N-BOX

N-BOXに必要ないオプションは?ドライブレコーダーにアドバンスドルームミラーは不要?

更新日:

N-BOXに必要のないオプションはあるのか?検証してみたいと思います。

N-BOXは言わずと知れた軽自動車で最も売れているモデルです。軽自動車だけでなく、今日本で一番売れているクルマがN-BOXです。

軽自動車とは思えない圧倒的に広い室内スペースと、乗用車並みの走りのクオリティなど、人気となるポイントは非常に多いです。

関連リンク
おすすめの室内の広い軽自動車を買う!室内空間の比較・ランキング
乗り心地が悪い軽自動車は嫌!乗り心地ランキング

ただこれだけの内容のクルマなので価格もそれなりです。
N-BOXカスタムだと支払総額は200万円を超えるまでになることも多いです。

車両価格の高さや税金は仕方ないですが、支払総額が高くなる要因としてオプションがあります!

オプションは自動車購入の時は感覚がマヒして必要以上にオプションをつけてしまいがちです・・・。この必要以上のオプション装着を抑えるためにも、購入前に良く検討しておくことが大事です。

オプション設定でシミュレーションするのは「N-BOX EX」です。


カスタムは標準装備アイテムが多いため、ノーマルボディの最上級グレードを選択しています。車両価格も200万円以内のグレードで、オプション次第で総額が大きく変わります。

N-BOXに本当に必要なオプション装備かどうかの判断の助けになれば幸いです。




 

お得に見える「新車パッケージ」は不要なオプション

まず必要ないオプションは「新車パッケージ」です。価格は51,700円です。

「新車パッケージ」と言われると、色々なオプションがセットになっていてお得なイメージではありますが、別に必要のない装備がほとんどです。

  • フロアカーペットマット プレミアムタイプ
  • ドアバイザー
  • ナンバープレートロックボトル
  • ライセンスフレーム メッキタイプ

以上の装備がセットされていますが、必要なのはフロアカーペットマットのみです。しかもプレミアムタイプでなくても大丈夫です。
単品のオプションなら17,600円です。

車内でタバコ吸うのでドアバイザーが必要な方も16,500円で単品で装備すればよいだけです。せっかくの新車なので車内は禁煙にすることをおすすめしますが・・・

 

N-BOXにフォグライトは必要ないオプション

ノーマルボディのN-BOXには最上級グレードEXにもフォグライトは装備されていません。

LEDフォグライトが複数オプションとして設定されています。が、正直フォグライトは不要なオプションだと思います。

LEDフォグライトのオプション価格は30,800円で、取付アタッチメントなど含めると総額で52,800円にもなります。

フォグライト関連のオプションには「おもてなしフォグライトシステム」もあります。オプションのフォグライトに更にプラスの装備となります。

キーレスエントリー機能で開錠すると、フォグライトが一定期間点灯してクルマの前の足元を明るくしてくれる機能です。

この機能はあれば便利な機能だと感じます。が、これも同時にオプション装着すると、フォグライトだけで63,800円もの出費になります。

元々フォグライトが標準装備となっているN-BOXカスタムに11,000円で装着するのであれば、便利なオプションだと思います。

それでもフォグランプ装備のクルマを所有している方はわかると思いますが、フォグライトを点灯させることはありません!

 

アルミホイールは必要ないオプション

アルミホイールはあえて選ぶ必要のないオプションです。

N-BOXカスタムは全グレードでアルミホイールが標準装備になっていますが、ノーマルボディのN-BOXはすべてのグレードが「スチールホイール+フルホイールキャップ」です。

こだわりない人なら気にならないと思いますが、エクステリアにこだわる人は足元にも拘りたくなるものです。

最も安い下の画像のアルミホイールのセットでも約6万円です。

高いホイールなら10万円オーバーとなります。

エクステリアに拘りたいのであれば最初からN-BOXカスタムの購入することをおすすめします。

 

人気になっているアドバンスドルームミラーもN-BOXには不要

自動車のカメラ技術の進化にともなって人気となっているのが「アドバンスドルームミラー」です。

車両後方のカメラの映像をルームミラーに表示できるようにするオプション装備です。後席の同乗者や荷物で視界が悪くなる場合や、雨天の時や夜間時などでもクリアで広い後方視界を確保できます。

もちろんカメラの映像モードだけでなく、通常のミラーに変更も可能です。
カメラ画素数も200万画素と高性能で、安全運転のサポートには非常に優れた装備です。

が、オプション価格64,900円と200万円以下の軽自動車には高すぎるオプションです。

後方視界が悪くなるほどの荷物を積み込むことはなるべく避けることが、安全運転には必要だと思います。




純正のドライブレコーダーは注文しない方が良いオプション

あおり運転対策でも注目されている装備にドライブレコーダーがあります。

正直、軽自動車はあおられる対象になりやすいクルマだと思います。本当に良くない事ですが、対策は必要ですよね。

しかし、新車購入時にディーラーで装着してもらう純正オプションのドライブレコーダーは不要です。
なぜなら、性能に対して価格が高いからです。

N-BOXのドライブレコーダーフロントとリアセットの価格は53,900円です。
液晶モニターと駐車時録画機能がついているので高性能なドライブレコーダーですが53,900円は高過ぎます。

ディーラーオプションで頼んでおけば、ドライブレコーダー装着済みの新車のN-BOXが納車されるのでとても便利なのはわかります。

納車されてから、市販で売っているドライブレコーダーを購入する方が良いです。ディーラーの純正オプションの半額程度で同機能のドライブレコーダーを入手することができます。

 

グレードにより必要になるサイド・カーテンエアバッグのオプション

N-BOXに必要ないオプションを紹介してきましたが、必ず必要なオプションもあります。

それは「サイドエアバッグとサイドカーテンエアバッグ」です!

以前のN-BOXはサイドエアバッグとサイドカーテンエアバッグは全グレード標準装備だったのですが、マイナーチェンジで一部グレードにはオプションとなってしまいました。

とても残念な変更です。予防安全装備ばかり充実させて、事故した時に乗員の命を守るエアバッグをグレードダウンさせるのは理解できません!

サイドエアバッグとサイドカーテンエアバッグがオプションとなるのは、ノーマルN-BOXの中間グレード「L」です。
最もお買い得感の高いグレードなので選ぶ人も多いと思いますが、乗員の命を守るためにも必ず装着しましょう。

オプション価格は99,000円とかなり高額です。これは、「リア右側パワースライドドア」も同時装着しなければならないオプションだからです。

サイドエアバッグとサイドカーテンエアバッグが標準装備となっている「EX」グレードとの価格差は10万円程度なので、ノーマルボディN-BOX購入するなら「EX」がおすすめです!

ちなみにベーシックグレードの「G」にはオプションですら装着できません。こちらも選ばないようにしましょう。

N-BOXカスタムは全グレード標準装備です。

 

N-BOXに必要のないオプションまとめ

N-BOXに必要ないオプションを独断と偏見で紹介しました。

  • お得に見える新車パッケージ
  • ほとんど点灯することのないフォグライト
  • 見栄えのアルミホイール
  • 高額なアドバンスドルームミラー
  • 高額な純正ドライブレコーダー

細かく言えば他にもありますが、金額が大きくあえてなくても全く困らないオプションが多いです。

軽自動車は車両価格が200万円以下と安いですが、オプション価格は乗用車とそれほど変わりません。よって、オプションが多くなると支払総額に対するオプション金額の割合が非常に高くなってしまいます。

ディーラの商談で勢いで装着してしまわないように気をつけてください。

関連リンク
N-BOXの色選びで悩む?人気色・不人気色?白か黒か?それともカスタムのブロンズが人気か?
N-BOXとルーミー・タンクを比較 価格や燃費、試乗・走行性能比較
N-BOXの荷室(トランク)の寸法と収納は?車中泊可能なフルフラットにする方法は?

 

新型N-BOXへの乗り換えをしたい方におすすめの方法

N-BOXへの乗り換えを考えている方へ!
今乗っているクルマを1円でも高く売る方法を知っていますか?

ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。

クルマの情報を記入して送るだけで、複数社の買取業社へ査定依頼をしてくれて、比較検討することができるサービスを活用しませんか。

ディーラーの下取り見積もり価格と、一括査定での最も条件の良い買取価格を比較して、ディーラーに下取り価格アップや値引き拡大の交渉に利用しましょう。もちろんそのまま買い取ってもらってもOKですしね。

一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例もあります
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

N-BOXの新車見積りを簡単にもらう方法があります。
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力でSUVの新車の無料見積り】

N-BOXを新車で買うのも良いですが、中古車も多く流通しています。
【条件に合うN-BOXの中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-N-BOX

Copyright© カースペックマニア【2021年度】 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.