タント

ダイハツ タントの不人気色は?カスタムでも人気色の白か黒以外の黄色や青か

更新日:

タントは2003年にスーパーハイトワゴンのパイオニアとしてダイハツから発売されました。

↑初代タント

その後、2007年にはBピラーをスライドドアに内蔵した「ミラクルオープンドア」を搭載して話題となり、2012年には運転席側の後ろもスライドドアになって両側スライドドアに。

そして、2019年になり4台目タウンととしてダイハツから送り出されています。

初代スーパーハイトワゴンのタントですが、現在ではN-BOXに販売台数1位は奪われています。
それでも使い勝手のよさが評価され、人気のある軽自動車です。

↑タントカスタム

この記事ではタントやタントカスタムの購入を検討している方の色選びの参考になるように、タントの人気色や不人気色を紹介していきます。

タントとタントカスタムのカラーバリエーションは、かなり豊富なので色選びで悩むことも多いと思います。

  • タント:モノトーン10色 2トーン4色
  • タントカスタム:モノトーン8色 2トーン3色

このカラーバリエーションの多さはN-BOXを超えています。

関連リンク
N-BOXの色選びで悩む?人気色・不人気色?白か黒か?カスタムのブロンズが人気か?




タント・タントカスタムへの乗り換えをしたい方におすすめの方法

タントへの乗り換えを考えている方へ!
今乗っているクルマを1円でも高く売る方法を知っていますか?

ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。

クルマの情報を記入して送るだけで、複数社の買取業社へ査定依頼をしてくれて、比較検討することができるサービスを活用しませんか。

ディーラーの下取り見積もり価格と、一括査定での最も条件の良い買取価格を比較して、ディーラーに下取り価格アップや値引き拡大の交渉に利用しましょう。もちろんそのまま買い取ってもらってもOKですしね。

一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例もあります
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

タントの新車見積りを簡単にもらう方法があります。
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力でヴェゼルの新車の無料見積り】

タントを新車で買うのも良いですが中古車も多く流通しています。
【条件に合うタントの中古車をかんたんに探す方法】

 

タント・タントカスタムは定番の白が人気色!

タントとタントカスタム両方とも定番の白が人気色です!

タントの白は2種類存在しています。

↑シャイニングホワイトパール

↑シャイニングホワイトパール

タントの白の定番は「シャイニングホワイトパール」になります。

ノーマルのタント、タントカスタム両方に似合う清潔感のあるボディカラーだと思います。

真っ白ではないパールの輝きがプラスされた色味です。オプションのボディカラーで金額は27,500円ですが人気色になっています。

また、シャイニングホワイトパールには2トーンもラインアップされています。

↑アイスグリーン×シャイニングホワイトパール

↑ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール

ノーマルのタントはルーフがグリーン(緑)になっていて、タントカスタムはルーフがブラック(黒)です。

タントカスタムの2トーンは人気色のようですが、タントは不人気色になっているようです。やはり白のボディには黒のルーフが引き締まってカッコイイですよね。

ただし、タントの2トーンは77,000円でタントカスタムの2トーンは66,000円と高額なオプション金額になっているので注意が必要です。

白のタントは他にも真っ白もラインアップされています。

↑ホワイト

パールではなく真っ白のタントはタントカスタムにはラインアップされていません。

ホワイトのメリットはシャイニングホワイトパールと違って追加金額がかからないことです。

ただし、ちょっと商用車っぽくなどの理由もあるようで真っ白は不人気色になっているようです。

 

白と同じ程度の人気は黒いタント・タントカスタム

白に次ぐ定番色の黒もタント・タントカスタムでは人気色です。

↑ブラックマイカメタリック

↑ブラックマイカメタリック

タントとタントカスタムの黒はメタリック系の黒で高級感のある輝きが魅力ですね。

特に人気になっているのはタントカスタムのようです。
やはり黒のボディカラーはカッコイイ!と男性から人気のある色なので、タントカスタムで人気色になるのも納得です。

さらに、タントカスタムにはパール系の黒もラインアップされています。

↑パールブラック

パール系の黒なのでメタリックと比較すると少し明るめの黒になります。高級感ではパールの方が上回るイメージですね。

画像では正直分かりにくいですが・・・。

ブラックマイカメタリックは無償ボディカラーですが、パールブラックは27,500円のオプションのボディカラーとなっています。

汚れや小傷が目立つといったデメリットのある黒ですが、カッコイイのでタントでも人気色になっています。

 

タントカスタムでは赤色はイメージカラーで人気色

白や黒と比較すると選びにくい色の赤ですが、タントでは赤も不人気色ではありません。

↑ファイアークォーツレッドメタリック

赤のボディカラーは派手かなとも感じるかもしれませんが、タントの「ファイアークォーツレッドメタリック」は落ち着いた色味でワインレッドのようなイメージです。

落ち着いた赤色なので選びやすいのでしょう。

タントの赤には2トーンもラインアップされています。

↑ホワイト×ファイアークォーツレッドメタリック

↑ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック

タントは白のルーフ、タントカスタムは黒のルーフと組み合わされます。
タントカスタムの赤と黒の2トーンはカタログなどにも使われるイメージカラーになっていて、人気色になっています。

モノトーンの赤は無料ですが、2トーンはタントは66,000円でタントカスタムは55,000円の有償カラーです。

タントの2トーンの方が高いのは謎ですね??
車両価格が安いタントの方がボディカラーの価格が高くなるので、選ぶ人も少なくなり不人気色になっているように感じます。




根強い人気はシルバーのタント

白や黒と肩を並べる定番色としてシルバーが挙げられます。定番色のシルバーはタントでも人気となっています。

↑ブライトシルバーメタリック

シルバーのメリットはなんといっても無難で汚れが目立ちにくいことです。

よって、積極的にボディカラー選びを楽しむというよりも、シンプルで無難を優先して選ばれる色といったイメージもあります。

シンプルで無難だからこその根強い人気色がシルバーなのでしょう。

個人的には、せめてタントカスタムには「ガンメタ(濃いグレー)」のラインアップが欲しかったです。

↑N-BXOのガンメタ

結構スポーティでカッコイイと思うのですが・・・

 

タントのみのピンクは女性を中心に人気色

軽自動車では女性ユーザーがおおいこともあってピンクも人気色になることが多いです。

↑ブルーミングピンクメタリック

↑ホワイト×ブルーミングピンクメタリック

タントのピンクはカスタムにはラインアップされてなく、ノーマルタントにモノトーンと2トーンがあります。

女性を中心にタントもピンクは人気色となっています。

個人的には淡いピンクよりも少し濃いかな~という風に感じます。

あと、2トーンのピンクは可愛いなと感じるのですが、66,000円のオプション金額とボディサイドの黒色が課題と感じました・・・。

 

青色のタントは不人気色では?

元々あまり選ばれる色ではありませんが、タントでも青は不人気色に近いです。

青27,500円 77,000円 カスタム66,000円

 

↑レーザーブルークリスタルシャイン

タントの青は青といっても少しイメージが違いますね。濃いめの青で緑にも近いような色味になっています。
正直タントの青はあまり見かけたことはないかもしれません。

2トーンもラインアップされています。

タントは白いルーフ、タントカスタムは黒いルーフとの2トーンになっています。

タントの青は特に、タントカスタムでは濃いめの色でスポーティでカッコイイなとも思います。

↑ターコイズブルーマイカメタリック

ちなみにタントカスタムには明るい青を採用されています。

ターコイズブルーマイカメタリックは先ほどのレーザーブルークリスタルシャインよりも希少なボディカラーかもしれません。

 

タントとタントカスタムのブラウンは不人気色?

↑プラムブラウンクリスタルマイカ

濃いめの落ち着いたブラウンになっています。赤よりも落ち着いたイメージです。タントカスタムには結構似合っているとも思いますが、ブラウンは不人気色となっているようです。

有償のボディカラーで27,500円になります。

 

パステルカラーのアイスグリーンは爽やかなイメージ

タントで唯一の緑色のボディカラーです。

↑アイスグリーン

タントで唯一の緑色はアイスグリーンという爽やかなパステルカラーになっています。
白の2トーンカラーのルーフに採用されている色です。

タントカスタムには採用されていないボディカラーです。

こちらも人気色とは言えないボディカラーです。女性には評価高いとの声もあるようなので、気に入れば、他人と被らない個性的なタントになると思います。

 

黄色のタントは希少なボディカラー

↑マスタードイエローマイカメタリック

黄色のタントは、街中でもあまり見かけることのない珍しいボディカラーです。
ちょっと明るすぎる黄色だからでしょうか?

他人とは違う色のタントを選びたい人にはおすすめです。

 

ダイハツタントとタントカスタムの人気色・不人気色のまとめ

タントの人気色で個人的なおすすめのボディカラーを紹介します。

タント標準ボディ

1位:シャイニングホワイトパール

2位:ブライトシルバーメタリック

3位:ブルーミングピンクメタリック

標準ボディの1位はド定番の白です。真っ白ではなくパールの白になります。やはり一番似合っていると感じます。

2位はシルバーです。シンプルでカッコイイと感じますし、汚れが目立ちにくいというメリットも大きいです。

3位はピンクです。もう少し薄いピンクが好みですが、標準ボディの可愛いデザインにはピンクが似合っています。

タントカスタム

1位:ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール

2位:ブラックマイカメタリック

3位:ブラックマイカメタリック×ファイアークォーツレッドメタリック

 

カスタムでも1位はやはり定番の白です。ただし、黒ルーフの2トーンです。オプション価格は高いですが、引き締まったイメージになりカッコいいです。

2位はこちらも定番ですが黒です。カスタムには黒が似合いますね。

3位はイメージカラーにもなっている赤と黒ルーフの2トーンです。派手な赤ではなく、ワインレッドっぽい落ち着いた色味なのもカッコイイです。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-タント

Copyright© カースペックマニア【2021年度】 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.