軽自動車の性能比較ランキング

2018年人気でおすすめの軽自動車コストパフォーマンス(コスパ)比較・ランキング

更新日:

軽自動車のメリットには、税金などの維持費の安さがあります。が、車両価格の安さもメリットと思って購入する人は多いのではないでしょうか。

ただ、軽自動車といっても価格は100万円以下から200万円オーバーまでかなり幅広い価格帯になっています。いずれにしても安ければ良いというわけではなく、価格に対する満足度が大事ですよね。

価格が180万円したとしても、装備内容や走行性能に対する満足度が高ければコスパが高いと納得できるものではないでしょうか。

ここでは、軽自動車のコストパフォーマンス(価格満足度)のランキングを紹介します。

ランキングは価格に対するクチコミ評価をもとに、おすすめをランキングしているので、個人の感じ方によって違うものなので、参考程度に見てください。

コストパフォーマンス以外の軽自動車ランキング
おすすめの人気軽自動車の走行性能比較・評価ランキング
おすすめの軽自動車エンジン性能 試乗・クチコミ評価ランキング
人気のおすすめの軽自動車乗り心地の比較・評価ランキング
おすすめの人気軽自動車の実燃費比較・満足度ランキング

2018年おすすめの人気軽自動車ランキング



1位:スズキ アルト

アルト

アルトの価格帯:84万円~124万円

コストパフォーマンス1位はアルトです。

やはり、安い軽自動車はコスパが高いという結果になりました。が、アルトはただ安いだけではなく、エンジン性能や走行性能、燃費など多くの項目でライバルのミライースよりも評価は高くなっています。

軽自動車は性能の進化とともに価格も高くなっているので、100万円以下から買えるアルトの存在は貴重です。

アルトのコストパフォーマンスに関するクチコミを一部見てみます。

  • キーレスエントリーやオーディオなど最低限の装備が揃って84万円というのは本物の安さ。ミタイースの74万円は集中ドアロックしらオプションでオーディオも未装備の見せかけの安さ。
  • お値段以上の価値。
  • 4WDの新車を100万円で買えるのはアルトかミラしかない。
  • これだけの装備で650kgという軽量化を達成した車は他になく、約100万円というのは驚愕。
  • リッターカーと遜色ない動力性能であり、燃費も良好で維持費も安く、90万円以上の価値は十分にある。
  • 上級グレードのXはレーダーブレーキサポートやオートエアコン等が標準装備されていて110万円に抑えられているのは安いと思う。

アルトのコストパフォーマンス評価は、おおむねお値段以上とのクチコミが多数です。価格が安くても装備が充実しているのが、評価されているポイントのようですね。

安い軽自動車に乗り換えるならアルトかミライースがおすすめ

2位:スズキ ハスラー

ハスラー

ハスラーの価格帯:107万円~180万円

軽自動車のコストパフォーマンスランキング2位はハスラーです。

あれ?ミライースではないんだ?って感じです。可愛いくワクワクさせてくれるスタイリングが人気のハスラですが、最低価格は107万円と意外と安い価格から買うことができます。

スズキ軽自動車の魅力であるS‐エネチャージ(マイルドハイブリッド)はいらないと割り切れば安く買えるのがこのハスラーのコストパフォーマンスの高さにつながっているのかもしれません。

ハスラーの価満足度に関するクチコミを少し紹介します。

  • 価格以上の価値は十分にある。デュアルカメラがついてこの価格はおいしい。
  • 乗ってみて価格の安さを改めて実感。
  • 今どきの軽は高いというが、ハスラーは良心的な方では?
  • 安くはないが、性能を考えれば高くは感じない。
  • オプションをつければそれなりの価格になるが、N-BOXのようなスーパーハイトワゴンと比較すると魅力的な価格。
  • オプションつけると普通車買える価格になるというが、維持費と燃費、スタイリングなど総合的に考えて車両価格160万円以内でハスラーに勝てる普通車はないと判断した。

ハスラーのコストパフォーマンスの評価は、全体的に軽自動車の価格が高くなっている中で、ハスラーの価格は良心的に抑えられているといったイメージです。

ハスラーの価格で買える普通車の中に、ハスラーを超える魅力的なクルマはないというのは、すごい説得力ですね。クルマの魅力が価格を超えているのがハスラーです。

ハスラーとクロスビー比較!おすすめでお買い得はどちらか?

3位:ダイハツ ミライース

ミライース

ミライースの価格帯:84万円~133万円

コストパフォーマンス3位はミライースです。

コスパ1位のアルトのガチンコのライバルになるミライースですが、価格満足度ではアルトに負けてしまっている印象です。

価格はほぼ一緒なのですが、装備内容や性能でアルトが上回っているということでしょうか?

ミライースの価格満足度に関するクチコミの一部を紹介します。

  • 必要十分な装備に対して100万円ということを考えるとお求めやすい価格。
  • ブレーキアシスト、コーナーソナー、LED、オートエアコンなどフル装備でこの値段はかなりお得。
  • Gタイプだが、オートライト、オートエアコン、オートクローズドアミラーなど便利機能がついてこの価格は安い。
  • スマートアシストⅢがついてることを考えても頑張ったと思う。
  • 最上級グレードは高級車顔負けの装備が標準で車両価格120万円は素晴らしい。
  • Bスマアシモデルで90万円。昔は70万円くらいで買えたイメージ…。ちょっと残念。
  • スマアシⅢがついてこの値段なら納得。が、オーディオレスなので最終的な値段は・・・。
  • 価格なりのコストダウンは随所に感じられるが、割り切ればコスパは悪くない。

ミライースのコストパフォーマンス評価は、スマートアシストⅢをはじめ装備充実の割に安いという印象です。ただ、オーディオレスについて少々不満のクチコミが見られます。

いずれにしても、アルトもミライースもコスパの高い軽自動車で評価が高いことには変わりありません。

トコットとミライースの違いを比較 デザインと安全性はトコット!



4位:スズキ アルトラパン

ラパン

アルトラパンの価格帯:107万円~151万円

コストパフォーマンス評価ランキング4位はアルトラパンです。

アルトラパンは、アルトをベースにスタイリングとインテリアを女性ターゲットにデザインされているモデルで、女性から人気のあるモデルになっています。

アルトよりも少し高い価格帯となっているのは、装備の充実分でしょうが、ベースとなっているアルトが現行アルトではないので、多少コスパは悪いかもしれません。

アルトラパンの価格満足度に対するクチコミを少し紹介します。

  • 総額150万円だが他のハイト系ワゴンと比べるとかなり安く装備も充実している。税金安く、燃費も良く、経済的にかなりお得で、デザインも満足。
  • ターボつきモデルと走行性能や装備で大きな差がないのに、50万円以上安いのではと思う。
  • ミライースよりも高いが、価格差以上の差があるので、ラパンの方がお買い得。
  • この値段でほぼ全部ついているので安い方だと思う。レーダーブレーキサポートもついている。
  • 高グレードのモデルを選択しなければ価格は抑えられるし、GやLでも満足できる。
  • アルトと比較するとちょっと割高。

アルトラパンのコスパ評価は、装備充実にデザインも良いという満足度の高いクチコミが見られます。

アルトにも言える事ですが、軽量ボディなので自然吸気(NA)エンジンでも十分な走行性能があり、燃費も良いというのがコスパの高さに大きく貢献ぇ着ているイメージです。

軽自動車エンジン性能、パワー比較

ミラトコットとアルトラパン比較 安全性ではトコット、走りはラパン

5位:スズキ ワゴンR

ワゴンR

ワゴンRの価格帯:107万円~147万円 スティングレーの価格帯:129万円~177万円

軽自動車コストパフォーマンス評価ランキング5位はワゴンRです。

ワゴンRのノマルボディだけならもっとコスパ評価は高いのですが、スティングレーが評価を下げている印象です。ワゴンRノーマルボディだけの価格帯ならアルトラパンと一緒なので、明らかにワゴンRの方がコスパ高いですよね。

ワゴンRの価格満足度に関するクチコミを少し見てみます。

  • 自動ブレーキなどのセーフティパッケージつきでこの価格なら満足。特にオートライトはとても気に入っている。
  • 決算時の値引きやキャンペーンを駆使すると意外とお買い得。
  • 値段相応だと思う。もう10万円安ければ嬉しいが・・・。
  • コンパクトミニバンのようなインテリアには好感が持てるが、全体的には価格相応の仕上がり。
  • 軽自動車の価格としては高価だが、ライバルの上級グレードは同等の価格設定で横並び。カーテンエアバッグや自動ブレーキなど充実しているので満足。
  • 昔は軽自動車に200万円払うなんてタダの馬鹿だと思っていたが、いい買い物をした。
  • コンパクトカーを凌駕する動力性能・乗り心地なので価格は妥当。ただ単に軽自動車を買うという視点だと「あまりにも高い」ということになる。

ワゴンRのコストパフォーマンス評価は、概ね価格相応というクチコミが多いイメージです。グレードによる価格の幅が結構大きいので、装備内容やターボエンジンが必要かどうか?などしっかりと検討する必要があると思います。

特にスティングレーにするのなら、それなりの支払総額を覚悟する必要があります。

おすすめのハイブリッド軽自動車を比較!価格と燃費は?

6位:スズキ アルトワークス

アルトワークス

アルトワークスの価格帯:150万円~161万円

コストパフォーマンス評価ランキング6位はアルトワークスです。

アルトワークスはアルトをベースにエンジン、足回り、ボディ剛性などバリバリにチューニングされているスポーツモデルです。特にエンジン性能の評価が高く、手頃で人気のスポーツ軽です。

アルトワークスの価格満足度に関するクチコミを一部見てみます。

  • 150万円で買えるなら、かなり満足できると思う。
  • 安い。小さなホットハッチでMT車がない現状ではありがたい存在。
  • 価格相応。軽スポーツだと安い分類。
  • 本体価格は高めですが、十分に補うコスパだと思う。
  • 軽としては高いがが、こんな面白い走りをする車にしては安すぎる。
  • 5AGSではなくMTで、ついていない装備もあるので値段が高く感じる。
  • 安いと思う。ただ、走りに関する部分以外は80万円のベース車アルトとほとんど変わらないので、それをどう見るかによって評価は大きく変わる。

アルトワークスのコスパに関する評価は、この走りでこの価格は安いというイメージですね。コンパクト、MTと楽しい走りが安い価格で実現されていることが評価されています。

ただ、ベースはアルトなので・・・と考えると高く感じるかもしれませんね。もともと快適装備を求めるクルマではないのですが。

軽自動車にターボは必要?ターボモデルのパワーと燃費、価格を比較

7位:スズキ スペーシア

スペーシアの価格帯:133万円~158万円 カスタムの価格帯:157万円~190万円

軽自動車のコストパフォーマンス評価ランキング7位はスペーシアです。

価格が高い軽自動車の代表格であるスーパーハイトワゴンがランクインです。その中で一番コスパが高いとの評価はスペーシアになりました。133万円からの価格と低燃費で安全装備充実と、N-BOXよりもコスパが高いと感じる部分が多くあるのでしょう。

スペーシアの価格満足度に関するクチコミを少し見てみます。

  • 他社の同レベルの車の中ではお買い得に感じた。
  • N-BOXと比較すると装備を考えても割安。N-BOXはとりあえず装備をつけて魅力的に見えるが、不必要な装備で価格が上がっているのでは?使いこなせないと価値はない。
  • 高すぎる。200万円オーバーは辛い。でも性能、オプション考えれば満足。
  • 軽自動車で200万円はちょっと痛いが、青の価値は十分にあると納得して購入。
  • N-BOXよりも安いという触れ込みだが、クルマの出来を考慮するとどちらがお買い得か?
  • この値段ならソリオなどを考えてみるのもいいかも。
  • カスタムはやはり、普通のソリオが買えるほど高い。それが問題だと感じる。

スペーシアのコストパフォーマンスに関する評価は、価格は高いがそれに見合った内容なので満足しているといったイメージです。また、最大のライバルであるN-BOXとの比較するクチコミも多く見られます。

ただ、200万円オーバーの支払額になってくると、同じスズキの普通車ソリオとも競合してきているようです。

新型スペーシアカスタムとソリオを比較!価格や燃費、試乗・走行性能に安全性能は?



軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

軽自動車のコストパフォーマンス評価ランキング8位からの紹介

軽自動車のコストパフォーマンスランキング上位は、スズキが圧倒的な強さをみせています。7モデル中6モデルがスズキの軽自動車でした。

スズキの軽自動車は車両価格が安いだけでなく、低燃費で安全装備も充実しているので、コスパが高いのも納得できます。

8位:ホンダ N-WGN

N-WGN

N-WGNの価格帯:109万円~145万円 カスタムの価格帯:138万円~170万円

  • 少し高めに感じるが、サイドカーテンエアバッグが標準なので高めではないと思う。
  • 軽自動車自体が昔より高くなっているのでライバルと比較しても高くない。
  • これだけの装備であれば妥当だと思う。全体的に軽自動車は高くなっていると感じた。
  • スライドドアが必要ないならN-BOXよりお買い得感はある。
  • ちょっと高い。でも装備を考えると‥。出来ればもう少し下げて欲しい。
  • 少し高いと思ったが、性能が良くコスパの良さを実感。
  • リセールバリューが異常に高いのでよかった。
  • 車両価格はコンパクトカークラス並み。

N-WGNのコスパは、高いが装備内容や性能を考えれば妥当との評価が多いイメージです。ワゴンRが2017年にモデルチェンジする前までなら、コスパも優位性があったようですが、新型ワゴンRが発売されてから劣勢になった印象です。

新型ワゴンRとNワゴンを比較 価格や燃費・乗り心地評価

9位:ホンダ N-ONE

N-ONE

N-ONEの価格帯:120万円~177万円

  • 色々オプションつけると210万前後になるので値引きがないと割高。しかあい、この仕上がりならそれでも買う価値ありだと思う。
  • 軽自動車なので値引き率も悪く高い。でも納得感がN-ONEにはある。
  • 価格だけ見るとコンパクトカーと変わらないので高いが、装備を同じにすると結構差が出る。
  • 高く感じたが、コンパクトカーで同じ性能求めるより安いので許容範囲。維持費考えると年間10万安くなる。
  • 軽としては高めだが、ターボ付き軽としては安め。
  • ターボとしては安い。が、これならコンパクトーと迷うレベル。
  • コスパ気にしてダメ車買って後悔したくないのであれば。

N-ONEのコストパフォーマンスは、高いが内容考えれば仕方ないといった評価が多いようです。軽自動車のターボとして考えると安いといったクチコミも多く見られます。

N-ONEは軽自動車の中でライバルがいない状況なので、コンパクトカーとの競合を意識している人が多いイメージです。

10位:ダイハツ コペン

コペンの価格帯:185万円~212万円

  • 軽のくせに高い!とよく言われる。
  • 2シーターなのでメインの車にならず、セカンドカーとして考えると200万超える価格は高い。
  • 内装の質感が上がれば妥当だが、今の内容だと高い。
  • 軽自動車としては高いが、内容を考えるとリーズナブル。
  • トランクションコントロール、オートエアコン、LEDなど装備は向上しているのに価格は安く感じる。
  • こんな価格で楽しく運転できる!と思える車。
  • 安い方か高いかというならオープンカーという部類なら安い。

コペンのコストパフォーマンスは、軽自動車として見てしまうと高いと感じるクチコミが非常に多く見られます。が、軽自動車という視点ではなく、運転して楽しいオープンスポーツという視点で見ると、高くないと感じている人が多いようです。

お金に余裕のある人のセカンドカーという方も多いようですね・・・。

おすすめのスポーツモデルの軽自動車ランキング

11位:ホンダ S660

S660

S660の価格帯:198万円~228万円

  • 他の軽ターボでもオプション次第では200万円超えるから安いと思う。
  • 専用シャシーでよくこの価格で抑えられたと思う。
  • 軽自動車としては1番高い高級車だが、専用設計のMRスポーツカーとして考えるとむしろ安い。輸入車だと2倍ぐらいに値段になるのでは?
  • 世界一安いスーパーカー。
  • 設定198万からでは高い。
  • もうちょっと頑張ってロードスターを買うことをおすすめ。
  • 予算があればロードスターを選べば間違いない気がする。

S660は198万円~228万円と最も高い軽自動車でありながら、S660の内容を考えると高くても納得というクチコミが多いです。が、もう少しお金出せばロードスターなどが買えてしまう価格帯は、コストパフォーマンスとしては?なクチコミを見られます。

男性におすすめの軽自動車!人気なのはカスタムモデル、SUV、スポーツモデル

12位:ダイハツ ムーヴ

ムーヴの価格帯:111万円~147万円 カスタムの価格帯:137万円~174万円

  • ノーマルターボ車はノンターボとの価格差は6万円と小さい。カスタム系が必要なければかなりお買い得感あり。
  • 安くはない。コンパクトカーと似た性能になった結果、価格も似た設定になった。
  • だんだんと高くなってきた。150万円で購入。最初は120万円で買えたのに。
  • 本来の軽は90~120万円くらいで選ぶのが個人的にはおすすめ。
  • 軽自動車なのに‥って思うと買えない。とにかく高い。
  • グレードによって違うが、他の軽と比較するとちょっと高いと感じる。

ムーヴの価格帯は、最新のワゴンRと同じ価格帯のためコスパは悪く感じても仕方ないのかもしれません。特にカスタムのコスパは評価が低くなっているイメージです。

13位:ダイハツ タント

タント

タントの価格帯:122万円~165万円 カスタムの価格帯:152万円~187万円

  • 軽もコンパクトカーと同じ価格帯なので驚く。
  • スーパーハイトワゴンとしては、比較的お求めやすい価格。コスパ的に良い。
  • 装備内容考えると仕方ない。ただ、軽自動車としては高い。
  • 豪華装備なので高くても仕方ない。もう少しオプション設定に自由度が欲しい。
  • エアバッグが高い。安全装備は標準にして価格を抑えて欲しい。

タントのコスパは、新型スペーシアと比較すると悪いイメージになっています。

装備充実なので価格は高くても仕方ないとのクチコミが多く見られますが、新型スペーシアの装備充実度はタントを上回っているので、スペーシアよりコスパが低く感じるのは当然かもしれません。

軽自動車のスライドドアを比較 スライドドア使い勝手NO1はタント!

14位:ダイハツ キャスト

キャストアクティバ

キャストの価格帯:122万円~177万円

  • ベースグレードなら装備の面でも満足できる。
  • キャストは高級感があるせいか価格は高いと思う。
  • 正直高い。が、全体のパッケージの出来からして悪くないと思う。
  • もう10万円安ければ文句なし。
  • 高い。1500ccくらい買えそう。
  • フィットのガソリン車のほうが安いかも・・・。
  • ハスラーと比較すると割高感がある。クルマとしてならキャストの方が完成されている気がするが、軽自動車なので安い方が売れるでしょう。

キャストには「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」と3つの異なるデザインがラインアップされていますが、一番人気はハスラー対抗のSUVアクティバです。

よってハスラーとコスパで比較されがちなのですが、やはりハスラーの方が安くコスパは高いイメージです。装備内容考えるとキャストが上なのかもしれませんが・・・。

15位:ホンダ N-BOX

N-BOXの価格帯:138万円~188万円 カスタムの価格帯:169万円~208万円

  • いざ買うとなったら高いなと思ったが、乗ってみると機能の充実など高いとは思えない。
  • 高すぎる。値引きも期待できない。ナビやリアモニターなど純正で揃えたらオデッセイなんら変わらない価格となっている。
  • いいクルマなのは分かるが高い。他社との車両価格差は10万円前後だが、オプションや値引きで20万くらいの差になった。
  • これだけ上質な乗り味だから高いとは言えないが、同じ価格帯で出来のいい小型車も買えてしまうのが悩ましい。
  • 軽自動車を半分捨てたような値段。
  • 総額で安い軽自動車2台分と考えると高いが、小さな普通車を買ったと思えば妥当。

N-BOXの価格はとにかく高いとのクチコミが多数です。が、装備内容や走行性能など考えれば妥当と考えているようです。最新のホンダゼンシングが標準装備されているのでコスパは高いとのクチコミも多くあります。

ただし、これだけの価格なので、競合には完成度の高い普通車が視野に入ってきているようです。

N-BOXとルーミー・タンクを比較 価格や燃費、試乗・走行性能比較
自動運転の軽自動車を比較 運転支援システムでおすすめはN‐BOX!

16位:ダイハツ ウエイク

ウェイク

ウェイクの価格帯:135万円~184万円

  • 200万円出すならもう少し頑張ればノアやセレナ買える。大きいクルマ運転できないので軽にしたが・・・。
  • あと20万円安いと嬉しいが…。
  • 200万円軽く超えた。さすがに高いが、似たようなクルマは無いので仕方ない。
  • N-BOXと比較すると似た感じなので仕方ない。
  • 高めだが、装備面を考慮すると仕方ない。
  • 最近の車についてそうなチルトステアリング、シートリフター、ウィンカーミラーなど標準装備されてなく割に合わない。
  • ミライースやムーヴ・タントとベースが同じことを考えると高いと感じる。

ウェイクもスーパーハイトワゴンらしく、高いが仕方ないというのがコスパに関するイメージです。ただし、装備内容に多少の不満もあるようなので、N-BOXとは少し違うかもしれませんねん。

17位:日産 デイズルークス

デイズルークスハイウェイスター

デイズルークスの価格帯:130万円~203万円

デイズルークスの価格帯はスーパーハイトワゴンとしては普通ですが、N-BOXやスペーシアと比較すると、自動ブレーキなどの装備内容や走行性能で見劣りするせいか、コストパフォーマンス評価はかなり低めになっています。

燃費の悪さも悪影響かもしれません。

新型N-BOXとデイズルークスを比較 価格や燃費、試乗・走行性能などの違いは?

18位:ダイハツ ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバスの価格帯:118万円~166万円

ムーヴキャンバスは、レトロなスタイリングとインテリアデザインが女性に人気ですが、コスパ評価は低いです。

ターボの設定がないにも関わらずオプションつけていたら200万円程度の価格に!なんてクチコミが多く見られます。

ターボなく車重が重いので、走行性能が低く、コスパも悪い・・・。ただ、デザイン気に入れば問題ないのでしょう。

軽自動車のコストパフォーマンスランキングまとめ

軽自動車はコストパフォーマンスが大事だと思っていましたが、決してそうとは言い切れないのですね。売れている車がコスパ評価が高いとは限らないのですから。N-BOX見てると一目瞭然です。

2018年人気の軽自動車販売台数ランキング

コスパ評価のランキングだけに注目すると、スズキの軽自動車の強さが際立っています。軽自動車の本質を一番わかっているメーカーかもしれませんね。

ただ、軽自動車の立ち位置も昔と比較すると大きく変わってきているのかもしれません。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車の性能比較ランキング

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.