N-BOX

N-BOXの色選びで悩む?人気色・不人気色?白か黒か?それともカスタムのブロンズが人気か?

更新日:

今、日本で一番売れている現行N-BOXは、2017年にモデルチェンジされた2代目です。
2020年12月にマイナーチェンジし、ライバルのスペーシアやタントをさらに引き離す魅力的な軽自動車になりました。

圧倒的な室内の広さや、軽自動車とは思えない質感、走りの良さに、安全性能の高さなど、どれもトップクラスの実力を持っていいるので、人気になるのも納得です。

関連リンク
乗り心地が悪い軽自動車は嫌!乗り心地ランキング
おすすめの室内の広い軽自動車を買う!室内空間の比較・ランキング
荷室スペース(トランク)が広い軽自動車のランキング

N-BOXを買おうと思っている方が悩むのが色選びでしょう。N-BOXには多くの色がラインアップされています。

  • N-BOX:11色
  • N-BOXカスタム:9色

N-BOXの人気色や不人気色、など色選びの参考になれば。

新型N-BOXへの乗り換えをしたい方におすすめの方法

N-BOXへの乗り換えを考えている方へ!
今乗っているクルマを1円でも高く売る方法を知っていますか?

ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。

クルマの情報を記入して送るだけで、複数社の買取業社へ査定依頼をしてくれて、比較検討することができるサービスを活用しませんか。

ディーラーの下取り見積もり価格と、一括査定での最も条件の良い買取価格を比較して、ディーラーに下取り価格アップや値引き拡大の交渉に利用しましょう。もちろんそのまま買い取ってもらってもOKですしね。

一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例もあります
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

N-BOXの新車見積りを簡単にもらう方法があります。
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力でSUVの新車の無料見積り】

N-BOXを新車で買うのも良いですが、中古車も多く流通しています。
【条件に合うN-BOXの中古車をかんたんに探す方法】

N-BOXの人気色はやはり定番の白!

N-BOXといえばやはり定番の白が人気です。
ただし、N-BOXの白には3種類あります。

  • プレミアムサンライトホワイト・パール
  • プラチナホワイト・パール
  • タフホワイトⅢ

↑プレミアムサンライトホワイト・パール

プレミアムサンライトホワイト・パールはN-BOXにだけラインアップされている色で、N-BOXカスタムでは選ぶことができません。

ホワイトパールがベースですが、光の当たり方で見え方が変わり、青っぽく見えたり、黄色っぽく見えたりと様々な表情を見せてくれる色です。

優しいイメージのボディカラーなので、N-BOXカスタムには似合わないので、採用されていないのではないでしょうか。

N-BOX標準ボディのイメージカラーになっている色です。カタログやHPなどはこのプレミアムサンライトホワイト・パールが掲載されることが多いです。

ただし、この色は有償カラーで55,000円が必要となります。150-160万円程度の車両価格に対して5.5万円のボディカラー費用は少々高く感じますね。

人気の定番白にはもう1色「プラチナホワイト・パール」があります。

↑N-BOX プラチナホワイト・パール

↑N-BOXカスタム プラチナホワイト・パール

プラチナホワイト・パールはN-BOXカスタムでも選ぶことが出来る、まさにド定番の白です。
パールホワイトなので、真っ白というよりも上質な輝きがあるボディカラーです。

プラチナホワイト・パールも有償ボディカラーとなっていますが、価格は33,000円とプレミアムサンライトホワイト・パールよりも安くなっています。

さらに、まさに真っ白の「タフホワイトⅢ」があります。

↑タフホワイトⅢ

タフホワイトⅢは有償ボディカラーではないコスパの良い色ですが、標準ボディのベーシックグレード「G」でしか選ぶことができません。受注生産に近い状態でしょう。

定番の白いボディカラーのN-BOXならば、プラチナホワイト・パールが個人的にはおすすめです。
プレミアムサンライトホワイト・パールは、遠くで見ると薄い青っぽいクルマに見えたりもしませんか??

ただし、白い色は汚れが目立ちます。
特に水垢は目立つのでコマメな洗車をしないと、きれいな状態を維持できないのは白いボディカラーのデメリットです。




N-BOXカスタムは黒が似合うが標準ボディは・・・

白に次いで定番のボディカラーは黒です。N-BOXではクリスタルブック・パールです。
パールブラックなので真っ黒よりも少し明るい印象の色です。輝きのある黒?といったイメージです。

↑N-BOX クリスタルブック・パール

↑N-BOXカスタム クリスタルブック・パール

黒のN-BOXは標準ボディのN-BOXよりもN-BOXカスタムの方が断然似合っていると思います。
上質なカッコ良さがあるデザインのN-BOXカスタムには黒いボディカラーがしっくりきます。

標準ボディの黒はデザインの雰囲気と合ってないような気がします。

クリスタルブック・パールのメリットは有償ボディカラーではないことです。
プラチナホワイト・パールは有償なのに黒のパールは0円です。カッコ良いカスタムのボディカラーを0円で選べる黒はおすすめです。

ただし、黒は白以上に汚れやほこりが目立ちます!

シルバー・グレーのN-BOXは黒・白に次ぐ人気色

白や黒に次いで人気の色はシルバー・グレーです。

  • ルナシルバー・メタリック(標準ボディ)
  • シャイニンググレー・メタリック(カスタム)

標準ボディのN-BOXにはシルバーです。
シルバーでも少しダークなシルバーが採用されています。

↑ルナシルバー・メタリック

カスタムにはシルバーよりも濃いグレーです。
カスタムにはやはり濃いめの色が良く似合います。

↑シャイニンググレー・メタリック

メタリックカラーなので光で輝きを放つシルバー・グレーです。白や黒のボディカラーと比較すると汚れが目立ちにくいのが大きなメリットです。
また、有償ボディカラーでないのでコスパも良いです。

N-BOXカスタムのグレーは意外と多くないので、人と被りも少なく、カッコ良いボディカラーのチョイスだと思います。

N-BOXカスタムではブロンズが人気?茶色のN-BOX

N-BOXを代表するボディカラーは定番の白と黒以外には茶色があります。

  • プレミアムアガットブラウン・パール(標準ボディ)
  • プレミアムグラマラスブロンズ・パール(カスタム)

標準ボディとカスタム両方に茶色はありますが、標準ボディはブラウンで、カスタムはブロンズとなっています。

↑N-BOX プレミアムアガットブラウン・パール

標準ボディのブラウンはまさに茶色です。もちろんパールブラウンなので上質なイメージです。が、あまり人気のボディカラーではないようです。

↑N-BOXカスタム プレミアムグラマラスブロンズ・パール

N-BOXカスタムの茶色はブロンズで、茶色に黒と赤を足したようなボディカラーです。こげ茶と言った方がよいでしょうか。

かなり黒に近いトーンなので、ダーク系が似合うカスタムでは意外と人気のあるボディカラーです。

ブラウンとブロンズのボディカラーは有償ボディカラーで、どちらも33,000円になります。

黒ほど汚れが目立たないのはメリットです。

あまり見かけない緑とピンクのN-BOX

珍しいボディカラーとして緑とピンクがあります。どちらも標準ボディでのみ採用されている色になります。

  • ブリティッシュグリーン・パール
  • ピーチブロッサム・パール

街中にはとても多くのN-BOXが走っていますが、この2色はそれほど多くないですよね。

ブリティッシュグリーン・パールは、深みのある濃いめの緑です。この深みのある緑は、ミニではよく見かけるボディカラーのイメージです。
個人的にはN-BOXに似合うかどうかは少々疑問です。

 

ピーチブロッサム・パールは「上品で落ち着きある清楚なピンク」と説明されています。たしかに結構似合っている気がします。

ただ、個人的にはピンクのボディーカラーは軽自動車っぽさが強まるイメージがあります。男性も選びにくいですよね。

また、ピーチブロッサム・パールは有償カラーで33,000円となっています。

N-BOXカスタムの青と紫も多く見かけないボディカラー

カスタムにもあまり見かけないボディカラーがあります。青と紫です。

  • ミッドナイトブルービーム・メタリック(新色)
  • プレミアムベルベットパープル・パール

ミッドナイトブルービーム・メタリックは2020年12月のマイナーチェンジの際に追加された新色です。

青といっても濃いめの青です。ネイビーに近い青です。

この色カスタムに似合っていると思います。新色なので、街中であまり見かけることもないので、個性を出したい人には狙い目のボディカラーだと思います。

有償ボディカラーなので33,000円高くなりますが。

プレミアムベルベットパープル・パールも33,000円高くなるボディカラーです。

プレミアムベルベットパープル・パールは濃いめの紫です。この色のカスタムはN-BOXに限らず、他のスーパーハイトワゴンのカスタムに昔から良く使われているボディカラーのイメージがあります。

個人的には、乗るには勇気のいる色です。
ヤンキーっぽくも、キザっぽくも、見えてしまいがちなこの色の選択は、自分にはハードル高いです。




N-BOXの2トーンカラーは「コーディネートスタイル」で選ぶ

N-BOXには2トーンカラーも設定されています。

N-BOX コーディネートスタイルの2トーンカラー

標準ボディには3色が設定されていて、中間グレード「L」に設定されている「コーディネートスタイル」で選ぶことができるボディカラーです。

  • プラチナホワイト・パール&ブラウン
  • ピーチブロッサム・パール&ブラウン
  • プレミアムアイボリー・パール&ブラウン

ルーフの色はすべてブラウンが組み合わされます。

↑プラチナホワイト・パール&ブラウン

2トーンカラーが選べる「コーディネートスタイル」ではアルミホイールのデザインも変わります。
レトロなデザインのアルミホイールが採用されています。

レトロなデザインのアルミホイールとプラチナホワイト・パール&ブラウンのやわらかくてマイルドなボディカラーは良く似合っていると思います。

↑ピーチブロッサム・パール&ブラウン

ピンクパールにブラウンも相性が良いです。
ピーチブロッサム・パール単色よりもこちらの方が、断然おしゃれで可愛いイメージになります。

↑プレミアムアイボリー・パール&ブラウン

プレミアムアイボリーは単色でも用意されていないボディカラーです。同系色のブラウンとの相性も良く、カジュアルなイメージになっています。

N-BOX カスタム コーディネートスタイルの2トーンカラー

カスタムも標準ボディと同じく3色用意されていて、中間グレード「L」に設定されている「コーディネートスタイル」で選ぶことができるボディカラーです。

  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック&ブラック
  • プラチナホワイト・パール&ブラック
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー

ルーフは標準ボディとは違いブラックとシルバーが用意されています。

↑プレミアムクリスタルレッド・メタリック&ブラック

N-BOXではこの2トーンカラーでしか赤はラインアップされていません。
赤のボディに黒のルーフの組み合わせはカッコ良いです。

プレミアムクリスタルレッド・メタリックは「クリアな輝きの中に深みがある」という、N-BOXカスタムのこだわりボディカラーとなっています。

↑プラチナホワイト・パール&ブラック

ベーシックな白にブラックルーフは、2トーンカラーの定番中の定番ボディカラーだと感じます。
標準ボディは白にブラウンの優しい雰囲気なので、キリっとしたカスタムとのすみ分けもできてますね。

↑ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー

唯一のシルバーカラーのルーフが採用されています。濃色系の2トーンカラーはこの組み合わせだけになります。

N-BOXの色選びまとめ

N-BOXには多彩なカラーバリエーションがあり、色選ぶで悩むことも多いと思います。
全色について紹介してきましたが、個人的におすすめなボディカラーをまとめます。

N-BOX標準ボディ

1位:プラチナホワイト・パール

2位:ルナシルバー・メタリック

3位:プラチナホワイト・パール&ブラウン

いずれも薄い色が中心です。

N-BOXカスタム

1位:クリスタルブック・パール

2位:プレミアムグラマラスブロンズ・パール

3位:ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー

関連リンク
N-BOXとルーミー・タンクを比較 価格や燃費、試乗・走行性能比較
N-BOXは新型タントより優れている?高級感と乗り心地を比較すると
N-BOXとフィットを比較 燃費や価格、走行性能など買うなら?

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-N-BOX

Copyright© カースペックマニア【2021年度】 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.