クロスビー ライズ

クロスビーかライズか?どっちを選ぶ?

投稿日:

コンパクトSUVの中でも全長4m未満のクロスビーとライズを比較します。

2020年販売台数

  • ライズ:126,038台
  • クロスビー:15,546台

ライズは2020年の乗用車販売台数ランキング2位に入ったほど売れたSUVなので、クロスビーとは桁が違うほどの台数でした。

ライズは2019年11月に発売されたばかりの新型車で、2017年に発売されたクロスビーは販売台数では不利な条件でした。

販売台数ではライズが圧倒的に売れていますが、クロスビーもユーザー評価の高いコンパクトSUVです。

クロスビーとライズのスタイリングデザインに違いあり

どちらも4m以下のコンパクトなボディサイズですが、見た目には大きな違いがあります。

↑ライズ

ライズは力強いクロカンっぽいデザインで、コンパクトボディに見えないほどの迫力があります。
ミニRAV4といったイメージでしょうか。

リアのデザインも四角っく力強いデザインで、ライバルのコンパクトSUVにはないデザインで個性的ですね。
ライズの人気はこのデザインによるところも大きくなっています。

一方、クロスビーはワゴンボディー風なSUVでライズとは全く違うタイプです。

↑クロスビー

クロスビーは丸目のヘッドライトで愛嬌のある可愛いデザインです。ミニクロスオーバーのような雰囲気ですね。
とにかく愛着がわくフロントデザインで、このデザインが気に入って購入する人が多くなっています。

また、カラーバリエーションが豊富で、2トーンや3トーンボディカラーもラインアップされています。
チャレンジングなボディカラーを選んでも似合ってしまうデザインなので、ボディカラー選びも悩みますよね。

関連リンク
クロスビーのボディの色選びで後悔しないのは1番人気のアイボリーか?

デザインは好みの問題ですが、デザインについてのユーザー評価はクロスビーの方が高くなっています。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-クロスビー, ライズ

Copyright© カースペックマニア【2021年度】 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.