軽自動車の車種別紹介

新型デイズルークス2018年モデルを買う前に

更新日:

日産と三菱のコラボレーションにより、2014年2月に発売されたのがデイズルークスです。

デイズルークスは、全高1700mm以上で広い室内スペースが人気となっているスーパーハイトワゴンとして発売されています。ライバルは一番人気のN-BOXと、スーパーハイトワゴンの元祖であるタントになりますが、販売台数ではこの2台にかなわないのが現状です。

2016年12月には一部モデルチェンジを実施して、内外装の装備が充実したり、低価格な新グレードが設定されたりと変更がありました。

おすすめの人気軽自動車ランキング

デイズルークスはライバルよりもソフトな乗り心地が魅力

デイズルークスの走りの特徴は快適性の高さです。

ライバルでいうカスタムにあたるハイウェイスターでも比較的ソフトな足まわりが採用されているので、ライバルよりも乗り心地が良くなっています。

ステアリングのレスポンスも緩めに設定されているので挙動が安定しやすくなっています。

ハイウェイスターの上級モデルは、15インチタイヤになるので多少硬めに乗り心地になりますが、それでもライバルと比較すると乗り心地は悪くありません。

人気のおすすめの軽自動車乗り心地の比較・評価ランキング



デイズルークスは上質で快適な室内空間

デイズルークスは乗り心地の良さと合わせて、キャビンも充実度を高める装備が満載で快適に過ごせます。

前席はセンタートンネルの張り出しが大きめですが、シートはクッションが厚く、ホールド性も良好です。後席も座面のサイズが大きく着座位置も自然な高さなので、どの席に座っても快適性は高いです。

また、2016年12月の一部モデルチェンジで、炎天下での室温上昇を抑制する断熱ルーフやIRカットガラスなども装備され、夏場の快適性も向上しています。女性には嬉しい装備ですよね。

軽自動車では初めてとなるナノイー搭載のリアシーリングファンが全車に標準装備され、室内環境をクリーン保ってくれます。これは小さな子供を乗せる方にはありがたい装備です。

他に、繊維メーカーのセーレンが開発したイノドールクイック瞬間消臭をシート表皮に採用されています。車内の気になる臭いを抑制してくれます。

デイズルークスの居住スペースとラゲッジスペース

後席シートには左右分割のスライドとリクライニング機構が標準装備されています。

膝前のスペースは約80mm~350mmの間で調整が可能で、頭上にも約200mmほどの広大なゆとりが確保されています。室内高1400mmとN-BOXと同等の高さで居住スペースには余裕があります。

ラゲッジスペースは通常時の奥行きは250mmとかなり狭いですが、後席をスライドさせることで約510mmまで拡大が可能です。これだけスペースを拡大しても後席に人が乗れる状態を確保することができます。

また、後席は左右分割の可倒機構も装備されていて、背もたれを倒すだけで座面のロックが解除されるダブルフォールディングが採用されています。奥行き1320mmと広くて段差のないフラットなフロアを実現することができます。

関連リンク
軽自動車リアシートスライド量を比較
軽自動車のラゲッジスペースの比較・ランキング

デイズルークスのエンジンパワーと安全装備

デイズルークスのエンジンは自然吸気エンジンとターボエンジンの2種類が用意されています。デイズルークスだけに関わらず、N-BOXやタントなどのスーパーハイトワゴンは重量が重たいので、自然吸気エンジンでは明らかにパワー不足です。

ターボ自然吸気の価格差が小さい上に、デイズルークスは燃費が自然吸気よりもターボの方が燃費が良いので断然ターボエンジンがおすすめとなります。

関連リンク
軽自動車のエンジン性能・パワー比較
軽自動車ターボエンジンのパワー・トルク比較

ターボエンジンだと、パワーに余裕があるので、高回転を多用しなくても済むので、静粛性も高まります。乗り心地が良く、質感の高い室内なので静粛性も高い方が快適性もさらにアップします。

安全装備については、エマージェンシーブレーキと呼ばれる自動ブレーキが全グレードの標準装備されています。ライバルはオプション扱いが多い中これは大きな魅力です。

自動ブレーキについては「軽自動車の自動ブレーキ比較」で詳しく紹介しています。

デイズルークスハイウェイスター

ライバルメーカーの軽自動車でカスタムと呼ばれるエアロモデルは、日産ではミニバンで馴染みのある「ハイウェイスター」と呼ばれています。

スタイリングは日産らしいVモーショングリルに変更されてスポーティなテイストを強めています。まるでセレナのミニバージョンのようなイメージです。

デイズルークスハイウェイスター

さらにハイウェイスターをベースにして、より煌びやかなエアロを組み合わせた「ライダー」も日産ミニバンと同じ呼び名でラインアップされています。

ボディカラーには以前から設定されていた、ブラックとホワイトの2トーンに加えて、ルーフとミラー部分がレモンライムやオレンジになる2トーンも新設定されています。これによってカラーバリエーションは全15色とカスタム系の中ではかなり豊富です。

デイズルークスの買い方・おすすめグレード

ハイウェイスターXターボが断然おすすめのグレードになります。166万0140円(FF)

2016年12月の一部モデルチェンジで追加された手頃な価格のターボモデルです。「G」よりも装備は劣りますが、必要性の高い右側の電動スライドドアはオプションで用意されています。

選べるボディカラーが限定されていますが、車内の質感が高まるオプションのプレミアムグラデーションインテリアはおすすめです。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ 1円でも高く今のクルマを高く売る方法

ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法

ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】

【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

デイズルークスのデータ

デイズルークス「Z」

全長×全幅×全高 3395×1475×1755
室内長×室内幅×室内高 2235×1320×1400
トレッド 前/後 1300/1290
車両重量 960kg
エンジン種類 直列3気筒DOHCターボ
最高出力 64ps
最大トルク 10.0kgm/3000rpm
燃料タンク容量 30L
タイヤサイズ 155/65R14
最小回転半径 4.4m
JC08モード燃費 22.0km/L
車両本体価格 166万1040円

ハイウェイスターXターボ

全長×全幅×全高 3395×1475×1755
室内長×室内幅×室内高 2235×1320×1400
トレッド 前/後 1300/1290
車両重量 940kg
エンジン種類 直列3気筒DOHC
最高出力 49ps
最大トルク 6.0kgm/5000rpm
燃料タンク容量 30L
タイヤサイズ 155/65R14
最小回転半径 4.4m
JC08モード燃費 22.0km/L
車両本体価格 142万5600円

 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車の車種別紹介

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.