N‐BOX比較・ランキング 試乗や走行性能、燃費、価格、室内の広さや安全装備など比較 人気軽自動車のライバル比較

N-BOXカスタムとタントカスタムの試乗や燃費、室内空間、価格を比較

更新日:

2017年から2018年にかけて、軽自動車で一番注目の2台がN‐BOXタントです。

全高1700mm以上の高さを活かした室内空間と、使い勝手の良いスライドドアが人気のスーパーハイトワゴンと呼ばれる2台です。

その中でも特に人気なのは、エアロパーツで装飾されたスタイリングが魅力の「カスタム」です。カスタムは通常ボディとスタイリングデザインが違うだけでなく、装備やエンジンラインアップなども違っています。

2017年に新型となったN‐BOXカスタムと比較すると、2013年発売の現行タントカスタムは不利ですが、販売台数ではこの2台がトップ2になることも多い人気モデルです。

軽自動車人気をけん引する、N‐BOXカスタムとタントカスタムを比較して、よりお買い得でおすすめはどちらかを紹介します。

2018年人気の軽自動車販売台数ランキング

2018年おすすめの人気軽自動車ランキング



N‐BOXカスタムとタントカスタムのスタイリング比較

スタイリングが魅力のカスタムモデルだけに、まずは外観を比較します。

↑N‐BOXカスタム

タントカスタム

↑タントカスタム

落ち着いた雰囲気があるのはN‐BOXカスタムで、タントカスタムの方がメッキなどの使われ方も多く、グリル面積が大きいので迫力があります。

ただ、スタイリングは完全に好みの問題です。個人的には、あまり押し出しが強すぎるデザインがあまり好きではないので、N‐BOXカスタムの方が好みです。大人のカスタムといった感じです。

カスタムモデルの軽自動車ランキング!価格と燃費を比較

N‐BOXカスタムとタントカスタムの室内空間比較

室内空間については、N‐BOXカスタムの圧勝です。

  N‐BOXカスタム タントカスタム
室内長 2240mm 2200mm
室内幅 1350mm 1360mm
室内高 1400mm 1365mm

*2018年2月データ

カスタムだからと言って通常ボディと違いはありません。特に注目は室内高になります。室内の広さを感じるのは高さになります。N‐BOXカスタムの1400mmの高さは小学生が立つことができる程の高さです。なんと同じホンダのミニバンであるステップワゴンとほぼ一緒の高さです。

N‐BOXカスタムは全高が1790mmとタントカスタムの1750mmよりも高くなっているので当然の結果かもしれませんが・・・。

おすすめの室内の広い軽自動車を買う!室内空間の比較・ランキング

室内空間は居住スペースだけではありません。ラゲッジスペースもN‐BOXカスタムが圧勝です。

ラゲッジルームの高さ比較です。

  • N‐BOXカスタム:1165mm
  • タントカスタム:1050mm

軽自動車ラゲッジスペース(荷室)比較・ランキング

N‐BOXカスタムがタントカスタムよりも10cm以上高くなっています。これはホンダ独自のセンタータンクレイアウトの恩恵です。

通常燃料タンクは後部座席下や背後などなどに配置されることが多いのですが、燃料タンクを薄型にして車両中央に配置することで、後部座席を本来燃料タンクがあった場所に収納できるため、室内空間やラゲッジスペースを大きくとることが出来ることがセンタータンクレイアウトのメリットです。

室内空間はセンタータンクレイアウトのおかげでN‐BOXカスタムの圧勝です。

N‐BOXカスタムとタントカスタムの燃費比較

スーパーハイトワゴンは重量が重く、軽自動車としては燃費が悪いです。税金が安いなど維持費の安さが魅力の軽自動車なので、燃費も大いに気になるところです。

軽自動車を買うメリットは税金の安さ!軽自動車税と自動車税を比較

  N‐BOXカスタム タントカスタム
自然吸気 27.0km/L 28.0km/L
ターボ 25.0km/L 26.0km/L

*2018年2月データ

燃費に関してはタントカスタムがおすすめとなります。

ただし、燃費に関してはエンジンパワーとのバランスが重要となります。パワー不足にエンジンだと、アクセルの踏み込み量が増え気味になり、燃費が悪化することにつながります。これが、カタログ燃費と実燃費のギャップです。

エンジンパワーに関しては、N‐BOXの方が上です。

自然吸気 N‐BOXカスタム タントカスタム
最高出力 58ps/7300rpm 52ps/6800rpm
最大トルク 6.6kgm/4800rpm 6.1kgm/5200rpm
ターボ N‐BOXカスタム タントカスタム
最高出力 64ps/6000rpm 64ps/6400rpm
最大トルク 10.6kgm/2600rpm 9.4kgm/3200rpm

*2018年2月データ

注目するデータは最大トルクです。N‐BOXの方が大きく、さらに低回転で最大トルクが発生されるので、街中での取り扱いに優れています。

カタログ燃費については、タントの方が良いですが、実燃費はパワーのあるN‐BOXの方が有利かもしれません。

N‐BOXカスタムとタントカスタムの試乗

N‐BOXカスタムに乗り込み、スタートボタンを押すとウエルカムシグナルが流れて、メーターの針が左右に振れます。まるで高価なクルマに乗っているかのような演出です。

自然吸気の試乗については、街中を走っている分には室内は静かです。遮音材がしっかり使われているようです。

子育てママが子供の送り迎えや買い物に使うには何の不足もありません。が、登坂や高速道路での合流や追い越しなど負荷のかかる状況では、アクセルを踏み込む必要があるようで、そうなると遮音材など役に立たなくなり、少々安っぽいエンジン音が室内に入ってくるようです。

エンジン音が安っぽいには660ccの3気筒エンジンなので、いくらホンダとはいえ仕方ないでしょう・・・。

一方ターボエンジン走りは活発です。高速道路でも必要十分な加速でストレスは感じないとの評価です。アクセルを全開にしなくて良いので、自然吸気エンジンよりも静かで、乗り方次第では自然吸気エンジンよりも燃費が良くなる可能性もあります。

タントカスタムについてはやはりパワー不足が気になります。街乗りではそれほどでもありませんが、高速道路での走行や、登坂では正直かなり厳しいとの評価が多いです。タントカスタムの940kgの重量にはパワーが足らない印象です。

これが、ターボエンジンなると多少エンジンパワーがアップして、普通に走れるようになるとの評価です。

タントカスタムの問題は乗り心地です。

背が高いので、カーブの時のロールを抑えるために、足回りが固く設定されていて、乗り心地は硬い印象。特に低速域では路面の細かなデコボコを拾いやすいようです。

走行性能や乗り心地については、N‐BOXカスタムがおすすめと言えそうです。

スライドドアはタントカスタムがおすすめ

スーパーハイトワゴンの魅力の一つにスライドドアによる使い勝手の良さがあります。

N‐BOXカスタムもタントカスタムも両側スライドドアが採用されている事に違いはありませんが、タントカスタムには「ミラクルオープンドア」が大きな魅力となっています。

ミラクルオープンドア

前席ドアと後席ドアの間の柱(ピラー)をスライドドアに内蔵させることで、1490mmという大きな開口スペースが実現されています。N‐BOXカスタムよりも使い勝手の幅が大きく広がります。

タントカスタムの大きな魅力となって、人気の後押しをしています。

軽自動車のスライドドアを比較 スライドドア使い勝手NO1はタント!
乗り降りがしやすいおすすめのスライドドア軽自動車を比較

N‐BOXカスタムとタントカスタムの価格比較

やはり気になるのは価格です。本来、軽自動車は安く買えて、維持費も安い!が魅力だとは思うのですが、この2台に関しては、決して安く買える価格設定ではありません。

まずは自然吸気エンジンでの比較です。

N‐BOXカスタム 価格 タントカスタム 価格
X 152万円
G HondaSENSING 169万円 X SAⅢ 159万円
XトップエディションSAⅢ 165万円
G EX HondaSENSING 175万円 XトップエディションリミテッドSAⅢ 168万円

*2018年2月データ

価格はN‐BOXカスタムがおよそ10万円高い設定になっています。お買い得感ではタントカスタムが上回っています。

次にターボエンジンの比較です。

N‐BOXカスタム 価格 タントカスタム 価格
G LターボHondaSENSING 189万円 RS SAⅢ 170万円
G EXターボHondaSENSING 194万円 RS トップエディションSAⅢ 174万円

*2018年2月データ

ターボエンジンになると、価格差はさらに大きくなって、N‐BOXカスタムが約20万円も高くなります。

N‐BOXカスタムとタントカスタムの主な装備差は以下の通りです。

  • アクティブクルーズコントロール(ACC)
  • 後席カーテンエアバッグ

この2つがN‐BOXカスタムには標準で装備されています。

アクティブクルーズコントロール(ACC)とは、車間距離を一定に保ちつつ、定速走行を自動でやってくれる機能です。追従走行してくれるので、高速道路でのアクセルとブレーキの操作が必要なくなります。30km/h以上で作動するので、高速道路でのノロノロ運転でも対応してくれるので、ドライバーの疲労軽減に大きく貢献してくれます。

自動運転の軽自動車を比較 運転支援システムでおすすめはN‐BOX!

後席カーテンエアバッグはスーパーハイトワゴンにはとても大事な装備です。横からの衝突に弱いので、大事な家族を乗せて走る以上、万が一に備えることをおすすめします。タントカスタムはオプションでも設定できない装備です。

軽自動車はエアバッグが大事!サイドエアバッグ・カーテンエアバッグはホンダの軽自動車がおすすめ!

価格だけを見るとタントカスタムがおすすめですが、安全装備ではN‐BOXカスタムがタントを圧倒しているイメージです。もちろんタントカスタムも最新の軽自動車として充分な安全装備が採用されています。

安全性が高い軽自動車のおすすめランキング
軽自動車の最新安全装備の誤発進抑制、車線逸脱警報、ハイビームアシストなど比較
モニターによるパーキングアシスト・運転支援のある軽自動車比較ランキング

N‐BOXカスタムとタントカスタム比較まとめ

軽自動車で最大のライバル同士のN‐BOXカスタムとタントカスタムの比較を紹介しました。

結論としておすすめはN‐BOXカスタムです。やはり販売台数ランキング通りの結果となります。

以下、各項目毎の比較まとめです。

N‐BOXカスタム タントカスタム
スタイリング
室内空間  
燃費  
エンジンパワー  
走行性能  
安全装備   
スライドドア
価格   

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-N‐BOX比較・ランキング 試乗や走行性能、燃費、価格、室内の広さや安全装備など比較, 人気軽自動車のライバル比較

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.