ヤリスクロス

トヨタ ヤリスクロスはダサい?安っぽい?購入して後悔しないために!

更新日:

2020年8月にトヨタから発売されたヤリスクロスは、コンパクトSUVとして販売台数はトップクラスの位置にあります。

トヨタのハッチバックのヤリスのSUVバージョンで、同じエンジニアのもとで、新開発プラットフォーム「GAーB」がベースとなって開発されました。

↑ヤリス

この記事では、ヤリスクロスの購入を検討しているけど、買ってから後悔したくない!という方に向けた内容です。

内装(インテリア)が安っぽい、デザインがダサい!などといった評価もあるので詳しく知っていただき、後悔のないようにしていただけたらと思います。

関連リンク
トヨタ ヤリスクロスの不人気色は?定番の白か黒で悩む!金色やシルバーもかっこいい




ヤリスクロスへの乗り換えをしたい方におすすめの方法

ヤリスクロスへの乗り換えを考えている方へ!
今乗っているクルマを1円でも高く売る方法を知っていますか?

ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。

クルマの情報を記入して送るだけで、複数社の買取業社へ査定依頼をしてくれて、比較検討することができるサービスを活用しませんか。

ディーラーの下取り見積もり価格と、一括査定での最も条件の良い買取価格を比較して、ディーラーに下取り価格アップや値引き拡大の交渉に利用しましょう。もちろんそのまま買い取ってもらってもOKですしね。

一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例もあります
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

ヤリスクロスの新車見積りを簡単にもらう方法があります。
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力でヴェゼルの新車の無料見積り】

ヤリスクロスを新車で買うのも良いですが中古車も多く流通しています。
【条件に合う中古車をかんたんに探す方法】

 

ヤリスクロスはなぜ売れているのか?

ヤリスクロスがこれだけ人気になって、売れている要因は2つあると思っています。

  1. エクステリアデザインが良い
  2. コスパが高い

ヤリスクロスは、安くてカッコイイといった評価が個人的には人気の理由だと思っています。

ヤリスクロスのエクステリアデザインはカッコイイ?ダサイ?

ヤリスクロスがここまで人気となり売れているのは、このエクステリアデザインだと感じます。

特にフロントフェイスの独特なデザインが大きなポイントです。

  • フロントフェイスに一目惚れ
  • ヨーロッパを意識した独特のデザインが魅力
  • ポテっとしてて女性目線で可愛い顔つき

ヤリスクロスのフロントのデザインは独特です。最初は少々違和感ありましたが、見慣れてくると個性的でオシャレに感じます。

メッキパーツの使用が少なく、派手なフロントではないので、「落ち着いている」「洗練されている」などといった評価の高さもあります。

最近はギラギラしたSUV多いので、逆に好感がもてるデザインになっているようです。

  • 宇宙人
  • ウルトラマン
  • 爬虫類

などなど、ヤリスクロスのフロントは色々な例え方をされています。この独特な例えがあるように、ヤリスクロスのフロントフェイスはダサいなどと評価している人も多くいることも事実です。

 

ヤリスクロスのガソリンエンジンはコスパが高い

次にヤリスクロスのコストパフォーマンスの高さについてです。

ヤリスクロスの価格帯は179万円~244万円です。エントリーグレードの「X“Bパッケージ」なら179万円と軽自動車よりも安くヤリスクロスを買うことができます。

ただし、この価格帯はガソリンエンジンモデルの価格帯で、ハイブリッドだと228万円~281万円と少々高額になります。

特に最上級グレードの「HYBRID Z」の4WDだと281万円となり、ハリアーのエントリーグレード「S」の299万円と18万円差になります。

↑ハリアー エントリーグレード

こうなるとハリアー欲しくなりますよね。

関連リンク
新型ハリアーSグレードの装備の違いは?

コスパが高いヤリスクロスはあくまでも「ガソリンエンジン」モデルに関してです。

 

ヤリスクロスはインテリア(内装)が安っぽい?

人気のヤリスクロスですが、インテリア(内装)についての評価がそれほど高くありません。

  • 高級感とかは無い
  • 全体的に内装の安っぽさは否めない
  • チープ極まりないが、慣れれば気にならない
  • 昭和の営業車と思えば普通・・・

ヤリスクロスのインテリアに対して、ユーザーの方や試乗経験者の評価は厳しいコメントが非常に多いです。
「昭和の営業車」なんて表現されているクチコミもあります。

「安っぽい」「ダサイ」とったキーワードが多いのが特徴です。高級車ではないので、高級感を求めるのは無理ですが、最低ラインを下回っているのでしょう。

確かに画像で見るとダサいな・・・と感じますが、実車での確認必要ですね。

  • ドアの内張りが不織布製で安っぽい
  • ドアのフェルトの部分は劣化の早そうな素材
  • フロントドアの不織布がすぐ毛羽立つ
  • ドアの内側は高級感はない
  • ドアの茶色の部分が、擦れて白くなる

特に安っぽい素材として不評なのがフロントドアの内張りです。安っぽくて劣化が早いなどと評価はかなり低くなっています。

↑ヤリスクロス フロントドア

これも画像だけではよくわかりませんね。

  • シートの配色もどれだけ贔屓目に見てもダサい
  • デザインも色使いも古くさくダサイ
  • 素材、造形、色のセンスが最悪でかつチープ

ヤリスクロスのインテリア(内装)は、デザインだけでなく色使いや配色についても酷評されているのが現実です。

センスの良いエクステリアとのバランスがおかしいと、高評価のエクステリアとのギャップの大きさが後悔につながらないように注意しなければなりません!

  • 欠点と思えるのは収納の少なさ
  • フロントアームレストがないのも不満
  • 前席アームレストがなくて物入れが少ない
  • アームレスト付きコンソールの未装備も不満点

他にもアームレストがオプションでも選べないというのが、不満点としてあげられています。コンソールつきのアームレストはちょっとした物入に使えて便利ですよね。

社外品を装着したという方も多いようです。

ヤリスクロスのインテリア(内装)に関してのユーザーや試乗経験者の評価は、もちろん低いものばかりではありません。

  • 高級感はないが必要最低限
  • 内装はいたって普通で、可もなく不可もなく
  • 写真はダサく見えるが、実物はそこまで酷くない

必要最低限のモノは揃っているし、車両価格的にこのレベルでもしょうがないとの見方もあります。




ヤリスクロスはライズと比較しても安っぽくてダサい?

ヤリスクロスと同じ価格帯で同じトヨタから発売されているのがライズです。

↑トヨタ ライズ

ヤリスクロスが都市型SUVならライズはアクティブでワイルドなコンパクトSUVのイメージです。RAV4のコンパクト版といったイメージです。

↑RAV4

ライズの車両価格は167万円からとヤリスクロスよりも10万円程度安い価格帯になります。

関連リンク
クロスビーとライズを比較!ライズは室内が狭くて加速が遅い?

そのライズと比較してもヤリスクロスのインテリア(内装)は安っぽくてダサいといった評価なのでしょうか?

  • 上質ではないが、直線的でギアっぽい素晴らしいデザイン
  • 赤の差し色があり、アクティブな感じで良い
  • RAV4のようなスポーティーな雰囲気
  • コックピット感がカッコイイ
  • コストをかけずに質感をだしている

ライズのインテリア(内装は)安っぽいとの評価が多いわけではありませんが、価格相応といったイメージです。
デザインに関してはダサいというよりも、「ギアっぽい」「アクティブ」といったエクステリアのイメージにあったデザインで評価は悪くありません。

  • センターコンソールの脇に気の利いた小物ポケット
  • 運転席ドリンクホルダーが3つ

ヤリスクロスには装着されていないアームレスト、センターコンソールが装備されています。収納についての不満はあまり見かけません。

 

ヤリスクロスは安っぽくてダサいのか?まとめ

コンパクトSUVとして人気となっているヤリスクロスは、コストパフォーマンスの高さと個性的なエクステリアの評価が高くなっています。

見た目が気に入って購入というユーザーが多いようです。

ただし、購入して後悔しないためには、ネガティブな評価も知っておくべきですね。

ネガティブな評価はインテリア(内装)に集中しています。

  • 素材などが安っぽい
  • デザインや色使いがダサい
  • アームレストもなく収納が少ない

かなり多くの不満があるようです。

ただし、車両価格は200万円以下からと軽自動車なみの価格のSUVなので、価格相応だとの評価が多いのも事実です。

実際にインテリア(内装)を確認することが、ヤリスクロスの購入で後悔しないために必要です。

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-ヤリスクロス

Copyright© カースペックマニア【2021年度】 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.