N‐BOX比較・ランキング 試乗や走行性能、燃費、価格、室内の広さや安全装備など比較 人気軽自動車のライバル比較

N-VANとN-BOXの違いを比較 乗り心地や広さ税金など

更新日:

ホンダから商用軽自動車バンのN-VANが2018年7月に発売されました。N-VANは、軽自動車販売台数・人気NO1のN-BOXがベースとなっている軽商用バンです。

N-VANは商用車であるにも関わらず、異例の売れ行きで人気となっています。商用で利用する人だけでなく、一般ユーザーの購入も非常に多くなっているようです。

人気のN-BOXがベースになっていることと、軽商用バンでは珍しいFF構造による利便性の高さも人気となっているのでしょう。

商用利用だけでなく、ホビー用途まで幅広く支持されているのがわかります。

2018年おすすめの人気軽自動車ランキング



N-VAN(Nバン)とN-BOXのスタイリングデザイン比較

↑N-VAN

↑N-BOX

基本的にN-BOXが簡素化されて背が高くなったのがN-VANといったイメージになっています。

商用車なのでシンプルで問題ないとは思いますが、売れているのは「+STYLE FUN」というレジャー使用でも違和感のないデザインのグレードです。

↑N-VAN +STYLE FUN

丸めのヘッドライトが特徴的で、N-BOXよりも愛嬌のあるデザインになっています。これなら商用ユーザー以外にも売れて納得ですね。

N-VAN(Nバン)とN-BOXの価格と税金の比較

N-VANとN-BOXの2WDの価格比較です。

N-VAN 価格 N-BOX 価格
G 126万円 G 138万円
L 134万円 G L 149万円
+STYLE COOL 156万円 G EX 159万円
+STYLE FUN 156万円 G Lターボ 169万円
+STYLE COOLターボ 166万円 G EXターボ 174万円
+STYLE FUNターボ 166万円 カスタムG L 169万円
カスタムG EX 175万円
カスタムG Lターボ 189万円
カスタムG EXターボ 194万円

最も安いグレードでN-VANが12万円安く設定されています。

また、ターボエンジンはN-VANが166万円からでN-BOXは169万円からと3万円の差しかありません。N-BOXはカスタムターボではなく、N-VANは+STYLEの差はありますが、ターボではN-VANの価格優位性はほぼなくなります。

価格以外に、大きく違ってくるのが税金です。

N-BOXは小型乗用の扱いで「5ナンバー」、N-VANは小型貨物車の扱いになるので「4ナンバー」となり、税金は小型貨物の「4ナンバー」の方がかなり安くなります。

まずは、毎年支払いが必要な軽自動車税です。

  • N-VAN:5,000円
  • N-BOX:10,800円

ただでさえ安い軽自動車税がさらに年間5800円安くなります。5年乗れば29,000円安くなります。

車検については、N-BOXもN-VANも2年毎と変わりません。ただし、新車購入での最初の車検はN-BOXが3年で、N-VANについては2年となっているので注意が必要です。

税金面でメリットがある「4ナンバー」ですが、4ナンバーはあくまでも貨物車としての扱いなので、荷物を載せることが目的として設計されています。

よって、後席が狭くて使い物にならないとか、タイヤの種類の制限があったりと乗用車の感覚ではないということを十分に理解しておく必要があります。

N-VAN(Nバン)とN-BOXのボディサイズ比較

N-VAN N-BOX
全長 3395mm 3395mm
全幅 1475mm 1475mm
全高 1945mm 1790mm
ホイールベース 2520mm 2520mm
車重 940kg 890kg

全高以外のボディサイズは全く一緒です。

注目は全高で、N-VANの方が155mmも高い1945mmです。人気の大型ミニバンであるアルファードの全高が1935mmなので、N-VANはアルファード・ヴェルファイアよりも背が高くなっています。

背が高い分、当然車重も重くなっています。が、グレードによってはそれ程の差あるわけではありません。N-BOXには豪華装備てんこ盛りなので、車重も重くなっています。



N-VANとN-BOXのスライドドアの違いと使い勝手比較

そもそもN-VANは荷物を積み込んで運ぶことを目的としているので、N-BOXとは使い勝手の見方は違います。

N-VAN一番のポイントは助手席側のセンターピラーをなくして、非常に大きな開口部を実現しているところです。

↑N-VAN

軽自動車では、スーパーハイトワゴンでN-BOXのライバルであるタントが、ピラーレスのスライドドアを採用して、使い勝手が良く人気となっています。

ミラクルオープンドア

↑タント

軽自動車のスライドドアを比較 スライドドア使い勝手NO1はタント!

タントでは人の乗降のしやすさを目的としていますが、N-VANは荷物の積み下ろしを目的としています。軽商用バンでもピラーレスの採用は初めてです。

↑N-VAN

N-VANはピラーレスに加えて、助手席とリアシートをフラットにすることができます。長い物や大きくて重い物は、助手席側からの積み下ろしがスムーズに行えるようになっています。

また、助手席とリアシートをフラットにすることで、究極の一人乗りが実現できます。車中泊も楽勝でこなせそうです。

N-BOXの使い勝手は人を第一に考えられています。

N-BOXは室内高1400mmと、子供が立って着替えることができる程の高さが魅力です。とにかく居住スペースが広いです。

また、N-BOXは助手席スーパースライドシードも魅力です。

助手席のスライド量がなんと57cmもあるので、リアシートのスライと組み合わせると使い勝手は非常にアップします。

リアシートと運転席の間に助手席をセットすれば、運転者ともリアに乗った子供とも会話を弾ませながらのドライブが楽しめそうです。

N-VANとN-BOXは同じベースの軽自動車ではありますが、使い勝手は目的に応じた工夫が見られますね。

N-VANとN-BOXのエンジンパワーと燃費

N-VANとN-BOXのエンジン出力の比較です。

自然吸気(NA) N-VAN N-BOX
最高出力 53ps/6800rpm 58ps/7300rpm
最大トルク 6.5kgm/4800rpm 6.6kgm/4800rpm

N-VANとN-BOXは基本的に同じエンジンが搭載されていますが、エンジンスペックではN-BOXが上回ります。

さらに、車重が40kg-50kg程度重いN-VANが加速では不利になります。さらにさらに、荷物を大量に積み込めばもっと加速は厳しくなるでしょう。

軽自動車エンジン性能、パワー比較

では、ターボエンジンはどうでしょうか?

ターボエンジン N-VAN N-BOX
最高出力 64ps/6000rpm 64ps/6000rpm
最大トルク 10.6kgm/2600rpm 10.6kgm/2600rpm

ノンターボではN-BOXのスペックが上だったのですが、ターボエンジンはなぜかスペックは全く一緒です。理由は詳しく分かりませんが、ターボエンジンの方がおすすめなのは間違いありません。

軽自動車にターボは必要?ターボモデルのパワーと燃費、価格を比較
軽自動車の加速性能比較・ランキング

次いで、燃費の比較です。

N-VAN N-BOX
自然吸気(NA) 23.8km/L 27.0km/L
ターボエンジン 23.6km/L 25.6km/L

車重が重い分N-VANの方が燃費は悪くなっています。

自然吸気エンジンでは約12%燃費が悪いですが、ターボエンジンでは約8%と同じパワーのターボの方が燃費差は小さくなっています。

N-VANのターボエンジンは「+STYLE」モデルにしか搭載されていないのは残念です。

おすすめの人気軽自動車の実燃費比較・満足度ランキング

N-VANとN-BOXの乗り心地や走行性能比較

N-BOXは軽自動車の中で、乗り心地の評価が非常に高くなっています。

スーパーハイトワゴン軽自動車は、全高が高さからくるロールを抑えるために硬い乗り心地が多くなっていますが、N-BOXは硬すぎず、柔らかすぎずといった絶妙なセッティングになっているとの評価が多くなっています。

また、シートも厚みがあって疲れにくいとの評価が多いです。

一方、N-VANは、N-BOXがベースとはいえ、走行性能や乗り心地は全く別物と思っていた方が良いです。

走行性能はN-BOXよりも155mmも高い全高が災いして、ロールは明らかに大きくなるようです。

また、乗り心地もN-BOXとは別物です。重い荷物を載せて走ることを前提としているので、乗り心地よりも耐久性重視の設計になっているようです。

サスペンションのストローク量が少なく、凸凹では衝撃が結構ダイレクトに伝わってきて、段差とかは跳ねるような感じとの評価もあります。

N-VANはあくまでも商用車なので、一般使用で購入するのなら、乗員1名から2名プラス荷物で使用することを前提とした方が良いです。4名乗車で快適なカーライフを望むのなら間違いなくN-BOXがおすすめです。



N-VANとN-BOXの安全装備比較

N-VANもN-BOXも非常に優れているのは、両車ともに「ホンダセンシング」を標準装備していることです。

安全装備では軽自動車の中でも一番充実している「ホンダセンシング」をN-VANに全車標準装備にしたホンダはさすがです。

  • 衝突軽減ブレーキ(車両・歩行者対応)
  • 誤発進抑制機能(前方・後方対応)
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • オートハイビーム

自動ブレーキはもちろんですが、ホンダセンシングのすごいところは、車線維持支援などのステアリング支援機能がついているところです。

ACCがアクセル・ブレーキの操作をしてくれるので、軽自動車でありながら自動運転に一歩近づくほどの装備です。

自動運転の軽自動車を比較 運転支援システムでおすすめはN‐BOX!
軽自動車の自動ブレーキの価格を比較 オプション価格は?
安全性が高い軽自動車のおすすめランキング

N-VANとN-BOXの比較まとめ

N-BOXと同じくヒットの予感がするN-VANですが、商用利用でないのなら購入は慎重になった方が良いと思います。

N-VANはあくまでも荷物を運ぶ軽自動車なので、1人で趣味の荷物を大量に積み込んで出かけるなど、乗員は1名か2名に限定する方が良いです。後席は緊急用と割り切った方が良いでしょう。

少しの荷物で、人を乗せて快適なドライブを楽しみたいのならN-BOXです。そもそもN-BOXでも、かなり広いので結構荷物を積み込むことができますし。

N-BOXカスタムとフリードを比較 価格や燃費、試乗・クチコミ評価
N-BOXとルーミー・タンクを比較 価格や燃費、試乗・走行性能比較
N-BOXとフィットを比較 燃費や価格、走行性能など買うなら?

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-N‐BOX比較・ランキング 試乗や走行性能、燃費、価格、室内の広さや安全装備など比較, 人気軽自動車のライバル比較

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.