連リンク
室内が広いSUVは?室内スペースランキング

ディーゼルエンジンはプラドの方がパワフルで加速性能が高い

両車ともに2トン級の重いボディを走らせるのにディーゼルエンジンがラインアップしています。

ランドクルーザープラド デリカD:5
最高出力(ps/rpm) 204/3000-3400 145/3500
最大トルク(kgf・m/rpm) 51.0/1600-2800 38.7/2000
車重 2,230kg 1,980kg

ディーゼルエンジンのスペックはランドクルーザープラドが大きく上回ります。

車重はランドクルーザープラドが13%程重いですが、それを上回る204馬力のハイパワーと、51kgf・mのビッグトルクで、ヘビー級のボディをグイグイ引っ張ってくれます。

プラドが2.7L、デリカD:5が2.3Lと排気量の差も影響しています。

ただ、組み合わされるミッションがランドクルーザープラドが6ATなのに対して、デリカD:5は8ATが採用されています。
燃費と動力性能を最大限に引き出すミッションが採用されているのは魅力です。

ランドクルーザープラドにはガソリンエンジンもあり

デリカD:5は2.3Lディーゼルエンジンのみのラインアップですが、ランドクルーザープラドにはガソリンエンジンもラインアップされています。

プラド ディーゼル プラド ガソリン
最高出力(ps/rpm) 204/3000-3400 163/5200
最大トルク(kgf・m/rpm) 51.0/1600-2800 25.1/3900
車重 2,230kg 2,100kg

ディーゼルエンジンよりも車重は軽いですが、パワー不足感は明白です。

特に、重いボディを引っ張るには25.1kgf・mのトルクでは物足りません。せいぜい1700kgぐらいまでなら必要十分といったスペックのエンジンです。

関連リンク
エンジン性能評価・満足度が高いSUVランキング
SUVの加速性能をパワーウェイトレシオでランキング




ディーゼルエンジンの燃費ではデリカD:5の方が燃費が良い

パワーで勝るのはランドクルーザープラドですが燃費はどうでしょうか。

ランドクルーザープラド デリカD:5
WLTCモード 11.2km/L 12.6km/L
市街地モード 8.7km/L 10.1km/L
郊外モード 11.3km/L 12.6km/L
高速道路モード 12.7km/L 14.1km/L

実燃費に近いとされるWLTCモード燃費ではデリカD:5の方が燃費は良いです。車重が軽い分燃費は有利です。

プラドは2.2トンのボディであることを考えると11.2km/Lは低燃費と感じます。街乗り中心だとさすがに10km/Lを大きく下回ってきますが・・・。

デリカD:5のディーゼルはパワー不足なので、アクセル踏み込み具合によってはそれほど燃費が変わらなくなる可能性もあります。

ちなみにプラドにはガソリンエンジンもあるので、ディーゼルと比較してみます。

プラド ディーゼル プラド ガソリン
WLTCモード 11.2km/L 8.3km/L
市街地モード 8.7km/L 6.1km/L
郊外モード 11.3km/L 8.5km/L
高速道路モード 12.7km/L 9.7km/L

プラドはガソリンエンジンだと高速道路走っても10km/Lをきります。ガソリンだと燃費は絶望的に悪くなります。

パワー不足&燃費悪い、とプラドガソリンエンジンのデメリットです。

ランドクルーザープラドとデリカD:5の価格帯を比較

ランドクルーザープラドとデリカD:5の価格帯を比較します。
ランドクルーザープラドはディーゼルエンジンの7人乗りの価格帯で比較します。

  • ランドクルーザープラド(444万円~553万円)
  • デリカD:5(391万円~448万円)

これまでプラドとデリカD:5を比較してきましたが、価格帯はプラドが一クラス上といった感じです。

プラドのベーシックグレードとデリカD:5の最上級グレードの価格がほぼ同等というぐらいの価格差です。

プラドとデリカD:5の購入を検討するのならば、プラドの比較対象はガソリンモデルになります。

  • プラド ガソリン(377万円~441万円)

プラドもガソリンエンジンならデリカD:5とほぼ同じ価格帯でのライバルとなります。
ただ、車両価格は同じでも圧倒的な燃費さと、ガソリンとディーゼルのランニングコストを考慮すると、維持費は圧倒的にデリカD:5が安くなります。

ランドクルーザープラドとデリカD:5のまとめ

ランドクルーザープラドのポイント

  • 全幅が大きく小回りもきかないほどのボディサイズ
  • ディーゼルエンジンのパワー・トルクが大きい
  • お買い得なガソリンエンジンモデルもラインアップ

プラドは大きな迫力のある大きなボディサイズが魅力ですが、狭い道での運転に苦労したり、小回りきかないなどのデメリットもあります。

大きなボディのため車重が重くですが、51kgf・mものビッグトルクがグイグイと引っ張てくれ、燃費も何とか10km/L程度をキープしています。

ディーゼルエンジンの車両価格は高いですが、約70万円安いガソリンエンジンモデルもラインアップされています。ただし、パワー不足と燃費の悪さは覚悟が必要です。

デリカD:5のポイント

  • SUVテイストを持つ唯一無二のミニバン
  • ミニバンならではの広い室内スペース
  • 400万円程度から買えるコスパの良さ

デリカD:5にはライバル不在と言って良い存在感があります。SUVとミニバンの融合で、2007年発売モデルですが、根強い人気を継続しています。

ミニバンなので当然SUVよりも高い居住性と積載性能を持っているので、アウトドアやレジャー使用で使い倒す道具としては最強ではないでしょうか。

ランドクルーザープラドとデリカD:5を紹介してきましたが、どちらも古いモデルなので、最新モデルと比較すると見劣りする部分も多数あります。

  • ディーゼルエンジンではマツダが上
  • インテリアの質感は高くない
  • 安全装備も最新軽自動車が上

ただ、この2台は存在感で買うクルマなので、気にしても仕方ない項目です。

個人的なおすすめは、ランドクルーザープラドのディーゼルモデルです。
価格は高くなりますが、トルクフルな走りと経済性、そして乗りつぶすほど長く乗れるという点からコスパはそれほど高くないと感じます。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-ランドクルーザープラド

Copyright© カースペックマニア【2021年度】 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.