軽自動車の性能比較ランキング

軽自動車の4WDに乗り換える!価格と燃費、最低地上高比較

更新日:

軽自動車に乗り換える方の中には4WDを検討中の方もいると思います。雪道を走る方やオフロード走行をするには4WDが必要です。

軽自動車は雪道でのブレーキングに関しては車重が軽いことがメリットとなりますが、動き始めや轍などではデメリットとなります。怖いのはブレーキの時が多いので、雪道では意外と4WDの軽自動車はおすすめです。最近の軽自動車はすべてABSもついています。

2018年おすすめの人気軽自動車ランキング

軽自動車4WDの最低地上高の比較

軽自動車に4WDを求める方の理由は様々だと思います。

  • 雪が多い地域のため
  • ウィンタースポーツへ出かけるため
  • キャンプなどアウトドアへ行くため
  • 本格的なクロカン走行を楽しむため

雪道を走るにしても、悪路を走るにもしても、最低地上高が高い方が走りやすいです。除雪が行き届いている雪道ならそれほど問題ないですが、突然のドカ雪や除雪が遅れがちなメインから外れた道路などでは、ボディの下面がにつかえてしまう可能性があります。

通常の最低地上高は150mmです。これは軽自動車も普通車も一緒です。この150mm以上の軽自動車は

車種 最低地上高
ジムニー 200mm
キャスト アクティバ 180mm
ハスラー 175mm
バモス 165mm
アトレーワゴン 160mm
ミライース 160mm

*2017年6月時点データ

圧倒的な最低地上高の高さを誇るのはジムニーの200mmです。これは本格的なクロカン走行が楽しめるだけの性能があります。ただ、ここまでの性能を求める方は少数派かもしれません。

おすすめは、キャストアクティバとハスラーです。この2台ぐらいの最低地上高があれば、ちょっとした荒れた道程度なら問題なく走ることが出来ます。

キャストアクティバ

↑キャストアクティバ

正直160mm程度ではあまり変わらないかもしれません。



軽自動車4WDの燃費は悪い?

4WDは2WDと比較すると燃費が悪くなります。タイヤ2つ動かすのと4つ動かすのとでは、燃費が違って当たり前です。

ただ、車種によって2WDとの燃費差が違うので紹介します。まずはノンターボ(NA)エンジンモデルから。

ノンターボ(NA)4WDの燃費比較

SUVタイプ
車種 4WD 燃費差
ジムニー なし なし
ハスラー 30.4km/L ▲1.6km/L
キャストアクティバ 26.8km/L ▲2.2km/L
セダンタイプ
アルト 33.2km/L ▲3.8km/L
ミライース 32.2km/L ▲3.0km/L
ラパン 32.2km/L ▲3.4km/L
ミラココア 26.8km/L ▲2.2km/L
ハイトワゴン
ワゴンR 30.4km/L ▲3.0km/L
ムーヴ 27.6km/L ▲3.4km/L
ムーヴキャンバス 27.4km/L ▲1.2km/L
N-WGN 26.2km/L ▲3.2km/L
N-ONE 25.8km/L ▲2.6km/L
デイズ 22.0km/L ▲3.8km/L
スーパーハイトワゴン
タント 27.0km/L ▲1.0km/L
スペーシア 26.4km/L ▲3.6km/L
N-BOX 25.4km/L ▲1.6km/L
ウェイク 24.6km/L ▲0.8km/L
デイズルークス 21.8km/L ▲0.2km/L
ワンボックス
バモス 14.6km/L ▲0.4km/L

*2018年1月時点データ

すべて自然吸気エンジン(NA)での比較ですが、2WDとの燃費差が車種によってここまで違うのですね??

最も燃費差が大きいのはアルトの3.8km/Lで、燃費差が小さいのはデイズルークスの0.2km/Lです。0.2km/Lならもはや2WDと変わりませんね・・・。ただ、三菱・日産の軽自動車のカタログ燃費はよくわかりません。

最低地上高が高く、アウトドア派に向いているSUVタイプではハスラーの燃費が、2WDとの燃費差も小さくキャストアクティバを大きく引き離しています。

ハスラー

↑ハスラー

最も燃費が良いのは4WDでもセダンタイプで、アルトやミライースです。これは2WDでも一緒です。

軽自動車は燃費が良い?ボディタイプ別燃費比較・ランキング

ただ、セダンタイプは2WDとの燃費差が大きくなっています。もともと車重が軽いボディタイプですが、4WDにすることでの重量増はどのボディタイプでも一緒の50kg程度なので、増分率が高いためだと思います。

ハイトワゴンではワゴンRです。S-エネチャージというマイルドハイブリッドを搭載しているためムーヴに対しても大きく差をつけています。

意外と?ムーヴキャンバスが2WDとの燃費差が小さく、4WDではムーヴにつぐ燃費の良さになっています。これは、ムーヴキャンバスはスライドドアを採用していて、もともとの車重が重いことが原因かもしれません。

ファミリーや仲間内でレジャーに使用することの多いスーパーハイトワゴンでは、スペーシアが最も燃費が良いです。ただ、スーパーハイトワゴンにしては軽いスペーシアはタントよりも2WDとの燃費差が大きくなっています。

スーパーハイトワゴンの4WDは1トンを超える車種もあるので、自然吸気エンジン(NA)ではなくターボエンジンを選んだ方が良いです。

軽自動車にターボは必要?ターボモデルのパワーと燃費、価格を比較



ターボエンジン4WDの燃費比較

SUVタイプ
車種 4WD 燃費差
ジムニー 13.6km/L なし
ハスラー 26.2km/L ▲1.6km/L
キャストアクティバ 25.0km/L ▲2.0km/L
セダンタイプ
アルトワークス 22.6km/L ▲1.0km/L
ハイトワゴン
ワゴンRスティングレー 27.0km/L ▲1.4km/L
ムーヴ 25.6km/L ▲1.8km/L
N-WGN 24.2km/L ▲1.8km/L
N-ONE 23.0km/L ▲0.8km/L
デイズ 21.8km/L ▲1.4km/L
スーパーハイトワゴン
タント 24.6km/L ▲1.4km/L
スペーシアカスタム 24.0km/L ▲1.6km/L
N-BOX 23.4km/L ▲2.2km/L
ウェイク 23.2km/L ▲0.6km/L
デイズルークス 20.4km/L ▲1.8km/L
ワンボックス
エブリイワゴン 14.6km/L ▲1.6km/L
アトレーワゴン 13.8km/L ▲1.0km/L

*2018年1月時点データ

ターボエンジンではさらに燃費が悪くなりますが。セダンタイプではターボの設定はないので、ワゴンRスティングレーが最も燃費が良くなっています。

↑ワゴンRスティングレー

次いで燃費が良いのは、最低地上高が高くアウトドアに向いているハスラーです。

同じくSUVのジムニーは発売から20年も経過しているモデルなので仕方ないですが、最新の軽自動車の半分ぐらいの燃費のなっています。2ドアで使い勝手も悪いので、本当に欲しい人が購入するべき車です。

スーパーハイトワゴンのスペーシアも燃費が良いので、2WDと同じく4WDでもスズキのS-エネチャージ(マイルドハイブリッド)搭載車が燃費ではおすすめになります。

おすすめのハイブリッド軽自動車を比較!価格と燃費は?

軽自動車の4WDモデルの価格は?

4WDモデルは当然ですが、2WDよりも価格は高くなります。価格差は車種によって多少の違いはありますが、10万円~14万円程度です。

ここでは、4WD搭載の最も安いグレードを、自然吸気エンジン(NA)とターボエンジンのそれぞれの価格を紹介します。

SUVタイプ
車種 NA ターボ
ジムニー なし 140万円
ハスラー 139万円 148万円
キャストアクティバ 135万円 164万円
セダンタイプ
ミライース 97万円 なし
アルト 100万円 なし
ラパン 131万円 なし
ミラココア 132万円 なし
アルトワークス なし 161万円
ハイトワゴン
N-WGN 122万円 145万円
ワゴンR/スティングレー 129万円 177万円
ムーヴ 130万円 147万円
N-ONE 131万円 172万円
ムーヴキャンバス 131万円 なし
デイズ 141万円 161万円
スーパーハイトワゴン
タント 135万円 162万円
デイズルークス 142万円 175万円
スペーシア/カスタム 145万円 190万円
N-BOX 151万円 182万円
ウェイク 167万円 179万円
ワンボックス
バモス 151万円 なし
アトレーワゴン なし 153万円
エブリイワゴン なし 155万円

*2018年1月時点データ

4WDが似合うのはやはりSUVタイプです。ジムニーは別格ですが、一般的にはハスラーのターボ4WDが価格的におすすめです。4WDは2WDよりも50kg程度重くなるのでターボエンジンがおすすめです。

軽自動車の4WDを最も安く購入するにはミライースです。これは2WDでも同じです。

安い軽自動車に乗り換えるならアルトかミライースがおすすめ

ハイトワゴンは自然吸気エンジン(NA)ならN-WGN、ターボならムーヴです。ワゴンRはもっと安いグレードありますが、燃費の良いマイルドハイブリッド搭載のグレードだとライバルより若干高くなります。

↑N-WGN

ワゴンRはスティングレーにしかターボの設定がないので、高めの価格でしか4WDターボは購入できません。

スーパーハイトワゴンは4WDターボでタントが安くなっています。最大のライバルとなるN-BOXは、最新の安全装備「ホンダセンシング」が標準装備となっている分だけ高めの価格設定になっています。

軽自動車4WDのまとめ

軽自動車の4WD選びのポイント

  • 使用シーンを考えると最低地上高の高い軽自動車がおすすめ
  • 4WDは50kg程度重いのでターボがおすすめ

おすすめの4WD軽自動車

  • 最低地上高、燃費、価格を総合的に見るとハスラーがおすすめ
  • ターボの燃費ではワゴンRスティングレーがおすすめ
  • ターボの価格ならN-WGNがおすすめ

軽自動車への乗り換えを考えている方へ 1円でも高く今のクルマを高く売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車の性能比較ランキング

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.