軽自動車の性能比較ランキング

安い軽自動車に乗り換えるならアルトかミライースがおすすめ

更新日:

軽自動車へ乗り換えを考えている方には、乗り換えたい様々な理由があると思います。

ここでは、とにかく安い車に乗り換えたいと考えている方に、車両価格が安い軽自動車を紹介していきます。

人気でおすすめの軽自動車コストパフォーマンス(価格満足度)比較・ランキング

2018年おすすめの人気軽自動車ランキング

最も安い軽自動車はミライースやアルトなどのセダンタイプ

軽自動車は安い!といったイメージは半分正解で半分間違っています。

安い軽自動車はセダンタイプのCVTモデルで84万円からの価格設定になっています。コンパクトカーだと最も安いモデルでパッソとブーンが115万円からの価格設定になっています。

コンパクトカーとの価格差は最大31万円

購入時の税金や保険料も軽自動車の方が安いので、車両価格以上の価格差はでてきます。

ただし、新車購入時には値引きがあり、値引きに関しては一般的に軽自動車の方が値引き額は小さくなる傾向なので、結果的には車両価格差程度になると思います。

セダンタイプの最も安いグレード価格比較

車名 価格
ミライース 84万円
アルト 84万円
ピクシスエポック 84万円
プレオプラス 84万円
キャロル 84万円
ミラ 88万円

*2017年5月時点データ

100万円以下で買える軽自動車です。ミライース・ピクシスエポック・プレオプラスはメーカー違いの兄弟車で、アルト・キャロルも兄弟車なので、実質はダイハツのミライースかスズキのアルトの2択になります。

ただし、84万円のミライースはCVTですが、アルトの84万円は5MTになります。ミライースと同じCVTを選択すると89万円と5万円ほど高くなります。

結論

最も安い軽自動車はミライースです。コンパクトカーのパッソより31万円安い84万円です。ミライース、アルトなら安くで軽自動車に乗り換えできます。

ミライース

↑ミライース



軽自動車の安いグレードの装備はショボすぎるのか?

安く軽自動車を購入するには、最も安いグレードを購入するとよいでしょう。上で紹介しているのもすべて低いグレードです。

気になるのは低いグレードの装備は大丈夫だろうか?だと思います。

最も安いグレードの主要な装備一覧です。

ミライース アルト パッソ
オーディオ なし CD,ラジオ なし
パワーウィンドウ 前席のみ 前席,後席 前席,後席
集中ドアロック 標準 標準 標準
キーレス 標準 標準 標準
チルトステアリング なし なし 標準
電動ミラー なし なし 標準
エアバッグ 運転席,助手席 運転席,助手席 運転席,助手席

*2017年5月時点データ

まず、ミライースとアルトを比較してみます。

最も安いのはミライースですが、オーディオ(CD、AM/FMラジオ)はついていないので、オプションで追加料金がかかります。1万円そこそこでつけれるので一番安いことには変わりませんが。もしナビつけるのならオーディオレスで車両価格が安い方が逆によいかもしれません。

あとミライースは後席にパワーウィンドウが装備されていません。実はそもそも後部座席の窓が開かない設定になっています。かなりの割り切りですが、セダンタイプの軽自動車は1~2名乗車が前提として購入するのであれば問題ないかもしれません。

でも、装備ショボい感じしますね。

安全装備については両車ともエアバッグや横滑り防止装置、ABSは標準装備になっています。しかし、サイドエアバッグやカーテンエアバッグがオプションでも選べないのはいただけません。軽自動車は事故の時は普通車と比べて鉄板薄い分だけ確実に危険です。

当然、自動ブレーキなどの最新安全装備はありません。

次にコンパクトカーのパッソと比較してみます。

アルト、ミライースには装着されていない「チルトステアリング」「電動ミラー」がパッソには標準装備になります。チルドステアリングとはハンドルの高さ調整です。自分の運転姿勢に合わせたハンドル位置に調整できます。電動ミラーのないミライースとアルトは、ミラー位置の調整と格納は手動になります。

エアコンついてますし、パワステもあります。基本的にエアバッグ以外の装備は、価格を安く抑えるためなら無くても問題のないレベルの装備だと思います。

結論

最も安いグレードの装備内容は割り切ればギリギリ問題ないレベルです。ただし、サイドエアバッグとカーテンエアバッグがオプションでも装着できないのは疑問です・・・。

ミライースのグレードによる装備と価格差

軽自動車に安くで乗り換えるにはミライースが一番おすすめですが、もう少し装備が充実していた方が良いと思う方もいるでしょう。

では、1つグレードをあげると、装備と価格はどうなるのでしょうか?

最も安いグレードが「B」の84万円で、1つ上のグレード「L」になると87万円と3万円のアップです。そして装備の違いは、

  • パワーウィンドウが前席だけから後席にも対応
  • ホイールキャップなしからホイールキャップ装着に

たしかに両方ともあって欲しいかなという装備です。ホイールキャッップないのはあまりにも安っぽすぎますからね・・・。

結論

ミライースは1つグレード上でも、価格も装備もそれほど変わりません!が、3万円のプラスだけなのでグレード上げるのがおすすめです。

ミライースでは狭すぎる!けど安い軽自動車に乗り換えたい方は

ミライースは安いです!が、室内はかなり狭くなります。狭い!もう少し大きい軽自動車が欲しいという方は、ワゴンRやムーヴのようなハイトワゴンが価格メリットのギリギリラインです。もうワンランク上のボディサイズになると、コンパクトカーの方が安くなります。

ハイトワゴンの価格比較

車名 価格
ekワゴン 103万円
ワゴンR 107万円
ハスラー 107万円
N-WGN 109万円
ムーヴ 113万円
デイズ 114万円

*2017年時点データ

ekワゴンがもっとも安いですが、三菱軽自動車は燃費不正問題もあるし・・・。と言うことはハスラーかワゴンRがおすすめになります。

パッソが115万円なので、価格差は8万円になります。結構微妙な価格差になりますが、全高がパッソよりも高い分だけ解放感はあります。幅は狭いので、積極的に4名乗車はあまりお勧めできませんが・・・。

ワゴンR ハスラー パッソ
オーディオ なし なし なし
パワーウィンドウ 前席,後席 前席,後席 前席,後席
集中ドアロック 標準 標準 標準
キーレス 標準 標準 標準
チルトステアリング なし なし 標準
電動ミラー 標準 なし 標準
エアバッグ 運転席,助手席 運転席,助手席 運転席,助手席

*2017年時点データ

ワゴンRはミライースよりも装備は充実していて、パッソとほぼ同等の装備内容になっています。チルトズテアリングがないので、ハンドルの高さ調整できない程度です。

ハスラーはワゴンRとほぼ同じなので、装備も一緒と思いきや電動格納・調整ミラー装備されていません。

ただ、軽自動車の車幅だとよほど狭い駐車場でもない限り、ドアミラーをたたむ必要ないと思うのですが。運転者も一人なら、ドアミラーの角度かえなくていいですし。

ハイトワゴンでもワゴンRならコンパクトカーよりも少しだけ安く購入できるグレードはあります。

ただし、ワゴンRの最も安いグレードは燃費が26.8km/Lと、パッソの燃費28km/Lに及ばない燃費となっています。ワゴンRはハイブリッドモデルが33.4km/Lと燃費が良いのですが、価格は117万円とパッソよりも高くなります。

ちなみにミライースは、最も安いグレードの燃費も35.2km/Lとグレードによっての燃費差がなく、安く高燃費が実現されています。

結論

ワゴンRだと室内の解放感があって、コンパクトカーよりも安く購入できます。ただし、パッソとの価格差は8万円で燃費もパッソよりも悪くなるので、価格面でのメリットは少なくなります。

安くで軽自動車に乗り換えたい方へ

安くで軽自動車に乗り換えることはできます。

価格のメリットがあるのはミライースとアルトです。安くて燃費も良いので、購入後の維持費も安く抑えることができます。

ただし、ミライースやアルトなどのセダンタイプの軽自動車には割り切りが必要です。

  • 2名までの乗車を前提にした方が良いです。

とにかく小さくて狭いので、後部座席はエマジェンシー的な使い方と考えていた方が良いです。もちろん座れますが・・・。ミライースの最も安いグレードは後席の窓すら開きません。

  • 装備は必要最低限になります。

安いグレードなので装備は必要最低限しかついていないです。基本的になくても困らない程度の装備なので問題はありませんが。ドアミラーを手動で動かしたりするぐらいです。

  • 安全運転を心がけて大きな事故を起こさない最善の注意をしましょう

安全運転はどの自動車でも一緒ですが、サイドエアバッグとカーテンエアバッグがオプションでも設定できません。

軽自動車は鉄板薄くて車重が軽いので、早いスピードでの衝突事故は危険です。もともと、そんなにパワーがないのでスピード出ません。特にミライースはアルトよりもパワー不足なので先を急がず安全第一で!

ミライースやアルト以外の軽自動車は、車両価格が軽く100万円を越えてくるので、コンパクトカーと変わらない値段になり、とにかく安くで軽自動車に乗り換えたい方には向いていません。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車の性能比較ランキング

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.