軽自動車の車種別紹介

ミライースの試乗・クチコミ評価 コスパ評価の高さが魅力

更新日:

最近の軽自動車は安全装備や快適装備が充実し、高級化を続けて車両価格も上昇を続けています。

この軽自動車を諭すかのごとく、2011年に発売されたのが、ダイハツ・ミライースです。現行型は2017年に発売された2代目ですが、コンセプトの基本はきっちり守られています。

その象徴が約84万円~121万円の圧倒的な低価格です。4WDの最上級グレードでも約134万円です。

ミライースのグレード別装備と価格比較 どのグレードもコスパが高い

最大のライバルとなるのがスズキのアルトです。が、販売台数ではミライースが上回っているのが現状です。

アルト&アルトワークスのグレード別装備と価格を比較
新型ミライースとアルトを比較 旧型からの進化も比較

おすすめの人気軽自動車ランキング



ミライースで最も高いクチコミ評価はコスパ!

ミライースの魅力は何と言ってもコストパフォーマンスの高さではないでしょうか。

コスパなので、ただ価格が安いだけでなく、価格と性能のバランスが高いということですね。

ミライースのコスパに関するクチコミを一部紹介します。

  • 軽で一番安い車種の一番高いモデルで必要なものはすべてついていてお買い得!
  • 安全装備のスマアシⅢが約6万円でつくことや装備内容を考えたら本体108万円はお買い得。低燃費、低価格、安全装備の3本の矢のCM通り。
  • いわゆる必要十分な装備に対して100万円ということを考えると、装備としても値段としてもお求めやすい価格だと思う。
  • このクルマの存在意義。これだけの安全・快適装備なら安いと思う。もうオプションでつけるモノがない。もちろん価格なりのコストダウンは随所に感じられるけど、そういう部分を割り切ればコスパは悪くないと思う。
  • 値段なりの様な気がする。
  • スマアシⅢが標準装備でこの価格は安く感じられるが、スマアシⅢありきではなく、それ以前に基本的な走行性能を高めないとダメ。

価格についてのクチコミはコスパが高いというクチコミが非常に多いです。

コスパの高さは安全装備の「スマートアシストⅢ」が搭載されていることでしょう。100万円ぐらいの軽自動車に、ダイハツの最新安全装備が装着されていることの評価が高いイメージです。

自動ブレーキの軽自動車を買う スズキ、ダイハツ、ホンダ、日産の性能比較

ただし、装備に注目し過ぎてそもそものクルマとしての走行性能や、コストダウンが見られる部分など、価格なりの部分もあるとのクチコミも見られます。

もちろんすべてが完璧でこの価格とはいかないですが、ミライースはコスパに優れた軽自動車であることは間違いありません。

人気でおすすめの軽自動車コストパフォーマンス(コスパ)比較・ランキング

ミライースの実燃費の評価は高いはず?

ミライースはガソリンエンジンとしては驚異的な燃費が実現されています。

  • ミライース2WD:34.2km/L~35.2km/L
  • ミライース4WD:32.2km/L

確かにプリウスやアクアほどの燃費の良さではありませんが、半額かそれ以上安い価格で、ほぼ同等の低燃費が実現されています。

それでは実燃費はどうでしょうか?ミライースの実燃費に関するクチコミを一部紹介します。

  • 9000km走って平均燃費は26km/Lで優秀。60km/h時くらいが一番いい。信号の少ない郊外路走ると35km/Lを超えることがある。
  • 急坂道や急勾配が多かったが、満タン法で26.32km/L。燃費達成率は76.96%だった。
  • 燃費はガソリン車最強だと思う。信号のない道路を60から70kくらいで走ると、簡単にリッター30はおろか35まで伸びたことがある。今時、カタログ燃費を超える燃費をだせるクルマがあるとは驚き。
  • これは120点をあげてもいいくらい。流れのいいところだとカタログ燃費に肉薄する数値もも出るのが当たり前だが、フツーに運転しても25km/L程度を出した。もちろん大人が乗ってエアコン入れての数値。
  • カタログ値には届いたことはない。平均すると24キロぐらい。アクセルの踏み加減でかなり変化すると思う。

ミライースの実燃費では、カタログ燃費にせまる燃費とのクチコミが多く見られます。普通の感覚ではカタログ燃費に迫る実燃費なんてありえないと思いますよね。

ただし、ミライースの実燃費はカタログ燃費に迫るものから、20km/Lそこそこの実燃費までかなり開きがあります。

運転の仕方で燃費が大きく変わる可能性が高そうですね。

おすすめの人気軽自動車の実燃費比較・満足度ランキング
軽自動車は燃費が良い?ボディタイプ別燃費比較・ランキング



ミライースは燃費は良いがエンジンパワー評価は低い

ミライースは実燃費に関する評価は高かったですが、そもそもエンジン性能に関する評価はどうでしょうか。

ミライースのエンジンは自然吸気エンジンだけになっています。

ミライースの試乗レポートでのエンジン評価については、街中や高速道路を法定速度内で走るには不足はないようです。

が、動力性能がアルトほど活発でないのは、アルトよりわずかに重い車重や数馬力、数kgm譲るエンジンスペックによるところも大きいとのことです。

もちろん、実用上で不足を感じるほどではないようですが・・・。

ミライースのエンジン性能に関するクチコミ評価を一部紹介します。

  • 軽量ボディなので上り坂以外では不満はない。出足も良いし出来るだけ低回転で走る設定はバイク的な音でいい感じ。最高出力なども通常運転では意味がないのでほぼ満足。アクセル応答性もいい。
  • 先代や他のダイハツ車と同じエンジンだが馬力が49馬力。ボディが先代より60kg軽くなったとのことで、街中や田舎道で力不足を感じることはなく、むしろ軽快に走ってくれた。
  • 48馬力はどうかなと思ったが、交通の流れはリードできないものの、キックダウンの要領でグイっと踏み込めばきちんと加速してくれる。
  • 数値的にも、非力なことは承知の上だが、予想していたよりは非力さは感じない。逆にアクセルで上手くコントロールすれば、CVTとの相性も良いようで、唸ることなく、必要な力がでる。
  • 全然走らない。いつもは軽のターボに乗っているので、ターボのありがたさを再確認した。

ミライースのエンジン性能のクチコミ評価は低くめになっていますが、パワーの低さを考えるとそこまで低くないイメージです。

ミライースはパワーが無いので、もともと期待値が低いということが大きな要因でしょう。思ったよりも走るといったクチコミも見られます。

当然、ターボエンジンの加速を知っている人には、ミライースのエンジンは物足りなく感じるようですね。

おすすめの軽自動車エンジン性能 試乗・クチコミ評価ランキング
軽自動車の加速性能比較・ランキング

ミライースの走行性能に関するクチコミ評価は?

ミライースのハンドリングや安定性などの走行性能に関する評価です。

ミライースは楽しくはないが、無難な安定志向にまとまっているという試乗レポートもあります。

軽量化のために全車でフロントスタビライザーが省略されているので、操舵するとペタンとロールするが、リヤは安定していて、街中や高速を法定速度内で走るには不足はないようです。

エンジン性能と同じく、街中を法定速度でのんびり走る分には問題ないといったイメージです。

それでは、ミライースの走行性能に関するクチコミを一部紹介します。

  • 全体的に悪いと感じる部分は少ない。ロールも怖くないし、ノーズダイブも思っていたほどなかった。
  • 意外にキビキビ走る。ボディ剛性は割としっかりしているのか、走行安定性は悪くないと思う。
  • 軽自動車主な使い方は、市街地での移動なので、そうしたシーンでは十分な走行性能を持っていると思う。
  • 急カーブは十分減速しないと、ちょっと苦手な気がする。
  • 悪くない。ただ、タイヤのグリップを活かしきれていない。普段使いで重要なステアフィールは違和感があるものの、慣れることのできる範囲。
  • 燃費を重視しているせいか、タイヤの空気圧が26ということもあり、かなり硬く跳ねる。が、そのかわりにコーナーはグニャと曲がる。足回りと空気圧が合致していない。
  • ハンドリングからのロードインフォメーションが皆無で、タイヤがどちらを向いているのかわからないほどの酷いレベル。ハンドリングに関して論評できる次元でなない。

ミライースの走行性能は、街乗り一般道を普通に走っている分にはそれほど問題ないイメージです。が、一部ではコーナリング・ハンドリングなどについて酷評されるクチコミも見られます。

そもそも、ミライースはハンドリングを語るような使い方をする軽自動車ではないのかもしれませんが・・・。

おすすめの人気軽自動車の走行性能比較・評価ランキング

ミライースの乗り心地は硬いとの評価

ミライースの乗り心地に関する評価です。

走行性能と同じく、ミライースで快適な乗り心地を求めるのは難しいかもしれません。

ミライースの乗り心地に関するクチコミを一部紹介します。

  • 個人的な印象としてはかなり良かった。ダイハツ特有の硬めではあるが、道路の継ぎ目を超えても嫌な振動がなく、値段を考えれば素晴らしい。
  • やや硬めでゴツゴツを拾うが、あまり気にならない。最近タイヤをレグノに換えたので、さらに乗り心地は良くなった。
  • 全体的に硬めのセッティング。ただ不快になるほどではないが、どうしても気になる方は予算上乗せしてムーヴあたりを買うのが言いと思う。100万円ということを考えるとこれくらいで十分。
  • シートだけはやはりイマイチな部分だが、街中であったり長距離・長時間乗る機会が少ないなら問題ない。
  • サスペンションがやや硬すぎる。一般道では道路の凸凹をそのまま拾う感じ。車体が軽いのでどっしり感はやはりない。エコタイヤは固いのでエア圧を少し下げて乗っている。
  • 走行中は車体が軽いため、飛ばされそうな感覚がする。浮くという怖さ。ムーヴは安定していた。やはりミラという名がつくのはミニマムで価格相応か・・・。

ミライースの乗り心地は硬いというクチコミがほとんどです。

この硬さがそれほど気にならないという人と、硬すぎて乗り心地が悪いという人がいて、人それぞれ感じ方によって‥というイメージですね。

ただ、価格相応と割り切った方が良いかもしれません。

また、ミライースは燃費重視のエコタイヤで空気圧が高めの設定なので、空気圧を下げるといった工夫をしている人もいるようです。

軽自動車の乗り心地比較・評価ランキング



ミライースの試乗・クチコミ評価まとめ

ミライースの試乗・クチコミで評価の高かった項目をランキングで紹介します。

1位:コストパフォーマンス(コスパ)評価

2位:実燃費評価

3位:エンジン性能評価

4位:走行性能評価

5位:乗り心地評価

ミライースはの魅力はなんといっても、安い車両価格に価格相応の性能によるコスパの高さです。次いで、評価が高いのは実燃費の良さです。

まさに、本来の軽自動車の魅力がつまっているのがミライースだと評価されています。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車の車種別紹介

Copyright© 2019年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.