人気軽自動車のライバル比較

新型ワゴンRとNワゴンを比較 価格や燃費・乗り心地評価

更新日:

2017年にモデルチェンジされて新型となったワゴンRは、一昔前までは軽自動車の代名詞的な存在でした。

が、タントN-BOXといった、ワゴンRよりも背が高くして、軽自動車とは思えない程の室内スペースを実現したスーパーハイトワゴンが人気となり、ワゴンRは軽自動車の主役の座を奪われました。

おすすめの室内の広い軽自動車を買う!室内空間の比較・ランキング

特にN-BOXは軽自動車のレベルを超える出来栄えという評価を得て、軽自動車の販売台数NO1の実績となっています。

このN-BOXと同じく「軽自動車の新しいベーシック」を目指して2013年に発売されたのが、Nワゴンです。NワゴンはワゴンRと同じハイトワゴンとしてワゴンRとムーヴの2強に対してのライバルとなりました。

2017年にモデルチェンジされたワゴンRと、2013年に発売されたNワゴンではNワゴン不利かもしれませんが試乗やクチコミ評価など比較してみます。

2018年おすすめの人気軽自動車ランキング



ワゴンRとNワゴンのスタイリング比較

ワゴンRには「標準車」と「スティングレー」の中間に「FZ」という新しいフロントマスクがラインアップされています。

ワゴンR

↑ワゴンR標準車

↑ワゴンR FZ

ワゴンRスティングレー

↑ワゴンRスティングレー

ワゴンRは3つの顔になったことで、選択肢の幅が広がっています。スティングレーでなくても、FZでも十分カッコ良いなどの評価もあります。

人気はやはりスティングレーで「シボレー風のいかついデザイン」が好評となっています。

ただ、ワゴンRのスタイリング評価は全体的に高くありません。昔ながらの軽自動車のイメージが抜けていないようです。

ハスラーやムーヴキャンバスなどの、遊び心のある新しいデザインが登場して人気になっているのも、ワゴンRのスタイリングデザイン評価が低くなっている要因ではないでしょうか。

では、Nワゴンはどうでしょうか?

N-WGN

↑Nワゴン標準車

N-WGNカスタム

↑Nワゴンカスタム

Nワゴンは「標準車」と「スティングレー」のベーシックなラインアップになっています。

Nワゴンのスタイリングデザイン評価は、ワゴンRよりも高い傾向になっています。ホンダのミニバン彷彿とさせる乗用車的な上質感が人気となっているようです。

「軽自動車のカスタムと名がつくクルマのなな科では最良のデザイン」「普通の軽自動車とはワンランク上」など特にカスタムの評価は高くなっています。

ベーシックな軽自動車のスタイリングならワゴンR、これまでの軽自動車のデザインから進化望むならNワゴンでしょうか?好みの次第ですね。

人気のおすすめ軽自動車デザイン比較 クチコミ評価・満足度ランキング

ワゴンRとNワゴンのボディサイズと室内スペースの比較

ワゴンRもNワゴンも同じハイトワゴンですが、ボディサイズにどれぐらい違いがあるのでしょうか?

ワゴンR Nワゴン
全長 3395mm 3395mm
全幅 1475mm 1475mm
全高 1650mm 1655mm

Nワゴンの全高が5mm高いだけで、ボディサイズは全く一緒です。

では、室内スペースはどうでしょうか?

ワゴンR Nワゴン
室内長 2450mm 2055mm
室内幅 1355mm 1355mm
室内高 1265mm 1300mm

同じボディサイズですが、室内スペースは違っています。室内長はワゴンRで室内高はNワゴンが大きくなっています。

ただ、室内長は計測場所がメーカーによって微妙に違っているようなので、あまり参考にならないかもしれません。ただ、両車ともに後席の足元スペースに不満はないレベルです。

スーパハイトワゴンほどではありませんが、ワゴンR・Nワゴンともに軽自動車の中では必要十分以上の広さが実現されています。

おすすめの室内の広い軽自動車を買う!室内空間の比較・ランキング
軽自動車ラゲッジスペース(荷室)比較・ランキング



ワゴンRとNワゴンの価格比較 コストパフォーマンス評価は?

価格の安さが魅力の軽自動車ですが、ワゴンRとNワゴンの価格帯はどうでしょうか?

まずは、標準車の自然吸気(NA)エンジンの価格帯です。

  • ワゴンR:107万円~147万円
  • Nワゴン:109万円~144万円

最も安いグレードではワゴンRの方が安い設定ですが、最上級グレードではNワゴンが安くなっています。

ワゴンRはマイルドハイブリッドによる低燃費が魅力になっているのですが、最も安いグレードはマイルドハイブリッド車ではないというカラクリがあります。一方、Nワゴンは全グレードに同じエンジンが搭載されています。

さらに、ワゴンRの最も安いグレードには、自動ブレーキなどの予防安全装備がオプションでも装着できません。とにかく安く買いたい人には良い設定なのかもしれません。

次に、カスタムの自然吸気(NA)エンジンの価格帯です。

  • ワゴンR:129万円~160万円
  • Nワゴン:138万円~163万円

カスタムもワゴンRの方が安い価格帯からも設定となっています。これもマイルドハイブリッドではないからで、マイルドハイブリッドだと148万円からとなります。

最後にターボエンジンの価格帯の比較です。

  • ワゴンR:165万円~177万円
  • Nワゴン:132万円~170万円

ターボエンジンについては、Nワゴンが圧倒的に安い価格から設定されています。これは、ワゴンRがスティングレーにしかターボエンジンを設定していないからです。Nワゴンは標準車にもターボのラインアップがあるので安い設定になります。

ターボエンジンを買うならNワゴンが安く買えておすすめになります。

軽自動車のメリットは税金の安さと、車両価格の安さではないでしょうか?ただ、最近の軽自動車は性能アップや装備の充実などで、車両価格は高くなってきています。

特にスーパーハイトワゴンは総額200万円オーバーと、コンパクトカーを超える支払になるのも当たり前になってきています。

そんな中、ワゴンRとNワゴンはスーパーハイトワゴン程の価格ではなく、性能や装備も引け劣らないのでコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか?

人気でおすすめの軽自動車コストパフォーマンス(価格満足度)比較・ランキング

ワゴンRとNワゴンの燃費比較

税金が安く維持費の安い軽自動車ですが、燃費も維持費には大事です。

まずはワゴンRとNワゴンのカタログ燃費を比較してみます。

2WD 自然吸気 ターボ
ワゴンR 26.8-33.4km/L 28.4km/L
Nワゴン 29.4km/L 26.0km/L

さすがマイルドハイブリッドのワゴンRといったところでしょうか。燃費ではワゴンRがNワゴンを上回っています。

おすすめのハイブリッド軽自動車を比較!価格と燃費は?

ただ、ワゴンRの自然吸気(NA)の最も安いグレードはマイルドハイブリッドエンジンではありません。よって燃費はNワゴンよりも悪くなっています。

この燃費は、カタログに記載されているJC08モード燃費の値です。実際の実燃費は、走行条件や運転の仕方によって大きく変わります。基本的に実燃費はJC08モード燃費の70%以下になることが多いようです。

ワゴンRの実燃費はクチコミなどから見ると、自然吸気(NA)で「20-22km/L程度」、ターボなら「18-20km/L」といったイメージです。

Nワゴンの実燃費は、自然吸気(NA)で「18-20km/L」、ターボなら「15-17km/L」といったイメージです。

実燃費もカタログ燃費差ぐらいの燃費差なので、やはりワゴンRの方が燃費が良いと思っていいでしょう。

軽自動車は燃費が良い?ボディタイプ別燃費比較・ランキング
おすすめの人気軽自動車の実燃費比較・満足度ランキング

ワゴンRとNワゴンのエンジンパワー・加速比較

軽自動車で心配なのはパワー不足です。パワー不足で加速が悪いと、アクセルの踏み込み量が増えて燃費が悪化するといった悪循環に陥ってしまいます。

ワゴンRとNワゴンのエンジン性能を比較します。

自然吸気(NA) ワゴンR Nワゴン
最大出力 52ps/6500rpm 58ps/7300rpm
最大トルク 6.1kgm/4000rpm 6.6kgm/4700rpm

最高出力は速度に関わるスペックで、最大トルクは加速に関わるスペックになります。軽自動車の場合は、高速で走る車ではなく、普段の加速が重要にななってくるので、最大トルクの数値が大きい方が良いですね。

軽自動車エンジン性能、パワー比較

最大トルクはNワゴンが上回っています。が、ワゴンRはマイルドハイブリッドのためモーターのプラスαがあります。

最高出力が3psで最大トルクが4.1kgmとわずかではありますが、モーターの恩恵を感じるとクチコミでの評価になっています。

ただ、やはりエンジンパワーに勝るNワゴンの方が、試乗・クチコミ評価は高いイメージです。

ターボエンジン ワゴンR Nワゴン
最大出力 64ps/6000rpm 64ps/6000rpm
最大トルク 10.0kgm/3000rpm 10.6kgm/2600rpm

ターボエンジンでもNワゴンの最大トルクが勝っています。自然吸気(NA)エンジンだと街乗りには不満はなくても、高速道路での合流や坂道での加速など、パワー不足に関する評価が多く見られますが、ターボエンジンでは、パワー不足を感じるシーンほとんどないイメージです。

それでも、自然吸気(NA)エンジンだけでなく、ターボエンジンもNワゴンの方がパワフルで評価が高いイメージです。

燃費が良いのはワゴンRで加速がいいのはNワゴンとなります。

軽自動車にターボは必要?ターボモデルのパワーと燃費、価格を比較
おすすめの軽自動車エンジン性能 試乗・クチコミ評価ランキング
軽自動車の加速性能比較・ランキング



ワゴンRとNワゴンの乗り心地比較

ワゴンRとNワゴンの乗り心地を、試乗・クチコミ評価で比較します。

ワゴンRの乗り心地評価は非常に高くなっています。

  • 新プラットフォームは強さの中にしなやかさがあり、路面のギャップなどの入力をボディーが柔軟にいなしているのがわかる。
  • 乗り心地はすこぶるいい。路面の凸凹をしなやかに吸収している感じ。
  • 荒っぽさがなく、目をつぶっていれば普通車と勘違いするのでは
  • 街乗りでは段差を上手くいなしていると思う。軽いのに重厚感がある。
  • シートも硬めで、疲れにくい。

ワゴンRの乗り心地は「しなやか」という表現がされていますね。凸凹を吸収、いなしていると乗り心地は高く評価されています。

次に、Nワゴンの乗り心地評価です。Nワゴンの乗り心地評価はワゴンRよりも低いイメージです。

  • 足回りが硬めのようなので、多少ゴツゴツ感のある乗り心地。
  • ホンダ特有のサスで、突き上げ感がある。
  • タイヤは14インチだが、空気圧を適正にすると非常に硬い。よって0.2kpaぐらい下げている。15インチだともっと硬いだろう。
  • 道路状況にもよるが、フロントシートはあまり気にならない普通な感じ。しかし、足回りが硬いせいか、リヤシートは段差をよく拾い、跳ね上がる印象。

Nワゴンの乗り心地は「硬い」との評価です。よく言えばスポーティなイメージでしょうか。ただ、段差を良く拾ったり、突き上げ感があったり、跳ね上がる印象というのは、やはり評価下がりますよね。

乗り心地はワゴンRの方がおすすめです。

軽自動車の中では、新型N-BOXの乗り心地の評価が非常に高いだけに、Nワゴンも早くモデルチェンジして新型Nワゴンの発売を期待したいですね。

人気のおすすめの軽自動車乗り心地の比較・評価ランキング

ワゴンRとNワゴン比較のまとめ

軽自動車の人気は、N-BOXやスペーシアなどのスーパーハイトワゴンになっていますが、走行性能や価格、燃費などはワゴンRやNワゴンなどのハイトワゴンの方がおすすめです。

ワゴンRはマイルドハイブリッドによる低燃費、乗り心地の良さがおすすめです。

エンジンパワーと加速の良さならNワゴンの方が評価は高くなっています。

スイタイリングデザインは好みの問題でずが、個人的にはNワゴンが好みです。ワゴンRは昔からのイメージが今も残っていて、新しさがないイメージなので。

2017年に発売されたワゴンRとと2013年に発売されたNワゴンでは、一世代ほど違いうのでNワゴンが不利なのは仕方ありません。

2017年にモデルチェンジされたN-BOXが非常に評価が高いので、Nワゴンも早くモデルチェンジした新型の発売して欲しいですね。

ワゴンRとデイズどちらがおすすめ?インテリアや燃費、乗り心地を比較
ワゴンRとムーヴの比較 燃費や加速、乗り心地でおすすめは?
N-BOXとワゴンR 新旧軽自動車NO1の比較 試乗・クチコミ評価の高いライバル?

軽自動車への乗り換えを考えている方へ!1円でも高く今のクルマを売る方法
ディーラーでの下取だと新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より安い下取価格になってしまうこともあります。一括買取査定なら最大36万円も買い取り価格がお得になった事例も!
【かんたん1分入力であなたのクルマの価格がわかる】

軽自動車の新車見積りをかんたんにもらう方法
ディーラーに行かなくても新車の総支払額を知ることができ、ここで値引き交渉もできる便利なサービスです。
【かんたん1分入力で軽自動車の新車の無料見積り】
【条件に合う軽自動車の中古車をかんたんに探す方法】

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

-人気軽自動車のライバル比較

Copyright© 2018年おすすめの人気軽自動車を比較・ランキング , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.