軽自動車の安全装備を比較

自動ブレーキの軽自動車を買う スズキ、ダイハツ、ホンダ、日産の性能比較

更新日:

最近の軽自動車は自動ブレーキの機能が当り前のように搭載される時代になってきました。自動ブレーキは衝突被害軽減ブレーキとも呼ばれています。

衝突事故を軽減させるのにどんどん普及が進んでいて、軽自動車への乗り換えを考えている方も、自動ブレーキを搭載するかどうか悩んでいるのではないでしょうか?

軽自動車に搭載されている自動ブレーキの性能は、どの車種が良いのでしょうか?

2018年おすすめの人気軽自動車ランキング




そもそも自動ブレーキとは?

自動ブレーキは、自動車に搭載されているセンサーであらかじめ障害物を察知して、衝突しそうになった場合に自動的にブレーキをかけてくれる機能です。

自動ブレーキ、衝突軽減ブレーキといっても種類があります。

赤外線レーダー方式

赤外線レーダーを前方に照射して障害物を検知します。自動ブレーキの作動速度も30kmが上限で、検知できるのは車両のみで、歩行者は基本的に見分けないのが特徴です。

どちらかと言えば、簡易版の自動ブレーキですが、価格が安くて軽自動車にも多く装着されています。

ミリ波レーダー方式

ミリ波と呼ばれる直進性の強い電波を前方へ照射し、返ってきた電波を測定して障害物を捉える仕組みです。より遠くの状況を把握できるのと、悪天候に左右されないのが大きなメリットです。

対象が車両であれば、時速100kmを超える速度域でも緊急自動ブレーキが作動するメリットもありますが、歩行者が検知できないというデメリットもあります。

またミリ波レーダーを利用して、車間距離を自動制御できるクルーズコントロール(定速走行装置)を組み合わせた車種が多いです。この機能を作動させている時は、ドライバーはペダル操作から解放される。

あくまでも高速道路での使用で、ハンドル操作は必要なため、自動運転とまではいきません。

カメラ方式

スバルのアイサイトのCMで一躍有名になったのがカメラ方式です。人間が目で見て判断するのと同様に、人や自転車を区別することができるのが最大のメリットとなります。ドライバーの目のかわりにカメラがずっと見張ってくれているので安心感は強いです。

ただし、人間一緒で悪天候や夜間走行の時が苦手いうデメリットがあります

カメラ方式ににも単眼カメラとステレオカメラがあります。

単眼カメラでは作動速度の上限は80kmで高速道路では不十分です。最近多いのはステレオカメラ方式で、2個のカメラを使いミリ波レーダーと同様に、高速域でも先行車との距離が測定できます。よって緊急自動ブレーキが高速道路などでも作動します。

複合方式

最近は複数のセンサーを備えるタイプが増えています。最も多いのは、ミリ波レーダーや赤外線レーザーに単眼カメラを組み合わせた方式です。

単眼カメラを使うことで、路上の白線や車種によっては歩行者の検知が可能になります。赤外線レーザーに比べると、緊急自動ブレーキが作動する上限速度も高まると、それぞれのメリットを上手く組み合わせることで、自動ブレーキの性能を上げることができます。

それでは軽自動車に搭載されている自動ブレーキについて紹介していきます。



ホンダの軽自動車は新型N-BOXの自動ブレーキが進化

ホンダは軽自動車に乗用車に搭載されている「ホンダセンシング」を初めてN-BOXに搭載しています。

Honda SENSING
センサー種類 単眼カメラ/ミリ波レーダー
自動ブレーキ作動速度 5-80km/h
人検知 5-80km/h

N-BOXに搭載されているホンダセンシングは、軽自動車唯一となる高性能のミリ波レーダーに単眼カメラを組み合わせ、すべての検知能力が大幅にアップされています。

車線を左側に逸脱し歩行者に接近すると、車道方向へのステアリング操作を支援する機能も持っています。

また、追従コントロールも大きな魅力となっています。前車との距離を維持し車速を増減できるのは、現行の軽自動車ではN-BOXのみとなっています。約30km/h以上で作動するので、高速道路でのノロノロ運転程度なら、アクセルとブレーキの操作がほぼ必要ない状態となって、疲労の軽減に大きく貢献してくれます。

自動運転の軽自動車を比較 運転支援システムでおすすめはN‐BOX!

単眼カメラは道路標識を読み取って、速度制限や一時停止、進入禁止などの情報をメーター内に表示する機能も持っています。

さらにこの最新安全装備が新型N-BOXには全グレードに標準装備されています。

シティブレーキアクティブシステム
センサー種類 レーザーレーダー
自動ブレーキ作動速度 約5-30km/h
人検知 対応なし

N-BOX以外のホンダ軽自動車が搭載している自動ブレーキは、レーザーレーダーのみの簡易版的な自動ブレーキのみになります。レーダーなので歩行者には対応できていません。作動速度も30km/hと渋滞など低速域までとなります。

搭載されている車種はN-WGN、N-ONE、S660になります。

このシティブレーキアクティブシステムは、現在の軽自動車の中では遅れているので、早くN-BOXに搭載されているホンダセンシングの装備を望みたいところです。

スズキの自動ブレーキはワゴンRとスペーシアがおすすめ!

スズキ軽自動車の自動ブレーキの中では、ワゴンRスペーシアがおすすめとなります。

デュアルセンサーブレーキサポート
センサー種類 単眼カメラ+レーザー
自動ブレーキ作動速度 約5-100km/h
人検知 約5-60km/h

ワゴンRとスペーシアに装備されているのは「デュアルセンサーブレーキサポート」になります。

作動速度が100km/hなので高速道路でも有効です。自動ブレーキだけでなく、60km/h以上での車線逸脱警報や、ふらつき検知での警報、誤発進抑制機能など充実しています。

ワゴンR自動ブレーキ

搭載車種はワゴンRとスペーシア、新型になったジムニーになります。

ワゴンRでの価格は最新の装備だけに高めで、グレードによって変わりますが6万円~10万円程度になります。スペーシアは全車標準装備となります。

デュアルカメラブレーキサポート
センサー種類 ステレオカメラ
自動ブレーキ作動速度 約5-50km/h
人検知 約5-30km/h

こちらはステレオカメラを搭載したタイプの自動ブレーキになります。搭載されているのはハスラーです。

ハスラーに搭載されるのは上位グレードのX、Xターボに標準装備されています。それ以外のグレードにはオプションでも設定されないのは残念です。

上で紹介したデュアルセンサーブレーキサポートと数値的には一緒です。車線逸脱警報や、ふらつき検知での警報、誤発進抑制機能なども一緒です。

しかしスズキは、新型ワゴンRと新型スペーシアには新しくデュアルセンサーブレーキサポートを搭載しました。

ステレオカメラだと悪天候の時など作動しない事があるというデメリットを改善するための変更ではないでしょうか。もちろんそれでも100%はありません。

また、ハイビームアシスト機能が使えるようになるというメリットもあります。

今後、スズキの自動ブレーキはデュアルセンサーブレーキサポートに移行していくのではないでしょうか。

ただ、ハスラーに搭載されている自動ブレーキも軽自動車トップクラスの性能を誇るシステムです。

レーダーブレーキサポート
センサー種類 レーザーレーダー
自動ブレーキ作動速度 5-30km/h
人検知 なし

スズキはもう一つ簡易版的な自動ブレーキを採用しています。

レーザーレーダーだけなので、渋滞などでの低速走行中にしか自動ブレーキは作動しません。人や二輪車にも基本的には作動しないシステムです。車線逸脱警報や、ふらつき検知での警報もありません。

搭載されているのは、アルト、ラパン、エブリイワゴンです。

機能は劣りますが、価格はアルトのオプションで21,600円とリーズナブルなのが魅力です。

基本的に兄弟車を発売しているマツダのフレアやキャロルなどもスズキと同じ自動ブレーキが搭載されています。



ダイハツの軽自動車に搭載されている自動ブレーキは?

ダイハツの自動ブレーキも高性能ですが、スズキには少々劣ります。

スマートアシストⅢ
センサー種類 ステレオカメラ
自動ブレーキ作動速度 約4-80km/h
人検知 約4-50km/h

ダイハツ最新の安全装備がスマートアシストⅢです。時速80km/hまで対応でき、人も検知できる自動ブレーキは軽自動車ではトップクラスの性能です。さらに60km/h以上での車線逸脱警報や誤発進抑制機能もついてきます。

ただし、時速100km/hまで対応できるスズキの自動ブレーキと比較するとやはり見劣りします。ふらつき検知での警報もついていませんし、ハイビームアシスト機能の精度も低いようです。

最新のスマートアシストⅢが搭載できるのはタント、ムーヴ、ムーヴキャンバスウェイク、キャストとミライース、ミラトコットになります。ミライースのライバルであるスズキのアルトの自動ブレーキは簡易版なので、ミライースならスズキの自動ブレーキよりも高性能です。

スマートアシストⅢはミライースだと、搭載グレードと非搭載グレードの金額差が6万円と高性能の割には安く、スズキよりもコストパフォーマンスに優れています。

スマートアシストⅡ
センサー種類 レーザーレーダー+単眼カメラ
自動ブレーキ作動速度 約4-50km/h
人検知 警報のみ

人も感知できるので高性能ではありますが、対応速度が一般道レベルにとどまります。ただし、歩行者を検知することはできますが、警報だけで自動ブレーキは作動しまぜん。速度域と歩行者への対応がスマートアシスト3との大きな違いになります。

ただ、現在では搭載されているモデルはなくなり、すべてスマートアシストⅢに変更されています。

以上がダイハツの自動ブレーキでミラ、コペン、アトレーワゴンにはスマートアシストの設定はありません。

また、トヨタとスバルで発売されているOEMモデルはすべてダイハツと同じ設定になっています。

日産軽自動の自動ブレーキは?

自動運転技術「プロパイロット」をセレナに搭載している日産の軽自動車に採用されている自動ブレーキはどうでしょうか?

インテリジェント エマージェンシーブレーキ
センサー種類 カメラ方式
自動ブレーキ作動速度 約10-80km/h
人検知 約10-60km/h

日産の自動ブレーキも他のメーカーの最新式と遜色ない性能を誇っています。

搭載される車種はデイズルークス、デイズに搭載されています。しかもすべてのグレードに標準装備されているのは高評価です。

日産はセレナでは半自動運転を実現しています。自動運転できるだけの技術は、遠くまで見渡せて360度の視野を持つ「8カメラシステム」が重要となっています。ようするに日産はかなりの技術をもっていますが、軽自動車の自動ブレーキには活かされていないのが現状です。コストの問題あるので当然ですが・・・。

新型のN-BOXはステアリングアシストもつく程のレベルになっているので、日産にも期待したいところですね。

軽自動車の自動ブレーキまとめ

現在、軽自動車を発売しているメーカーはすべて自動ブレーキが用意されています。軽自動車の安全性もかなり進化してきています。

軽自動車自動ブレーキのメーカーランキングは

  1. スズキ
  2. ホンダ
  3. ダイハツ
  4. 日産

自動ブレーキの性能はスズキの軽自動車が一番です。

ホンダに関しては、N-BOXのホンダセンシングが飛びぬけているだけです。他の車種は簡易レベルの自動ブレーキです。

が、安全装備は自動ブレーキだけではありません!

自動ブレーキはあくまでも事故を未然に防ぐ装置ですが、事故を減らすことはできても事故は起きてしまう可能性は必ずあります。個人的には最後に自分と家族の命を守るエアバッグは非常に大事と考えています。

エアバッグについては1位がホンダで最下位がスズキとなっているので、安全装備総合で考えるとホンダの軽自動車がNO1かもしれません。

エアバッグの詳細にについては軽自動車に乗り換えるならエアバッグを確認!ご覧ください。

できれば、エアバッグも自動ブレーキも充実させた軽自動車への更なる進化を望みたいですね。

自動ブレーキ以外の最新安全装備についても紹介しています。

安全性が高い軽自動車のおすすめランキング
軽自動車の誤発進抑制機能を比較 踏み間違い事故を防ぐ!
モニターによるパーキングアシスト・運転支援のある軽自動車比較ランキング
軽自動車の最新安全装備の誤発進抑制、車線逸脱警報、ハイビームアシストなど比較

軽自動車への乗り換えを考えている方へ 1円でも高く今のクルマを高く売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】

【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車の安全装備を比較

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.