人気軽自動車のライバル比較

ムーヴキャンバスとタントの違いを比較 スライドドア軽自動車のおすすめはどっち?

投稿日:

軽自動車で便利な機能として人気なのはスライドドアです。スライドドアを採用している軽自動車が販売台数ランキングでも上位を独占している状況です。

2020年販売台数ランキング

  1. N‐BOX
  2. スペーシア
  3. タント

販売台数トップ3すべてスライドドアの軽自動車です。

このスライドドア軽自動車に中でも、ムーヴキャンバスはちょっと異質な存在になっています。
それはムーヴキャンバスは全高が1655mmと、1700mm以上の全高とスライドドアがセットとなっている他のライバルよりも背が低いことです。

全高1700mm以上のスーパーハイトワゴンは、軽自動車とは思えない程の広い室内空間が魅力です。スーパーハイトワゴンほどの室内空間ではないムーヴキャンバスの人気の秘密はどこにあるのでしょうか?

同じダイハツのタントと比較してムーヴキャンバスの魅力を紹介していきます。

ムーヴキャンバス・タントへ乗り換えをしたい方におすすめの方法

ムーヴキャンバス・タントへの乗り換えを考えている方へ!
今乗っているクルマを1円でも高く売る方法を知っていますか?

ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。

クルマの情報を記入して送るだけで、複数社の買取業社へ査定依頼をしてくれて、比較検討することができるサービスを活用しませんか。

ディーラーの下取り見積もり価格と、一括査定での最も条件の良い買取価格を比較して、ディーラーに下取り価格アップや値引き拡大の交渉に利用しましょう。もちろんそのまま買い取ってもらってもOKですしね。

一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例もあります
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

ムーヴキャンバス・タントの新車見積りを簡単にもらう方法があります。
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力でSUVの新車の無料見積り】

ムーヴキャンバス・タントを新車で買うのも良いですが、中古車も多く流通しています。
【条件に合うムーヴキャンバス・タントの中古車をかんたんに探す方法】

スタイリングデザインは断然ムーヴキャンバスがおすすめ

↑ムーヴキャンバス

↑ムーヴキャンバス

レトロなバスのような雰囲気で可愛いデザインです。
ツートンのカラーリングがまたセンス良く、女性からの人気が非常に高くなっています。

↑タント

ムーヴキャンバスと比較すると、タントは目元のヘッドライトが細目になっているので、愛嬌があるのはムーヴキャンバスですね。

↑タントリア

タントのリヤデザインは、少し素っ気なさを感じます。リヤデザインもムーヴキャンバスが愛嬌があって良いです。

デザインはあくまでも個人の好みがあるので、ムーヴキャンバスが絶対良いともいえません。
ただし、タントはデザイン優先で購入というよりも「広い室内空間」と「便利な両側スライドドア」が購入動機では上で、ムーヴキャンバスは「デザイン」が気に入って購入するという傾向があります。

人気のおすすめ軽自動車デザイン比較 クチコミ評価・満足度ランキング

スライドドアの使い勝手は断然タント

スライドドアは乗り降りのしやすい便利な機能です。その中でも圧倒的なアイディアで使いやすさバツグンなのはタントです。

タントはミラクルオープンドアといって、助手席ドアと助手席側のスライドドアを開けると、開口幅1490mmもの広いスペースが実現されています。

前席と後席の間にあるピラー(柱)を無くすことで、広いスペースを作るというアイディアです。
正確にはピラーはドアに内蔵されているので、無くしているわけではありません。

乗り降り簡単で、ベビーカーなどの大きな荷物の積み下ろしも便利です!

タントのミラクルオープンドアと比較すると、ムーヴキャンバスのスライドドアは一般的なスライドドアになっています。

ただし、ムーヴキャンバスのスライドドアの魅力はハイトワゴンに採用されていることです。

ハイトワゴンでのライバルはワゴンRやN‐WGN、同じダイハツのムーヴになりますが、どのモデルもヒンジ式の普通のドアなので、スライドドアによる利便性の高さはワイトワゴンの中では一番です。

軽自動車のスライドドアを比較 スライドドア使い勝手NO1はタント!
乗り降りがしやすいおすすめのスライドドア軽自動車を比較

あと、2台ともスライドドに予約ロック機能があることは、大きなアドバンテージです。

オプションでパワースライドドアを装着できるのですが、このパワースライドドアの閉まるスピードが結構遅いんです。全部閉まらないとドアロックできないので、待つ時間が結構あります。

そんな時、予約ロック機能があれば、閉まりきるまで待たなくても、ドアが閉まれ自動的にロックしてくれます。地味なようですが意外と便利です。

スライドドアの使い勝手は断然タントがおすすめですが、ハイトワゴンにスライドドアが採用されているのがムーヴキャンバスの魅力です。




室内空間のスペースはタントが広い

タントは1750mmの高い全高を活かして、1365mmという高い室内高が実現されています。

  タント ムーヴキャンバス
室内長 2180mm 2115mm
室内幅 1350mm 1345mm
室内高 1370mm 1285mm

*2021年3月データ

室内長も室内高もタントが大きく広い室内空間となっています。
当然の結果ではありますが、少しでも広い軽自動車が欲しいのなら、タントがおすすめとなります。

ただ、タントの1370mmという室内高は、スーパーハイトワゴンの中では低いです。

車種 室内高
ウェイク 1455mm
スペーシア 1410mm
N‐BOX 1400mm
デイズルークス 1400mm
タント 1365mm

*20121年3月データ

本当に広い室内スペースの軽自動車が欲しいのならば、タントよりもN‐BOXやスペーシアの方がおすすめとなります。

一方、ムーヴキャンバスの室内高はハイトワゴンの中では広い方です。

車種 室内高
N-WGN 1300mm
ムーヴキャンバス 1285mm
ムーヴ 1280mm
ワゴンR 1265mm

*2021年3月データ

同じハイトワゴンの中では、ムーヴやワゴンRよりも室内高に余裕がありますが、N-WGNの方が室内高は高いです。
N-BOXもそうですが、ホンダの室内空間の広さは大きな魅力です。

おすすめの室内の広い軽自動車を買う!室内空間の比較・ランキング

インテリアや収納アイディアはムーヴキャンバスがおすすめ

↑ムーヴキャンバス

↑タント

同じダイハツなのでインテリアの基本設定も似ているのですが、やはりカラーリングでしょうか。スタイリングと同じく、ムーヴキャンバスの方がおしゃれで可愛い雰囲気に仕上がっています。

ムーヴキャンバスのインテリアカラーは「アクセントカラー」と呼ばれ、上の画像の「ファインミント」の他に「ミストピンク」「マイルドモカ」が用意されています。

ボディカラーと合わせてコーディネイトが楽しめるあたり、女性に人気の理由になっているのでしょう。

軽自動車のインテリア比較ランキング

室内の使い勝手については、ムーヴキャンバスの「置きラクボックス」はおすすめです。
リアシートの下に引き出し型の収納ボックスが装備されています。

買い物した荷物をリアシートにそのまま載せる事よくあると思うのですが、倒れたりする可能性もあるので気を使います。
かといって、フロアに直接置くのも気が引けます。そんな時には、中敷きを上げてバケットモードにすれば、倒れやすい荷物を安定して置くことが出来ます。

↑ムーヴキャンバスの置きラクボックス使用例

一方、タントは収納よりも、シートアレンジなどの使い勝手に優れています。

運転席、助手席どちらもロングスライドが可能になっているので、運転席に座ったまま後席の子どもの世話ができるなど、様々な使い方ができるようになります。

 

使い勝手については、ムーヴキャンバスは若い独身女性が使いやすい工夫がされていて、タントは小さな子供のいるファミリーの使い勝手を考えた工夫がされています。

ムーヴキャンバスとタントのエンジン・走行性能の違い

ムーヴキャンバスとタントではエンジンラインアップに決定的な違いがあります。
それはムーヴキャンバスにはターボエンジンの設定がないことです。

ムーヴキャンバスとタントの自然吸気エンジンのスペック比較です。

ムーヴキャンバス タント
最高出力(ps/rpm) 52/6800 52/6900
最大トルク(kgf・m/rpm) 6.1/5200 6.1/3600
車重 920kg 880kg

自然吸気エンジン自体のスペックは一緒です。

が、車重がボディサイズの小さいムーヴキャンバスの方が重くなっているため、加速性能はタントが上回ります。

また、タント低い回転数で最大トルクが発生するとので、アクセルの踏み込み量少なく加速するので、扱いやすいエンジンです。

2016年に発売されたムーヴキャンバスよりも、2019年にモデルチェンジされたタントの方が、軽量化が進み、新しいエンジンに改良されるなどの進化の差があります。

軽自動車エンジン性能、パワー比較
軽自動車にターボは必要?ターボモデルのパワーと燃費、価格を比較

乗り心地や走行性能にも違いがあります。

タントの乗り心地はモデルチェンジされた新型では、乗り心地の悪かった先代タントから大きく改善されているとの評価です。
ただし、乗り心地は若干硬めとなっていて、乗り心地評価の高いN-BOXの方がおすすめです。

ムーヴキャンバスは、タントよりもさらに乗り心地評価が低いです。
こちらも乗り心地が硬く、コツコツと路面の凸凹を拾うとの不満も多いです。見た目のソフトなイメージとのギャップもあることが評価が低くなる要因でしょう。

乗り心地が悪い軽自動車は嫌!乗り心地ランキング




ムーヴキャンバスとタントの価格帯は?

ムーヴキャンバスとタントの価格帯を比較すると

  • ムーヴキャンバス:143万円~150万円
  • タント:134万円~149万円

2WDの自然吸気エンジン同士で比較すると、意外なことにタントの方が安い価格設定になっています。

2019年にモデルチェンジされたタントは、ムーヴキャンバスよりも新しいモデルだけに安全装備などもムーヴキャンバスよりも若干充実しています。

コスパを考えると間違いなくタントがおすすめです。

ムーヴキャンバスか?タントか?どっち?まとめ

ムーヴキャンバスとタント、どっちにするかで悩んでいる方に参考にさればと比較してきたまとめです。

ムーヴキャンバスのメリット・魅力

  • おしゃれで可愛いデザインの見た目とインテリ・内装
  • ボディカラーやインテリアカラーも豊富で遊び心あり
  • ハイトワゴンの中で唯一の両側スライドドア

タントのメリット・魅力

  • 広い室内スペース
  • ミラクルオープンドアの使い勝手の良さ
  • シートアレンジが豊富で様々な使い方ができる
  • ターボエンジンもラインアップされていている

ムーヴキャンバスのデメリット

  • 車重が重くターボのないのでパワー不足
  • 車両価格が高くコスパが悪い
  • 乗り心地があまり良くない(硬い)

タントのデメリット

  • N-BOXと比較すると若干狭い室内スペース
  • 乗り心地が若干硬く、N-BOXやスペーシアに劣るとの評価

結論はタントがおすすめです。
どうしてもムーヴキャンバスの見た目が好きという以外はタントを選ぶ方が、メリットは大きいと思います。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-人気軽自動車のライバル比較

Copyright© カースペックマニア【2021年度】 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.