人気軽自動車のライバル比較

ミラトコットとアルトラパン比較 安全性ではトコット、走りはラパン

更新日:

2018年に発売されたミラトコットは、ベーシック軽自動車の代表格ミライースがベースで、若年女性をターゲットとして発売されました。ミラココアの後継モデルの位置づけになります。

同じく、ベーシック軽自動車のアルトがベースとなっている、女性がターゲットのアルトラパンとミラトコットを比較します。

トコットってちょっと言いにくいですよね・・・。

ミラトコットとミラココアの違いを比較 価格や燃費
トコットとミライースの違いを比較 デザインと安全性はトコット!

2018年おすすめの人気軽自動車ランキング



トコットとラパンのスタイリングデザイン比較

↑トコット

トコットは可愛いデザインというよりもシンプルといったイメージですね。女性ターゲットなので丸っこいスタイリングになると思いきや、直線基調のスタイリングになっています。

カラーリングも華やかでポップな色よりも、この画像の少々地味なイメージのある「セラミックグリーンメタリック」が似合っていると思います。

↑デザインフィルムトップ

また、トコットには2トーンカラーもラインアップされています。このデザインフィルムトップは、ただの2トーンではなく、キャンバス地調のアイボリーが採用されています。

シンプルなデザインは女性に絞り込んでいるというよりも、誰でも安心して乗れるコンセプトになっています。

ラパン

↑ラパン

ラパンについても水平基調のスタイリングになっていますが、フロントマスクのデザインは女性受けしそうな可愛いイメージになっています。

スタイリングの評価は高いですが、男性乗るにはちょっと抵抗があるようなデザインかもしれません。

スタイリングデザインは好みの問題ですが、万人受けするのはトコットだと思います。

デザイン重視!かわいい軽自動車におしゃれに乗りたい女性へおすすめ

トコットとラパンのボディサイズ・室内スペースの比較

トコット ラパン
全長 3395mm 3395mm
全幅 1475mm 1475mm
全高 1530mm 1525mm
ホイールベース 2455mm 2460mm
車重 720kg 680kg

同じようなセダンタイプの軽自動車なのでボディサイズはほぼ一緒です。全高がトコットの方が5mmほど高いだけです。

この2台のベース車種である「ミライース」の全高は1500mm(+30mm)で、「アルト」の全高は1475mm(+50mm)ほど背が高くなっています。

また、ほぼ同じボディサイズですが、ラパンの方が40kg軽くなっています。スズキの軽自動車は軽量ボディが魅力です。

トコット ラパン
室内長 2000mm 2020mm
室内幅 1305mm 1295mm
室内高 1270mm 1240mm

ボディサイズほぼ一緒でしたが、室内スペースは若干トコットの方が広くなっています。

特に頭上スペースが広い方が、スペースに余裕を感じるので、数値以上にトコットは広く感じるかもしれません。

おすすめの室内の広い軽自動車を買う!室内空間の比較・ランキング



トコットとラパンの燃費比較

カタログに記載されているJC08モード燃費です。(2WD)

JC08モード燃費
トコット 29.8km/L
ラパン 29.6km/L~35.6km/L

ラパン燃費は低価格モデルの5AGSと通常モデルのCVTがラインアップされていて、CVTなら35.6km/Lとトコットの燃費を大きく上回ります。

価格帯の同じベーシックグレード同士なら燃費ほぼ同等で、中級以上グレード同士の比較なら、圧倒的にラパンが低燃費です。

ただし、これあくまでも数値上の燃費であって、実燃費は違ってきます。走行条件や運転の仕方で実燃費は大きく変わってきますが、一般的にはカタログ燃費の6~7割といわれています。

軽自動車の実燃費比較・満足度ランキング

トコットとラパンの価格比較

トコット 価格 ラパン 価格
L 107万円 G 107万円
L SAⅢ 113万円 L 120万円
X SAⅢ 122万円 S 128万円
G SAⅢ 129万円 Sセレクション 133万円
X 138万円
Fリミテッド 140万円

最安グレードの価格は107万円と一緒ですが、ラパンの107万円には自動ブレーキなどの予防安全装備が標準装備されています。トコットは113万円からの装備となります。

ただし、ラパンの107万円はCVTではなく5AGSです。5AGSとはクラッチのないMTです。ダイレクトな走行感覚が魅力ですが、MTなのでギクシャク感はあります。

正直、5AGSは女性向けのラパンには似合わないので、CVTとなる120万円からになります。そうなるとトコットのSAⅢつきが113万円からになるので、実質的に安いのはトコットの方になります。

安い軽自動車に乗り換えるならアルトかミライースがおすすめ

トコットとラパンのエンジンパワーと加速性能の比較

エンジンスペックの比較です。トコットもラパンも自然吸気(NA)エンジンのみのラインアップです。

トコット ラパン
最高出力 52ps/6800rpm 52ps/6500rpm
最大トルク 6.1kgm/5200rpm 6.4kgm/4000rpm

最高出力は一緒ですが、最大トルクはラパンの方が上回っています。市街地走行が中心になると思うので、市街地加速では最大トルクが重要になるので、ラパンの方が加速性能は高いと思います。

エンジンパワーではラパンが上ですが、加速性能は車重に大きく影響されます。

そこで、車重を最高出力で割った、パワーウェイトレシオという数値で比較します。

  • トコット:720kg/52ps 13.8kg/ps
  • ラパン:680kg/52ps 13.1kg/ps

ラパンの方が車重が軽いので、総合的に見てラパンの方が加速性能は高くなっています。

女性ターゲットで、街乗り中心であれば加速性能はそれほど必要ないかもしれませんが・・・。

軽自動車の加速性能比較・ランキング

トコットとラパンの乗り心地比較

ラパンは乗り心地の評価が高い軽自動車です。

  • 乗り心地がラパンの一番の魅力。最近の軽自動車は背が高いので、足回りが硬いクルマが多いが、ラパンはしっとりした乗り心地。
  • 段差乗り上げ時も突き上げ感はそんなになく割とソフト。
  • ベースのアルトとは全く別の車といっていいほど乗り心地が違う。アルトは、もう少しバタバタしたイメージの乗り味。
  • サスペンションは少し柔らかめ路面の小さなギャップはあまり気にならない。

ベースのアルトよりも乗り心地の評価は高くなっています。クチコミにもアルトよりもソフトな乗り心地で良いなどの意見があります。

アルトは硬めのサスセッティングで女性向けのラパンはソフトなセッティングと使い分けているようですね。

トコットの乗り心地も良好だと、試乗レポートなどでは紹介されています。

これはイース上級モデルに採用されている太い径のダンパー(30mm・標準モデルは25mm)をベースに、さらに乗り心地を追求するため内部に組み込まれたリバウンドスプリングが影響しているようです。

ベースとなっているミライースの乗り心地は「硬め」とのことで、クチコミでの評価は低くめのイメージです。が、やはりトコットではソフトなセッティングに変更しているようです。

軽自動車乗り心地の比較・評価ランキング

トコットとラパンの安全装備比較

安全性はトコットの方断然おすすめです。

トコットに搭載されている安全装備はスマートアシストⅢとダイハツ最新の予防安全装備です。

  • 衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ・歩行者対応)
  • 車線逸脱警報機能
  • 誤発進抑制制御機能(前方・後方)
  • オートハイビーム

自動ブレーキは歩行者対応になっていますし、誤発進抑制機能も前方だけでなく、後方にも対応しています。

個人的にはオートハイビームはおすすめです。夜間走行はハイビームで走行した方が、確実に視界が良く事故予防につながります。そのハイビームとロービームを自動で切り替えてくれるのは、とてもありがたい機能だと思います。

一方、ラパンの安全装備は限定的です。

  • 衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ・車両のみ対応)
  • 誤発進抑制機能(前方のみ)

必要最低限な安全装備は搭載されているとも言えます。

自動ブレーキの軽自動車を買う スズキ、ダイハツ、ホンダ、日産の性能比較
軽自動車の最新安全装備の誤発進抑制、車線逸脱警報、ハイビームアシストなど比較

トコットの安全性をおすすめするのは、予防安全装備だけではありません。

トコットは「サイドエアバッグ」「カーテンエアバッグ」が全車標準装備になっているのが、おすすめする一番の理由です。

自動ブレーキも大事なのですが、軽自動車の安全性はエアバッグだと思います。ボディが軽く薄い軽自動車は特にサイドからの衝突が危険です。

ラパンにはサイドエアバッグやカーテンエアバッグが装備されていません。いざという時には大きなさにな差になります。

軽自動車はエアバッグが大事!サイドエアバッグ・カーテンエアバッグ

トコットとラパンの比較まとめ

2018年に発売されたトコットと2015年にモデルチェンジされたラパンは、同じ女性をターゲットとしているライバルの2台です。

一番の違いはスタイリングデザインです。

女性向けに可愛いデザインを採用しているラパンと、可愛いよりも徹底的にシンプルなデザインを採用しているトコットです。

ラパン

可愛すぎるデザインはちょっと・・・という方には「シンプル」なデザインのトコットはうけているようですが、これは好みお問題ですね。可愛いいデザインばかりでなく、選択肢増えたのはありがたいことですね。

安全性ではトコットが絶対おすすめです。

安全性が高い軽自動車のおすすめランキング

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-人気軽自動車のライバル比較

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.