軽自動車を買う

デイズルークス/ハイウェイスターのグレード別価格と装備の違いを比較

更新日:

デイズルークスは日産から発売されているスーパーハイトワゴンで、日産と三菱の合弁会社NMKVが開発し三菱が製造しているという、日産と三菱の合作で2014年に発売されました。

ライバルのN-BOXが独走しているスーパーハイトワゴンタイプですが、室内高1400mmはN-BOXと同じ数値ということで、室内スぺースについては負けていません。

おすすめの室内の広い軽自動車を買う!室内空間の比較・ランキング

また、デイズルークスは乗用車並みのインテリアの質感の高さや、軽自動車としてはソフトな乗り心地が特徴です。アラウンドビューモニターが標準装備されているのも嬉しいポイントです。

軽自動車のインテリア比較ランキング
軽自動車のパーキングアシスト(アラウンドビュー・バックモニター)

おすすめの人気軽自動車ランキング



デイズルークスのグレード別価格比較

【デイズルークス
■S
1,317,600円(FF) 1,438,560円(4WD)

■X
1,436,400円(FF) 1,557,360円(4WD)

■XVセレクション
1,501,200円(FF) 1,622,160円(4WD)

■ボレロ
1,595,160円(FF) 1,702,080円(4WD)

【デイズルークスハイウェイスター
■ハイウェイスターX
1,639,440円(FF) 1,760,400円(4WD)

■ハイウェイスターXターボ
1,671,840円(FF) 1,792,800円(4WD)

■ハイウェイスターXVセレクション
1,704,240円(FF) 1,825,200円(4WD)

■ハイウェイスターXGパッケージ
1,711,800円(FF) 1,832,760円(4WD)

■ハイウェイスターGターボ
1,765,800円(FF) 1,886,760円(4WD)

【デイズルークスライダー
■ライダー(ハイウェイスターXベース)
1,826,280円(FF)

■ライダー(ハイウェイスターXターボベース)
1,858,680円(FF) 1,965,600円(4WD)

■ライダー(ハイウェイスターXGパッケージベース)
1,898,640円(FF) 2,005,560円(4WD)

■ライダー(ハイウェイスターGターボベース)
1,952,640円(FF) 2,059,560円(4WD)

デイズルークスのグレードは多く複雑

デイズルークスはグレードが非常に多く複雑です。

スタイリングデザインで大きく分けると「デイズルークス」「デイズルークスハイウェイスター」「デイズルークスライダー」の3つに分かれます。

↑デイズルークス

↑デイズハイウェイスター

↑デイズルークスライダー

各々装備の違いはありますが、価格差は以下の通りです。「X」をベースに比較します。

  • ハイウェイスターX:+203,040円
  • ライダー(ハイウェイスターXベース):+186,840円

「デイズルークス」「デイズハイウェイスター」「デイズルークスライダー」の中に、2~3つ程度のグレードと自然吸気エンジンとターボエンジンがラインアップされているのですから、複雑になるのも当然ですね。

デイズルークスは、まず、どのスタイリングデザインを選ぶかから始まるのかもしれません。



デイズルークスとハイウェイスターの装備と価格を比較

デイズルークスの中で人気となっているのは「デイズルークス」と「デイズルークスハイウェイスター」です。

価格差は「X」グレードで約20万円と大きいですが、装備の差も大きいです。

最安グレード「S」はお買い得か?

まずは、デイズルークスにだけ設定されている最安グレード「S」の価格は1,317,600円で設定されています。「S」は自然吸気エンジンだけの設定で、ターボエンジンは設定されていません。

一つ上のグレードの「X」との価格差は118,800円となっていて、装備の差は主に以下の通りです。

  • プッシュエンジンスターター
  • インテリジェントキー(運転席・助手席・バックドア感知、キー2個)
  • オートエアコン(タッチパネル式、作動確認機能付)
  • 外気温度計(メーター内ディスプレイ)
  • 「ナノイー」搭載リヤシーリングファン
  • スライドドアオートクロージャー(両側)
  • リモコンオートスライドドア(助手席側)

これらの装備が「S」には装備されなくて「X」には標準装備されています。

特にリモコンオートスライドドアが「S」にはオプションでも装着することができません。スライドドアにオートスライド機能は必須だと思います。両側とまでとは言いませんが、せめて左側だけでも欲しいところです。

軽自動車のスライドドアを比較 スライドドア使い勝手NO1はタント!

また、「ナノイー」搭載リヤシーリングファンも嬉しい装備です。室内の空気を循環させるだけでなく、ナノイーが搭載されています。

軽自動車の空気清浄機能 室内の快適装備「ナノイー」「プラズマクラスター」

118,800円の価格差は安くありませんが、この2つの装備があるだけでも「X」グレードの方が選ぶ価値があると思います。

デイズルークスとデイズルークスハイウェイスターどちらを選ぶ?

デイズルークスとハイウェイスターどちらを選ぶかは難しい選択かもしれません。価格差は「X」なら約20万円もハイウェイスターが高くなります。

装備の差もありますが、大きな違いはスタイリングデザインです。

↑デイズルークス

↑デイズハイウェイスター

個人的にはハイウェイスターが好みです。ライバルのカスタムモデルと比べると、威圧感は少なく品のある大人で軽自動車っぽくないイメージです。

↑スペーシアカスタム

特にスペーシアカスタムは、イカツ過ぎます。あくまでも好みの問題ですが。

あと、ハイウェイスターを選ぶ理由はターボのラインアップです。ノーマルのデイズルークスには自然吸気エンジンのラインアップしかありません。

デイズルークスはライバルと比較すると車重が重く、自然吸気エンジンは最大トルクがライバルよりも低くなっているため、加速性能に不満が出るかもしれません。

軽自動車エンジン性能、パワー比較
軽自動車の加速性能比較・ランキング

平地で街中中心の乗り方ならば問題ないかもしれませんが、高速道路の合流や長い上り坂ではターボエンジンが欲しくなると思います。

ターボならば、パワー的にもライバルと遜色ないので不満はないと思います。

スタイリングデザインとターボが選べるラインアップを考えると、ハイウェイスターを選ぶことが多くなるのではないでしょうか。

デイズルークスのベストグレードランキング

デイズルークスの個人的なおすすめグレードをランキング形式で紹介します。

1位:デイズルークス ハイウェイスターXターボ

デイズルークスで一番おすすめのグレードはハイウェイスターXターボです。

おすすめする一番の理由は、ターボエンジンの価格の安さです。

  • デイズルークスハイウェイスターXターボ:167万円
  • タントカスタムRS"SAⅢ":170万円
  • スペーシアカスタム HYBRID XSターボ:178万円
  • N-BOXカスタム GLターボ:189万円

タントカスタムとは3万円差ではありますが、スペーシアカスタムやN-BOXカスタムよりも10万円以上安くで、ターボのスーパーハイトワゴンを買うことができます。

も一つ上のグレードにハイウェイスターGターボがありますが、価格差は93,960円ほど高くなります。ちなみに装備の差は以下の通りです。

  • クルーズコントロール
  • ステアリングスイッチ(クルーズコントロール)
  • リモコンオートスライドドア(両側)
  • 15インチアルミホイール

ハイェイスターGターボだとクルーズコントロールと、左側だけでなく両側のオートスライドドアが標準装備されます。ハイェイスターXターボだと左側だけのオートスライドドアで、オプションで右側対応も可能です。

クルーズコントロールに関しては、N-BOXほどの機能ではないので、それほどこだわる必要もないと思います。

軽自動車のクルーズコントロール比較
自動運転の軽自動車を比較 運転支援システムでおすすめはN‐BOX!

また、ソフトな乗り心地が魅力のデイズルークスに、15インチと大きなサイズで乗り心地を悪くする必要もないと思います。

2位:デイズルークス X

おすすめグレードの2位はベーシック系の「X」です。

普段の買い物などの足として市街地中心に乗るのであれば、自然吸気エンジンでも必要十分な走りです。同じ「X」でもハイウェイスターだと20万円高くなります。

ただし、ハイウェイスターなら装備もかなり充実しています。

  • LEDヘッドランプ
  • ハイビームアシスト
  • オートライトシステム
  • サイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラー
  • 本革巻ステアリング
  • LDW(車線逸脱警報)
  • 14インチアルミホイール

エアロパーツに加えて装備面でも標準装備が増えるのがハイウェイスター「X」です。

が、なぜベーシック「X」の方がおすすめかというと、ハイウェイスターXを買うのなら、ハイウェイスターXターボを買った方が良いからです。

「X」と「Xターボ」の価格差は32,400円しかありません。それなら3万円追加でターボエンジンを買った方が良いですよね。

デイズルークスのツートンカラーがおすすめ

人とはちょっと違う個性を出したいのであれば、ツートンカラーがおすすめです。

その中でも、ハイウェイスターに設定されているレッドとブラックのカラーが個人的には好みです。

天井とドアミラーがブラック仕様となります。

オプション価格で54,000円かかりますが、単色でも特別カラーなら32,400円かかかるので、差別化したいならおすすめです。



デイズルークスのデメリットは燃費

ソフトな乗り心地と上質なインテリアで、ターボエンジンの価格が安いデイズルークスですが、デメリットもあります。

それは燃費です。

スーパーハイトワゴンは車重が重いので、燃費が悪くなってしまいます。その中でもデイズルークスはライバルの燃費と比較すると見劣りする部分です。

デイズルークス自然吸気エンジンの燃費22km/Lに対して、N-BOXが27km/Lでスペーシアは28.2km/Lと大きな差があります。

また、ターボでもデイズルークスの22.2km/Lに対して、N-BOXが25km/Lでスペーシアは24km/Lとなっています。デイズルークスは何故かターボの方が燃費が良いのは謎ですが、それでもライバルに見劣りします。

軽自動車は燃費が良い?ボディタイプ別燃費比較・ランキング
おすすめの人気軽自動車の実燃費比較・満足度ランキング

デイズルークスまとめ

  • デイズルークスはソフトな乗り心地と上質なインテリアが魅力
  • ハイウェイスターのターボがライバルよりも安い
  • ベストグレードはハイウェイスターXターボ
  • ライバルよりも燃費が悪い

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車を買う

Copyright© カースペックマニア【2021年度】 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.