軽自動車を買う

ウェイクのグレード別の装備と価格を比較 ターボ、レジャーエディション必要?

更新日:

ダイハツは軽自動車最大の室内スペースを実現したウェイクを発売しました。

ウェイクは、大人4人がゆったりと乗車できる室内空間「ウルトラスペース」を1835mmという非常に高い全高で実現しています。

室内高は軽自動車で最も高い1455mmで。レジャー使用時には大人が窮屈に感じることなく、室内で着替えもできます。

おすすめの室内の広い軽自動車を買う!室内空間の比較・ランキング

また、目線の高さが1387mmと、座ってわかる見晴らしの良さ「ファインビジョン」が実現されていて、遠くまでしっかり見通すことができ、ゆったりと運転することができるのもウェイクの特徴です。

ただ、同じスーパーハイトワゴンN-BOXスペーシアなどと比較すると、売れ行き面では苦戦しています。

ウェイクとスペーシアの比較 燃費や乗り心地の試乗・口コミ評価は?
N-BOXとウェイクの比較 試乗や口コミでの評価は?
スペーシアギアとウェイクを比較 燃費やコスパ・乗り心地など

おすすめの人気軽自動車ランキング



ウェイクのグレード別価格

【ウェイク
■D
1,350,000円(2WD)

■D"SAⅢ"
1,414,800円(2WD)

■L"SAⅢ"
1,555,200円(2WD)1,679,400円(4WD)

■L"レジャーエディションSAⅢ"
1,598,400円(2WD)1,722,600円(4WD)

■Gターボ"SAⅢ"
1,674,000円(2WD)1,798,200円(4WD)

■Gターボ"レジャーエディションSAⅢ"
1,717,200円(2WD)1,841,400円(4WD)

ウェイクのグレードによるエクステリアの違い

ウェイクのエクステリアは自然吸気エンジンの「D」「L」とターボエンジンの「Gターボ」の大きく2つで違いがあります。

↑ウェイクGターボ

↑ウェイク「L」

ウェイクのGターボはフロントフリルの部分がメッキとなっていて、「D」「L」はブラック仕様となっています。大きくはここが違っています。

他には、アルミホイールののサイズと形状の違いです。「D」は14インチのホイールキャップ仕様で、他はすべてアルミホイールです。また、「Gターボ"レジャーエディションSAⅢ"」のみ15インチアルミホイールです。

↑Gターボ"レジャーエディションSAⅢ"

最上級グレードの「Gターボ"レジャーエディションSAⅢ"」になるとアルミホイールも大きくなって、かなりの迫力になりますね。

エクステイリアデザインは好みの問題ではありますが、個人的にはやっぱりGターボがウェイクらしくておすすめです。

「D」と「L」ではどちらのグレードを選ぶか?

ウェイクの自然吸気エンジンには「D」と「L」の2グレードがラインアップされています。

ウェイクで最も安いのが「D」ですが、それでも135万円と高額になります。しかも「D」には予防安全装備のスマートアシストⅢが標準装備となっていません。

人を乗せてレジャー使用が多くなるウェイクに、自動ブレーキなど搭載されていないのはおすすめできません。

スマートアシストⅢが搭載されている中で最も安いグレードが「D"SAⅢ"」で、価格は1,414,800円です。

一つ上のグレードになる「L"SAⅢ"」は1,555,200円で価格は140,400円高くなります。この価格差で以下の装備が増えることとなります。

  • オート格納式ドアミラー(キーフリー連動)
  • プッシュボタンスタート
  • キーフリーシステム(イモビライザー機能付・リクエストスイッチ付)
  • パワースライドドア(左右)
  • スライドドアイージークローザー(左右)
  • オートエアコン(プッシュ式)
  • オートライト
  • 格納式リヤサンシェード
  • 14インチアルミホイール

14万円の価格差ですが、快適装備を中心に標準装備の差も大きくなっています。

特にスライドドアです。スーパーハイトワゴンの軽自動車の魅力の一つにスライドドアがあります。スライドドアの機能で「パワースライドドア」は是非欲しい機能です。「D"SAⅢ"」だとオプションでもパワースライドドアを装備することができません。

軽自動車のスライドドアを比較 スライドドア使い勝手NO1はタント!

そう考えると、「D"SAⅢ"」は選択肢から外れてきます。

次に、「L"SAⅢ"」と「L"レジャーエディションSAⅢ"」の比較です。価格は43,200円です。装備差は以下の通りです。

  • イージーフロアケア(座席側・荷室側)
  • 上下2段調整式デッキボード(固定フック付)
  • ユーティリティフック
  • 荷室床面フック
  • 固定ベルト

主にレジャー使用で便利な機能が中心になります。

イージーフロアケアは掃除がしやすい防水素材となっていて、泥のついたシューズや濡れた荷物も気にせず置くことができ、汚れも簡単にふき取ることができます。

上下2段調整式デッキボードは、アンダートランクの活用の幅を大きく広げてくれます。

通常は、アンダートランクに入らない物も、デッキボードの脚を立てることで積載可能になり、さらにデッキボードの上にも荷物を積むことができます。

荷室スペース(トランク)が広い軽自動車のランキング

レジャーパッケージは、荷物積み込んでレジャーに活用するための装備が満載です。よって、4名乗車で荷物を積んで出かけることが多い方には、おすすめできますが、正直なくてもそれほど困る装備ではないと思います。

自然吸気エンジンでのベストグレードは「L"SAⅢ"」です。レジャーエシションはそれほど必要ないと思います。

ただし、ウェイクは全高1835mmと車高のため、車重も1,000kgと軽自動車としては非常に重むなっています。

よって、軽自動車の660cc自然吸気エンジンではパワー不足だとの不満の口コミが多いです。

軽自動車エンジン性能、パワー比較
軽自動車の加速性能比較・ランキング



ウェイクはターボの「Gターボ」が必要

1トンの車重に4名乗車で荷物を積み込んで、高速道路で遠出してレジャー!こんな状態では660ccの自然吸気エンジンで走るのは酷です。

加速の悪さを我慢できても、アクセルの踏み込み量が増えて燃費悪化なんてこともあるので、ウェイクを買うならターボエンジンは必須と思います。

ウェイクのターボエンジンは、ライバルと比較してパワフルというわけではありませんが、パワー不足ということはないようです。

軽自動車にターボは必要?ターボモデルのパワーと燃費、価格を比較

ウェイクのターボ搭載グレードは「G」になります。「Gターボ"SAⅢ"」と自然吸気エンジンの「L"SAⅢ"」の価格差は118,800円あります。装備差は以下の通りです。

  • LEDスタイルパック(LEDヘッドランプ、LEDフォグランプ)
  • 革巻ステアリングホイール
  • 自発光式大型3眼センターメーター(タコメーター付)
  • 本革インパネセンターシフト

LEDスタイルパックは「L"SAⅢ"」でも59,400円でオプション装着できるので、ターボエンジンによる実質の価格増加分は5万円以下になります。

ターボエンジンにはもう一つ「Gターボ"レジャーエディションSAⅢ"」があります。価格は、「Gターボ"SAⅢ"」からさらに43,200円高くなります。

「L"SAⅢ"」のレジャーエディションとの価格差と同じです。ただ「Gターボ"SAⅢ"」には「上下2段調整式デッキボード(固定フック付)」が標準装備されています。よって、レジャーエディションを選ぶ理由がますます低くなります。

ウェイクにはターボが必要ですが、レジャーエディションは必要の実用性は低いといった感じです。

ウエィクの不満点・・・

圧倒的な室内空間に、レジャーに使える装備満載のウェイクですが、イマイチ売れ行きはパッとしません。

その理由はいくつかの不満点にあると思います。

  • 燃費が悪い

車重が1000kgもあり、全高も1835mmと背が高いので、ライバルと比較すると燃費が悪いです。自然吸気エンジンで25.4km/L、ターボエンジンで23.8km/Lの燃費はライバルより2~3km/L悪くなります。

軽自動車は燃費が良い?ボディタイプ別燃費比較・ランキング
おすすめの人気軽自動車の実燃費比較・満足度ランキング

  • 乗り心地が良くない

ウェイクは1835mmという高い全高なので、横揺れを防ぐために足回りを硬くしてるイメージのようで、乗り心地が硬いとの口コミが多くなっています。

乗り心地が悪い軽自動車は嫌!乗り心地ランキング

  • コスパが悪い

ウェイクは車両価格の高さだけでなく、ライバルのN-BOXやスペーシアなら標準装備されているものが、ウェイクだとオプション扱いになっているものもあるので、口コミでもコスパ評価は低くなっています。

お買い得な軽自動車は?コスパランキング



ウェイクのおすすめグレードランキング

  1. Gターボ"SAⅢ"
  2. Gターボ"レジャーエディションSAⅢ"
  3. L"SAⅢ"

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-軽自動車を買う

Copyright© カースペックマニア【2021年度】 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.