軽自動車の車種別紹介

2018年新型スペーシア・スペーシアカスタム モデルチェンジの変更点

更新日:

スズキが発売しているスーパーハイトワゴンタイプの「スペーシア」と「スペーシアカスタム」が2017年12月にモデルチェンジされました。

これまでのスペーシアは人気となっているスーパーハイトワゴンの中では、ホンダのN-BOXやダイハツのタントの人気には及ばない、少々地味な存在した。

新型スペーシアとスペーシアカスタムは人気モデルとなれる進化をしていて、スーパーハイトワゴンの中でおすすめの「買い」モデルでしょうか?

関連リンク
おすすめのスーパーハイトワゴン軽自動車ランキング
新型N-BOXと新型スペーシアを比較!価格・燃費・室内空間・安全装備でどちらがお買い得か?
新型スペーシアとタントを比較!燃費は互角でスライドドアはタントがおすすめ

おすすめの人気軽自動車ランキング

新型スペーシア・スペーシアカスタムはスタイリングが大きく変更

↑新型スペーシア

スペーシア

↑先代スペーシア

新型スペーシアはスタイリングを大きく変更しています。スペーシアの欠点は個性のないスタイリングデザインにあったとも思われます。

新型スペーシアはスーツケースをイメージしたワクワク感を与えてくれるデザインになっているとの事です。スーツケースのイメージはわかるような、わからないような?感じですが、先代スペーシアよりも間違いなく、ワクワク感のあるデザインになっています。

↑新型スペーシアカスタム

スペーシアカスタムZ

↑先代スペーシアカスタムZ

新型スペーシアカスタムは迫力のあるフロントマスクが印象的ですね。先代でもスペーシアカスタムZも追加発売されて人気となっていました。カスタムZが発売されるまでのカスタムは迫力のないスタイリングデザインが原因で人気イマイチだったような感じです。

スペーシアカスタム

↑先代スペーシアカスタム

先代のスペーシアカスタムと比較すると、確実に新型スペーシアカスタムのスタイリングは良くなっています。これならライバルのN-BOXにも十分対抗できるスタイリングになっています。

カスタムモデルの軽自動車ランキング!価格と燃費を比較



新型スペーシア・スペーシアカスタムはボディサイズ拡大

新型スペーシアで大きく変更されたのはスタイリングデザインだけでなく、ボディサイズが変更されています。

新型スペーシア・スペーシアカスタムボディサイズ

  • 全長:3395mm
  • 全幅:1475mm
  • 全高:1785mm(+50mm)
  • ホイールベース:2460mm(+35mm)

全長と全幅に変更はありませんが、全高とホイールベースが大きくなっています。これは室内空間の拡大につながっています。

先代までのスペーシアはN-BOXやタントと比較すると全高が低くなっていましたが、新型となってライバルと同等のボディサイズとなりました。

また全高が高くなったことで、迫力のあるスタイリングとなっていることも大きなポイントです。特にカスタムでは、N-BOXにも引け劣らない迫力満点のスタイリングデザインとなりました。どちらが良いかは好みの問題ですが・・・。

新型スペーシアの室内・ラゲッジスペース

新型スペーシアは、全高とホイールベースが拡大されたことで、室内とラゲッジのスペースが拡大しています。

全高が50mm高くなったことで、室内高は1410mmと先代から35mm高くなっていて、室内幅は25mm大きくなって1345mmと、広々した室内空間が実現されています。

室内高ではN-BOXの1400mmを上回る高さにまで拡大されています。

おすすめの室内の広い軽自動車を買う!室内空間の比較・ランキング

ラゲッジスペースも拡大されていて、後席を倒せばフラットなスペースが現れて、27インチの自転車を積むことも可能です。荷室のフロア高は510mmとN-BOXの480mmには劣りますが、自転車を積みやすくするためのガイドが設置されるなどの工夫があって積みやすくなっています。

軽自動車ラゲッジスペース(荷室)比較・ランキング

新型スペーシアの魅力はマイルドハイブリッドによる低燃費

スーパーハイトワゴンは全高が1,700mm以上にまで引き上げることで、広い室内空間が実現されていて、小さな子供を持つファミリーなどに人気となっています。

しかし、全高を高くすることで車重が重くなり、燃費が悪いという大きなデメリットがあります。

新型スペーシア・スペーシアカスタムの一番の魅力は燃費の良さです。

最も燃費が良いのは最もベーシックなグレードHYBRID Gの「30km/L」です。豪華仕様の自然吸気エンジンでは「28.2km/L」で、ターボエンジンだと「25.6km/L」となっています。どの数値もライバルとなる新型N-BOXを上回る低燃費となっています。

新型スペーシア低燃費の秘密は、マイルドハイブリッドの採用で、自然吸気エンジンとターボエンジン両方に搭載されます。

新型スペーシアのマイルドハイブリドは、モーター機能付き発電機(ISG)を高出力化し、専用リチウムイオンバッテリーの容量を増やした結果、最長10秒間のモーターによるクリープ走行と最長30秒間のモーターによるアシストが可能になっています。

軽自動車の魅力に維持費の安さがありますが、税金以外にも燃費は大事な要素になります。マイルドハイブリッドを採用している限り、燃費の優位性は揺るぎそうにありません。

おすすめのハイブリッド軽自動車を比較!価格と燃費は?
軽自動車は燃費が良い?ボディタイプ別燃費比較・ランキング

新型スペーシアは充実した自動ブレーキなどの最新の安全装備

新型スペーシアの大きな特徴として、先進安全運転支援機能である「スズキセーフティサポート」が全車標準装備されていることが挙げられます。

  • 歩行者対応の自動ブレーキ
  • 標識認識機能
  • 誤発進要請機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト
  • 後退時ブレーキサポート
  • 後方誤発進抑制機能

さらには、サイドエアバッグも標準装備されています。ただし、N-BOXにはサイドカーテンエアバッグも標準装備されているので、少々見劣りする部分です。軽自動車はサイドからの衝突に弱いので、サイドカーテンエアバッグもぜひ欲しいところです。

自動ブレーキの軽自動車を買う スズキ、ダイハツ、ホンダ、日産の性能比較
安全性が高い軽自動車のおすすめランキング
軽自動車はエアバッグが大事!サイドエアバッグ・カーテンエアバッグはホンダの軽自動車がおすすめ!

新型スペーシアの便利装備

新型スペーシアは最新の軽自動車だけに、最新の便利装備が採用されています。

オプションとして軽自動車初となる「フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ」などの新機能があります。車速の他に、瞬間燃費、エンジン回転数、エネルギーフロー、エアコン設定の表示、ナビゲーションの交差点案内などはもちろん、衝突被害軽減ブレーキなどの警告表示も表示されます。運転の時、視線の移動が少なく安全運転には便利な機能です。

室内快適装備では、エアコン使用時に車内の空気を循環させて、前後席の温度差を少なくする「スリムサーキュレーター」や、エアコンの風を拡散させて風当たりをソフトにする軽自動車初の「エアコンルーバー」が採用されています。

↑スリムサーキュレーター

家族みんなが、どこに座っても快適に過ごせる工夫が魅力です。

また、スライドドアにも最新の装備があります。

それが「パワースライドドア予約ロック機能」です。パワースライドドアを閉めている途中に、携帯リモコンでドアロックを「予約」できる機能です。ドアが閉まり切るまで待たなくてもいいから、降りた後の行動もスムーズです。

この機能はすでにダイハツのタントでは採用されている機能です。

軽自動車のスライドドアを比較 スライドドア使い勝手NO1はタント!

新型スペーシア・スペーシアカスタムの選び方

新型スペーシアを買うには、自然吸気エンジンか、ターボエンジンかを選ぶ必要があります。車重が重いので、高速を利用するならばターボエンジンがおすすめとなります。

ターボモデルはカスタムにしか設定がないので、高速を利用される方ならばカスタムを選ぶしかありません。N-BOXにはカスタム以外にもターボの設定があり、選択に幅が広がるので、カスタムのスタイリングが好みでない方はN-BOXを選ぶしかなくなります。

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

新型スペーシアデータ

ハイブリッドX

全長×全幅×全高 3395×1475×1785
室内長×室内幅×室内高 2155×1345×1410
トレッド 前/後 1295/1300
車両重量 870kg
エンジン種類 直列3気筒DOHC+モーター
最高出力 52ps
最大トルク 6.1kgm/4000rpm
モーター最高出力 3.1ps
モーター最大トルク 5.1kgm/100rpm
燃料タンク容量 27L
タイヤサイズ 155/65R14
最小回転半径 4.4m
JC08モード燃費 28.2km/L
車両本体価格 146万8800円

カスタム ハイブリッドXSターボ

全長×全幅×全高 3395×1475×1785
室内長×室内幅×室内高 2155×1345×1410
トレッド 前/後 1295/1300
車両重量 900kg
エンジン種類 直列3気筒DOHCターボ+モーター
最高出力 64ps
最大トルク 10.0kgm/3000rpm
モーター最高出力 3.1ps
モーター最大トルク 5.1kgm/100rpm
燃料タンク容量 27L
タイヤサイズ 165/55R15
最小回転半径 4.6m
JC08モード燃費 25.6km/L
車両本体価格 178万7400円

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車の車種別紹介

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.